logo

日本の執筆者に朗報!電子出版の総合プラットフォーム(文楽(ぶんらく)URL:http://epubunraku.com/)誕生〜誰でも簡単に本の制作、販売、マーケティングをすることが可能に〜

エイムズ株式会社 2011年09月06日 13時00分
From ValuePress!

エイムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:細田 俊明)は、
電子出版の総合プラットフォーム 「文楽」(URL: リンク)を本日、9月6日(火)から開始いたします。
サイトオープンの9月6日から執筆者の募集及び登録受付を開始し、販売ができる環境をサポートします。
なお、サービス開始時には、PCだけでなく、タブレットPC、スマートフォンにも対応させ、
マルチデバイスで楽しめるプラットフォームを提供していきます。


【「文楽」誕生の背景】
電子書籍は確実に日本にも浸透しつつありますが、制作しても、自身でマーケティングを行い、
販売できるプラットフォームは未だ存在しません。
一方で、電子書籍端末の市場規模予測は2015年で600万台に達するといったデータや、
スマートフォンユーザーが2016年には6000万契約を超えると予測される中、電子書籍市場が拡がることは明確です。
「文楽」は、これらの市場規模予測を背景に誕生しました。


【文楽とは?】
「文楽」とは、誰でも簡単に電子書籍を購入、保存、制作、販売(有料/無料)、
紹介(アフィリエイト)ができる電子書籍の総合ポータルサイトです。
スマートフォンユーザーをメインターゲットとし、どのプラットフォームでも読める
EPUB(イーパブ)というファイル形式を利用しています。
そのため、本をせっかく作ったのにデバイスが変わったから閲覧できない」ということがありません。


【文楽上で出版するメリット】
1. 話題のEPUB電子書籍を完全無料で制作、販売(クレジット決済&銀行振込対応)・公開できます。
2. 895万人のスマートフォンユーザーと200万人の電子書籍端末ユーザーに強くアピールできます。
3. ソーシャルメディアとの連動で幅広いユーザー層にアプローチ可能です。
4. メルマガ・ブログ等のコンテンツを簡単に電子書籍化し、ビジネスに生かすことが可能です。
5. くちこみアフィリエイトシステムにより、ユーザーが口コミで自然に宣伝してくれます。
6. 文楽以外で制作したEPUBを販売、公開することも可能です。
7. 文楽システム利用手数料は、8%+システム料100円/件と、販売手数料が非常に安価です。

また、文楽では、著書と読み手がダイレクトにつながる仕組みにしており、
ダウンロードしてくれた人と著者が直接コミュニケーションを取ることも可能です。

文楽は、来年8月末までに書籍登録数5万点、
3万人の著者を集めることを目標に、100万人に使われるサービスを目指します。


◆「文楽」運営会社概要                        
会社名(商号):エイムズ株式会社
本社所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-42 
大矢ビル2F
設立:2008年6月
代表取締役:細田 俊明
事業内容:ポータルサイトの運営・管理、広告代理業、
広告の企画、制作、インターネット広告の企画、
広告及び販売促進商材の企画、開発、制作、
新商材の企画、開発
資本金:500万円

◆代表者プロフィール                                                     
代表取締役 細田俊明
1979年 株式会社創芸(クリエイティブ部門)入社(現社名:株式会社DGコミュニケーションズ)
以降、不動産・建築系広告を中心とした制作活動を遂行
2004年 (社)首都圏不動産公正取引協議会・不動産広告管理者に認定
2005年 制作部長及び法務部内責任者を兼任
2008年 広告代理店エイムズ株式会社設立 代表取締役に就任


【本件に関する報道各位からのお問い合わせ先】
エイムズ株式会社  担当:細田
Tel:03-5577-8525 Fax:03-5577-8526
株式会社ネットワークコミュニケーションズ 担当:岡田
Tel:090-8347-1548 E-mail:naoko@nwcom.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。