logo

~日韓女性の美と食の実態が明らかに 韓国女性が美容に費やす時間やお金は、日本女性の約2倍~ 発酵食品が美の秘訣!? 究極の美容食 日本は「納豆」、韓国は「キムチ」。

-日韓女性の美と食に関する調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)では、日本と韓国の20代~40代の女性300人を対象に、「日韓女性の美と食」に関する調査を実施しました。

近年、韓国のエンタテイメントが人気を集める他、韓国の美容や食にも注目が集まっています。また韓国の美容や食に関するスポットや商品なども数多く展開されています。
今回は、「美の実態」や「食の実態」、また「美に対する意識」を調査し、日韓女性の美と食の実態を明らかにしました。


【調査結果トピックス】
<美の実態>
 ●韓国女性が美容に費やす時間や費用は、日本女性の約2倍。

 ●「美しさを決めるパーツ」のトップ 日本は「肌」、韓国は「顔全体」。
  「美容に大切なインナーパーツ」は、日韓とも「腸」が1位。

<食の実態>
 ●自国に昔からある発酵食品で美容に良いと思う食べ物トップ 日本は「納豆」、韓国は「キムチ」。

 ●96%の韓国女性が、「(キムチなどに含まれる)植物性乳酸菌が美容に効果が高そう」だと思っている。

<意識の実態>
 ●「自分の美しさの自己評価点」の平均 日本は約47点、韓国は約63点。

 ●日本女性が思うキレイな女性有名人 日本人では「小雪」、韓国人では「チェ・ジウ」がトップ。
  一方、韓国女性が思うキレイな女性有名人 日本人では「安室 奈美恵」、韓国人では「キム・テヒ」がトップ。


 ◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒ リンク



【調査概要】
調査手法 : インターネットリサーチ (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象 : 全国の20~40歳の男女         
調査期間 : (日本女性への調査)2011年8月15日~18日
       (韓国女性への調査)2011年8月19日~22日
有効回答数: 300サンプル


【引用・転載時のクレジット表記のお願い】
本リリースの引用・転載時には、必ず当社のクレジットを明記いただきますようお願い申し上げます。
 <例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」


◆調査内容に関するお問合せ先◆
株式会社クロス・マーケティング  担当:大島 理香(おおしま りか)
TEL:03-3549-0603  FAX:03-3549-0232  E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。