logo

専門家教育のリーダーである米国ベッカーとTACとが米国公認会計士試験への高まる国内需要に対応し、両社の関係強化の方針を発表

DeVry Inc. 2011年09月09日 15時20分
From JCN Newswire

Tokyo, Sept 9, 2011 - ( JCN Newswire ) - ディブライ社(DeVry Inc., NY証券コード:DV)の一事業部門で専門家教育の国際的リーダーとして知られる米国ベッカー・プロフェッショナル・エデュケーション(略称:ベッカー)と資格の学校を運営する大手企業TAC株式会社の両社は本日、米国公認会計士試験への高まる国内需要に対応するため、長期にわたる両社の関係強化の方針を発表しました。

両社はともに、受講生のキャリア確立のための豊富な支援経験を持ち、日本の受講生に対し全面的に支援できるよう、米国の試験を再現した統合試験コースを15年以上にわたって提供してきました。ベッカーは統合された総合レビュープログラムのほか、科目の専門家や試験のエキスパートによる100時間の指導、数千題に及ぶ例題や模擬試験集、さらには受講生の合格率を大幅にアップさせる最新カリキュラムなどを盛り込んだ学習アプローチを提供しています。

英語で出題される国際試験は、米国公認会計士協会によって運営される米国の試験と同一のものです。現在、米国公認会計士試験は米国公認会計士資格取得に対して急速に高まる国際的な需要に応えるため、海外受験者も受験の対象となっています。2010年には、2009年に比べて22%の増加となる10,000人以上の海外受験者が、試験を受けるために渡米しています。その海外受験者のほぼ3分の1が日本からの受験者でしが、今後、日本の受験者が米国の試験管轄地域まで行って受験する必要はなくなりました。日本での米国公認会計士試験は今年の8月初旬から東京、横浜、そして大阪での受験が可能となりました。

今回の発表のため来日したベッカーのジョン・ロッセリ社長は次のようにコメントしています。「日本在住の受験生の間で米国公認会計士試験への需要が高まっているのは本当に嬉しいことです。結果として、当社にとっては日本が最優先事項となりました。パートナーであるTACとの協働により、多くの日本人受験者が米国公認会計士になるという目標の達成に貢献できると考えています」。

また、東京に本社を構えるTAC 株式会社の斎藤博明社長も「日本の会計士雇用環境においては競争がますます激化し、多くの日本人は米国公認会計士資格を自分たちの持つ資格を強化する手段としてとらえています。TACとベッカーが手を組むことで、試験に突破するためのもっとも確実な道を提供することになるでしょう」と述べています。

日本での試験は本年11月、来年2月、5月、8月に実施される予定です。受験対象者は、日本国籍を持つ日本人や日本定住者のほか、海外に居住する米国人となります。

長きにわたる海外パートナーとの関係を通じ、ベッカーの業界最高レベルのCPA Exam Reviewコースは、世界で30を超える国、そして試験が運営されるすべての地域で受講が可能です。

■ベッカーについて

ベッカー・プロフェッショナル・エデュケーション(Becker Professional Education、本社:米国イリノイ州、ジョン・P・ロッセリ社長)は、DeVry Inc.(NYSE:DV)の一事業部門で、会計、財務、プロジェクト管理の専門職に貢献する専門教育業界の国際的リーダーです。ベッカーのCPA Exam Review、Review for the CFA(R) Exams、PMP(R) Exam Review、そして継続専門教育コースを通じて、これまでに50万人近い専門家がそれぞれのキャリアを確立しています。50年を超える来歴において、ベッカーは刻々と変化するビジネス界で一歩先を行くために必要となる知識や業務スキルの向上を目的とし、世界トップレベルの指導、カリキュラム、そして学習ツールを通じて受講生を成功へと導く強力な実績を築いてきました。ベッカーについての詳細な情報については、 リンク
を参照ください。

■TACについて

都市部を中心に19の支社を持ち、日本全国の主要都市にある14の学校と提携を結ぶTAC株式会社(本社:東京都千代田、斎藤博明社長)の主な業務は専門家の育成。1980年の創業以来、TACは何万人もの専門家たちのキャリア目標の達成に貢献してきました。TACでは、財務、会計、法務、労務、金融サービス、不動産、情報技術、国際ライセンスなどの分野における業界トップレベルのテスト準備教材やコースを提供しています。また、テストの特徴や受講生のライフスタイルを考慮し、さまざまな学習媒体を利用した多様な学習システムも提供しています。詳細については、 リンク (日本語)を参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ

◆ 井之上パブリックリレーションズ 
東京都新宿区四谷4-34 新宿御苑前アネックスビル2F
TEL:03-5269-2301(代)
BPE広報担当:山口 E-mail: yamaguchi@inoue-pr.com/皆見(みなみる)

概要:DeVry Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。