logo

【GゲーNews】救いの刻はいつくるのだろう……人気ホラーアドベンチャー第2弾『完全無料脱出ゲーム:鬼が哭く島 for Gゲー』

GMOインターネットグループ 2011年09月07日 20時22分
From PR TIMES



                            2011年9月7日
報道関係各位

                      GMOゲームセンター株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          救いの刻はいつくるのだろう……
          人気ホラーアドベンチャー第2弾
      『完全無料脱出ゲーム:鬼が哭く島 for Gゲー』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本日、Android端末向けゲームアプリマーケット「Gゲー」で、有限会社ソ
フトニカのオリジナルホラーアドベンチャーゲーム『完全無料脱出ゲーム:
鬼が哭く島 for Gゲー』の配信を開始いたしました。価格は無料。

 本作は、今年7月の配信から約2ヶ月間で5万を超えるダウンロードを記録し
た人気ホラーアドベンチャーゲーム『完全無料脱出ゲーム:鬼が棲む島 for
Gゲー』の第2弾です。舞台は誰もいない学校の校舎。人気のない暗闇の中で、
いつ鬼と遭遇するかわからない恐怖と、鬼の執拗な追跡から逃げるスリルを
味わいながら、頭をフル回転させて出口を探し出しましょう。

【ストーリー】
少女が目を覚ますと、そこは知らない学校の屋上だった。
どこからともなく聞こえてくる声。
君は選ばれた。鬼に捕まることなく、この学校から脱出できれば、
すべてを知ることができるだろう。
しかし……もし、鬼に捕まったとあれば……
健闘を祈る……
月明かりを頼りに出口を目指す少女を襲う異形の者達。
少女は生き延びることができるだろうか。

【ゲーム概要】
 生き残る道はただひとつ。それは、鬼に追いつかれる前に脱出すること。
 プレイヤーは、追いかけてくる鬼に捕まらないよう、地図や鍵を手に入れ
ながら出口を目指します。バットを手に入れると、迫り来る鬼を撃退するこ
とが可能です。途中現れる選択肢によって、ストーリーが分岐します。決断
の先には、思いもよらぬ恐怖が待ち受けているかも……?!

-----------------------------------------------
『完全無料脱出ゲーム:鬼が哭く島 for Gゲー』
■価格: 無料
URL:リンク
リンク

■配信マーケット: Gゲー、Android Market、au one Market(後日、配信開始予定)
■対応OS: Android 2.1以降
■開発元: 有限会社ソフトニカ
■著作権表記: (c)softnica All Rights Reserved.

※本アプリはGゲー専用のアプリです。
-----------------------------------------------

【Gゲーについて】 URL:リンク
 「Gゲー」は、GMOゲームセンター株式会社(本社:東京)が提供する
Android端末向けのゲームアプリマーケットです。
 「Gゲー」アプリをインストールすると、「au one Market」のゲームカテ
ゴリ月間ランキング1位を記録した「塊魂モバイル」や、全世界で400万本以
上の販売本数を誇る「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」など、大手ゲームメー
カーの人気有名ゲームから、無料定番ゲームまで、160本以上の中から手軽に
選んで、遊ぶことができます。

<主な提供タイトル>
・塊魂モバイル (バンダイナムコゲームス)
・ソニック・ザ・ヘッジホッグ (セガ)
・無限魔界ディスガイア (日本一ソフトウェア) など

 今後も順次、大手ゲームメーカーのゲームタイトルをはじめ、無料ゲーム
やGゲーオリジナルタイトル、一般のクリエイターが制作するオリジナルゲー
ムを提供していく予定です。

ゲーム画面素材をご希望される方は、下記URLからダウンロードしてご使用ください。
リンク

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※画面は開発中のものです。

============================================================
【ご掲載に関するお問い合わせ】
GMOゲームセンター株式会社
プロモーション担当  大崎 健 (mail: takeshi-osaki@gmo.jp)
============================================================

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。