logo

アズジェント、日本初、チェック・ポイント社UTM製品を使用した マネージドサービス開始

プロダクト販売、コンサルティング等のノウハウを一体化したサービス事業第一弾

セキュリティ及び運用管理ソリューションの提供を主業務とする株式会社アズジェントは、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社のUTMアプライアンス「UTM-1」を使用したマネージドサービスの提供を開始いたします。

攻撃手法が多様化している昨今、年々セキュリティの脅威が現実となっており、ネットワークの安全を保つためには、エンドユーザ側において常に最新のセキュリティやネットワークの知識を保つことが要求されます。この為、専任の運用管理者のいない企業において、セキュリティの維持は頭の痛い問題の一つでした。

アズジェントではこのような問題を解決すべく、機器(UTM-1)、オンサイト保守、稼働監視、運用管理、障害対応、ログ分析、セキュリティインシデントの報告・対応等をすべてパッケージ化し月額で提供する「アズジェント マネージドサービス for UTM-1」の提供を10月1日より開始いたします。

このサービスは、業界最高レベルのファイアウォール機能をもち、かつ柔軟性と拡張性にすぐれたチェック・ポイント社のUTM-1を利用しています。また、稼動監視においては、アズジェント運用管理センターのセキュリティエンジニアがエンドユーザのUTM機器を24時間365日の運用監視し、障害発生時には論理復旧までを一貫して行います。さらに、セキュリティインシデントが発見された場合は、エンドユーザに、イベント(攻撃)の内容と対策提案を4時間以内に通知、エンドユーザの要求に応じてUTM-1の設定変更を行います。


【アズジェントのノウハウがつまったサービス】

セキュリティを維持するために最も重要なことは、イベント(攻撃)が生じた際にその内容を把握、分析することです。的確に分析することによって、機器のルール変更やその他の必要なセキュリティアクションを講じることができます。

エンドユーザは「アズジェント マネージドサービス for UTM-1」を利用することで、導入における負担が軽減するだけでなく、アズジェントが長年にわたるチェック・ポイント製品の販売・サポート及びセキュリティコンサルティングで培ってきたノウハウを自社のセキュリティ対策に取り込むことができます。これにより、社内にグローバル規準に則した非常に質の高いセキュリティ管理者がいるかのごとく、セキュリティ運用を行うことが可能となり、費用対効果の高いセキュリティが実現します。

このサービスの開始にあたり、チェック・ポイント社代表取締役社長 藤岡 健 氏は、次のようにコメントしています。

「アズジェントは長年チェック・ポイント社の製品を取り扱っているパートナーであり、サポートにおいて豊富なノウハウを持っています。今回のサービス提供の開始によって、多くのお客様がチェック・ポイント製品の優れたセキュリティ機能とアズジェントの技術力が融合したサービスをうけることが可能となることを大変喜ばしく思っています」

尚、このサービスは10月1日より、アズジェントの販売パートナーを通じて全国に提供されます。

このプレスリリースの付帯情報

アズジェント運用管理センター

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。