logo

Wi-Fiチップセットの変革

802.11nから802.11acと802.11adへ:シングル、デュアル、トライバンド、MIMOコンフィギュレーション

【調査レポート概要】
Wi-Fiのより高いプロトコルや新しい利用場面への自然な発展は、Wi-Fiのチップセット産業に絶大な効果があるだろう。既存の企業がなわばりを固守している間に、小規模な企業は市場シェアを拡大しようと努めている。当面は、802.11acと802.11adなどのデュアルバンドとトライバンドソリューションへの移行によって、Wi-Fiチップセットの平均価格は高まるだろう。そのため、今後5年間の収益成長は横ばいにならないで済むだろう。

この調査レポートは、最終的に5ギガヘルツや60ギガヘルツバンドに移行する促進力を究明し、Wi-Fiのほとんどがシングルバンドの2.4ギガヘルツソリューションに留まる要因について記載している。 かつてはあまり顧みられなかった低出力ポータブルデバイスなどのSISOからMIMOへの移行、802.11nから802.11acや802.11adへの移行、802.11adなどのデュアルバンドとトライバンドコンフィギュレーション、様々なMIMOコンフィギュレーションも予測している。製品カテゴリー毎や主要セグメントについて予測している。チップセットベンダの概要と、各社の、それぞれのバンドの、それぞれのMIMOコンフィギュレーションの802.11n、802.11ac、802.11ad製品について記載している


【調査レポート】
Wi-Fiチップセットの変革:802.11nから802.11acと802.11adへ:シングル、デュアル、トライバンド、MIMOコンフィギュレーション
Wi-Fi Chipset Evolution: From 802.11n to 802.11ac and 802.11ad
Single, Dual, and Tri-band and MIMO Configurations
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。