logo

電子政府のオンラインサービス

電子住民参加の成長予測、投資、コスト削減の可能性

世界中で、オンラインで行政に参加する市民の数が増加している。これらの行政政府は、高い投資対効果を実現し、市民の利便性を高め、行政の透明性を高め、サービスへのアクセスを改善するために、オンラインサービスを切望している。オンライン電子政府サービスの第一の促進要因は、将来の経済効率のための投資という点であるが、政府にとっても市民にとっても、サービスのオンライン化への二次的な移行理由はたくさんある。この調査レポートは、オンラインサービスを提供する行政のポータルの、インフラや技術の計画や採用における、阻害要因と促進要因を調査している。ABIリサーチが考える最も可能性が高い将来の市場の発展と変化について述べている。

【調査レポート】
電子政府のオンラインサービス:電子住民参加の成長予測、投資、コスト削減の可能性
e-Government Online Services
Future Growth, Investment and Savings Potential of e-Participation
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。