logo

2011 Gamania Game Show ブラウザゲーム、スマートフォンアプリ、SNSゲーム多数出展公開

株式会社ガマニアデジタルエンターテインメント 2011年09月12日 09時19分
From PR TIMES



オンラインゲームサービスの提供を行っている、Gamania Digital Entertainment Co.,Ltd.[HQ] (本社:18F, No.736, Zhongzheng Road, Zhonghe Dist., New Taipei City 23511, Taiwan / CEO:Albert Liu)が、9月8日と9日の2日間、台湾の台北市で開催している新作タイトル発表会“2011 Gamania Game Show” (以下GGS)にて、自社開発によるブラウザゲーム、スマートフォンアプリ、SNSゲーム等の新作タイトルを公開しました。

クロス・プラットフォーム分野へもコンテンツを投入
現在インターネットコンテンツ産業は、オンラインでのSNSコミュニティ化、スマートフォンによるモバイル化、クラウド化によって大きく発展してきています。Gamaniaではこれらクロス・プラットフォームと呼ばれる分野へも積極的に開発を進めており、日本で開発を行ったブラウザゲーム「Web恋姫†夢想」においても、日本での今年上半期の売り上げは1.2憶新台湾ドルを超えました。また2012年度にはモバイルゲームを4~6タイトル、SNSゲーム及びブラウザゲームを4~6タイトル投入する予定です。
GamaniaグループCEOのAlbert Liu(アルバート・リュウ)は「Gamaniaは2010年にクロス・プラットフォーム研究開発グループを発足させており、オリジナルゲームの開発を行っています。現在、まずまずのスタートを切っており、5年以内には自社開発製品の売上比率で50%以上になることを目標にしています」と話しました。

▼かつてのPCゲーム「便利商店」がFacebook上で蘇る 「便利商店Web」
アジア全体で120万本を販売したGamania自社開発のPCパッケージ・ゲーム「便利商店」が、Facebookアプリ「便利商店Web」として蘇りました。パッケージ版の気軽に遊べるスタイルを継承しつつ、ネットゲームやコミュニティ性の特徴を盛り込み、Facebookを通じて友だち同士で楽しむことが可能です。

「便利商店Web」は、店長としてコンビニエンスストアーの装飾と商品陳列を決定したら、あとは来客を集めて稼ぐのみ。来客が多いほどショップの拡大や商品、商品棚の購入が可能になります。あなたのお店を友だちがのぞきに来ることも。「便利商店Web」では、店長同士のコミュニケーションがゲームを進める上での重要な要素です。

▼自分だけの遊園地「キャットランド」を経営、友だちを招いて楽しもう
「キャットランド(中国語名:喵楽園)」には、かつてGamaniaが配信したカジュアルゲーム「COCOCAN」に登場したネコ「KUKAT」が、他の愛くるしいキャラクター達と共に登場します。「キャットランド」はFacebook上の友だちとコミュニケーションしながら自分の遊園地を経営するゲームです。遊具施設やショップ、装飾アイテムを購入し、自分の好きなように遊園地内へ配置します。来園者の動線など自らの手でアレンジし、遊園地を上手に経営しましょう。

メリーゴーランド、ジェットコースター、観覧車などの遊具以外にも、みやげ物店、レストランなどのショップ施設を配置し、収入源を確保します。
そして装飾アイテムを使って独自の遊園地をつくり、いっそうの充実と魅力を高めます。このほか、来園者の動線もしっかり考慮し、より多くの友だちを自分の遊園地に招待しよう。


▼クロス・プラットフォームゲームの開発と投入
この2年、ブラウザゲームはオンラインゲーム市場の中で大きな成長をしています。各社とも新作を次々とリリースし、クロス・プラットフォームとして確立されてきました。今回の“GGS”ではGamania Japanが開発を行っている「Web恋姫†夢想」、「Web ファントム・ブレイブ」、「Webパワードール」など、ブラウザゲームタイトルの最新情報を世界に向け公開しました。

「Web恋姫†夢想」
「Web恋姫†夢想」は、日本ではすでに大きな業績を上げています。また、今年下半期には韓国と香港でのサービス開始を予定しています。
版権表記
(C)BaseSon
(C)2011 Gamania Digital Entertainment Co.,Ltd

「Webファントム・ブレイブ」
「Webファントム・ブレイブ」は、日本一ソフトウェアの協力によりオリジナルの世界観を活かしつつ、ブラウザ上で気軽に楽しむことができるWebゲームです。オリジナル版の「ファントム・ブレイブ」は可愛らしい登場人物と豊かなゲーム性がアジア各地で高く評価されており、オンライン版となる「Webファントム・ブレイブ」では、新たな要素を盛り込んで、より一層楽しめる内容となっています。今年の冬、日本でサービスを開始する予定です。

※「ファントム・ブレイブ」は、日本一ソフトウェア社によって2004年より発売された家庭用ゲームソフトです。
版権表記
(C)2004 - 2011 Nippon Ichi Software, Inc.
(C)2011 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.


「Webパワードール」
「Webパワードール」は、1994年よりPCゲームとして工画堂スタジオより発売された「POWER DoLLS」シリーズの、オンラインゲーム版として現在開発中のタイトルです。女性パイロットを育てたり、兵器として登場するパワーローダーのカスタマイズなどが楽しめるほか、ブラウザゲームならではの手軽さが特徴です。「Web パワードール」は、今冬、日本でのサービス開始を予定しています。
版権表記
(C)KOGADO STUDIO, INC.
(C)2011 Gamania Digital Entertainment Co.,Ltd.

その他のタイトル
“GGS”では上記のタイトルの他、複数のクロス・プラットフォームゲームを公開しています。iOSプラットフォームにおいては、かわいい妖精が冒険をともにする「Soul Captor(中国語名:狩神伝)」。そしてGamaniaがアニメ制作を行い世界各国でテレビ放映されている「HERO 108」のキャラクターが登場するスマートフォンアプリ「水火:108」。またSNSゲームでは、アイドルとなって世界的有名なスターを目指す「Hito Star(中国語名:明星我最大)」やカジュアル格闘ゲーム「Project:Fighting World」を展示公開しています。


上記の情報につきましては、以下のページからもご覧いただけます。

▽“2011 Gamania Game Show”特設サイトはこちら
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。