logo

ISID、イノベーションマネジメントを実現するソーシャル・ネットワーキング・サービス「Spigit」の提供を開始

Tokyo, Sept 13, 2011 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、資本金:81億8,050万円、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は米国Spigit社と販売代理店契約を締結し、イノベーションマネジメントを支援するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「Spigit(スピギット)」の提供を本日より開始します。本サービスは、アイデアの収集から共有、評価、管理といった一連のプロセスの見える化を実現し、革新的なアイデアや技術を事業に取り入れるイノベーションマネジメントを実現するSNSです。

■背景■

イノベーションマネジメントは、欧米の先進企業を中心に導入され、日本でも注目されている経営手法です。企業が持続的発展のために新たな商品やサービスを模索する過程で、イノベーション(革新的な技術や発想)を事業に結びつけようとするニーズは年々高まっています。また従来のように専門の組織だけが商品やサービスの企画開発に携わるのではなく、イノベーションの源泉を、企業内のあらゆる人材、もしくは消費者・地域生活者など外部に求める動きも活発になっており、その手段としてSNSの活用に注目が集まっています。


しかし、従来のSNSでは、収集したアイデアを適正に評価する機能が提供されておらず、イノベーションを事業に結びつけ、継続的なイノベーションマネジメントを支援する基盤としては十分ではありませんでした。

■Spigitの概要■

SNS型イノベーションマネジメントシステム「Spigit」は、新しいアイデアを収集するとともに、アイデアの共有、評価、管理といった一連のプロセスの見える化が実現できるSNSです。既に欧米で多数の採用実績を持っており(参考資料の採用事例参照)、実現したいイノベーションの種類や従業員規模等に応じた様々なコンサルティングメニューも用意されています。また、SaaSとして提供されるため、利用者の規模に合わせて段階的に導入することができます。

Spigitの主な特長は以下のとおりです。

1) アイデアの多面評価
投稿されたアイデアやコメントを参加ユーザーが評価できるだけでなく、アイデアを絞り込むステージを設定することができます。各ステージにおいて重視する指標を設定しておくと、自動的にスクリーニングが行われ、評価の高いアイデアが絞り込まれます。プロフェッショナルやエキスパートの知識・経験を元に精緻な評価を手動で行うこともできます。

2) ゲーム的要素の導入
インセンティブや表彰(ランキング)の仕組みを取り入れ、ユーザーが積極的に楽しく参加したくなる環境を用意しています。

3) 活性度の見える化
ダッシュボードから様々なコミュニティの情報を入手でき、管理者はテーマ毎の盛り上がり具合を把握したり、投稿の実績や評判などからコミュニティへの影響力が大きい人材を特定したりすることが可能です。この情報をもとにコミュニティ活性化のための施策を考えることができます。

4) セキュアなSNS
コミュニティへのアクセスや、投稿の可否、閲覧の可否など、さまざまなアクセス権限設定が可能です。社内向け・社外向けのいずれにも対応できる、セキュアなSNSです。

5) スマートフォンに対応
iPhone、Android、 Blackberryに対応しており、外出先でも思いついたその時にアイデアの投稿や投票が可能です。

イノベーションマネジメントを成功させるためには、アイデアコミュニティを活性化させ、優れたアイデアを導くことが鍵となります。コミュニティを適切に監視し、アイデアをより良くするために必要な専門家の紹介や検討の方向性を提案する、といった「役割」をコミュニティ運営側に付しているのも、本サービスの特長です。

またイノベーションマネジメントを組織に定着させるために、ISIDのコンサルタントが企業文化に合わせた最適な仕組みを構築し、現場協働型での定着支援を行うコンサルティングサービスを提供します。

■今後の展望■

Spigitは、イノベーションマネジメントの推進に取り組むあらゆる業種の企業や自治体等で活用頂けるサービスです。ISIDでは、製造・消費財・流通・サービス業などにおける新商品やサービス・ビジネスモデルの開発や、自治体による意見収集などの分野を中心に、本サービスを積極的に提案してまいります。また今後は、中国、インド、ASEAN各国などアジア地域での提供も順次進めていく計画です。

Spigitの詳細はこちらをご覧ください。
リンク

<無償トライアルキャンペーンのご案内>
Spigitの国内提供開始に伴い、60日間のライセンス使用料を無償とするトライアルキャンペーンを実施いたします。キャンペーン期間は、2011年11月末までの申込み分までとなります。詳細は下記までお問い合わせください。
※導入支援に伴うコンサルティングサービス費用は、有償となります。

<参考資料>

Spigitの海外での主な採用事例

◇ 米国 ニューヨーク市
- 市職員向けに行政サービスの改善、コスト削減アイデアを募集
- 限定された人数でのパイロットでも有望なアイデアが投稿されたため、全職員(30万人)向けにコミュニティを開放することが決定
- 市長より高い評価を得て、全市民(840万人)向けに展開することを検討中
◇原油流出除去アイデアコンテスト
- 原油除去のアイデアを競うコンテスト(2011年夏まで開催中)
- 政府機関、企業、大学、個人がチームとして参加
- アイデアの実現性、概算コスト、環境負荷、スケーラビリティ、スピード、効率性などを専門家が評価
◇米国 シスコシステムズ
- 優勝賞金$25万のアイデアコンテストをグローバルで開催(2009年/2010年)
- 156ヶ国から2,900人が参加し、投稿されたアイデアは824
- メキシコの学生チームが考案した『Life Account』が優勝
- 経営者曰く「1000億円の新しいビジネスが期待できる」
◇英国 ロイズ・バンキング・グループ
- 競合、法規制、マーケットの変動に対応するために、現状を改善するアイデアとラジカルなアイデアを同時に集める仕組みを検討
- 透明性が高いこと、参加を促す仕組みがあること、技術的な障壁が低いことが評価され、Spigitを採用
- 導入後、プロセス改善アイデアにより25万ドルのコスト削減が成されると共に、数百の新規商品・サービスのアイデアが集まる

Spigit社について
会社名:Spigit, Inc.( リンク ) 
本社所在地:米国 カリフォルニア州
社員数:140名(2011年6月現在)
事業概要:イノベーションマネジメントに特化したIT企業。2009年にライセンス数を大幅に伸ばし、北米・欧州で優良ユーザーを多数抱える。
受賞:Best of Software Interop 2008、JMP Securities '2011 Hot100、CIO magazine 「20 companies to watch in 2011」など

<電通国際情報サービス(ISID) 会社概要>
社名:株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者:代表取締役社長 釜井 節生
本社:東京都港区港南2-17-1
URL: リンク
設立:1975年
資本金:81億8,050万円
連結従業員:2,204人(2011年3月31日現在)
連結売上額:602億3,200万円(2011年3月期) 
事業内容:1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

*本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】

株式会社電通国際情報サービス
ビジネス統括本部 営業統括室 金山、高橋
TEL:03-6713-6126
E-Mail:g-spigit-info@group.isid.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社電通国際情報サービス
経営企画室 広報担当 李
TEL:03-6713-6100
E-Mail:g-pr@isid.co.jp

概要:株式会社電通国際情報サービス

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。