logo

Juniper Networks MAG シリーズとWisePoint Authenticator の連携動作検証を完了

Apple iOSデバイスからのリモートアクセス時のセキュリティを大幅に強化。

ジェイズ・コミュニケーションが 取り扱う米Juniper Networks, Inc.開発のSSL VPN /NACアプライアンス 『MAGシリーズ』と、ファルコンSC開発のRADIUS対応認証製品『WisePoint® Authenticator』の連携 動作検証を完了しました。この連携ソリューションによって、iPhone®、iPad®でのSSL VPN接続時の本人認証を強化し、外出先 から社内ネットワークに安全にアクセスすることを実現します。

ジェイズ・コミュニケーション株式会社(代表取締役社長:愛須 康之、東京本社:東京都中央区、以下ジェイズ・コミュニケーション)とファルコンシステムコンサルティング株式会社(代表取締役:高橋 正廸、本社:神奈川県川崎市、以下 ファルコンSC)は、ジェイズ・コミュニケーションが取り扱う米Juniper Networks, Inc.(
以下Juniper Networks)開発のSSL VPN /NACアプライアンス『MAGシリーズ』と、ファルコンSC開発のRADIUS対応認証製品『WisePoint® Authenticator』の連携動作検証を完了しました。
また両社は、本検証の完了を契機に2製品の販売活動を共同で実施することに合意しました。

MAGシリーズは、実績豊富で市場シェアの高いJuniper Networks のSSL VPNアプライアンスである『Secure Access シリーズ』 (以下、SAシリーズ) と、NACアプライアンスである『ICシリーズ』を統合可能とした製品です。統合型マルチサービス・ネットワーク・クライアントであるJunos® Pulseと連携し、そのセキュア・アクセス・サービスおよびアクセス・コントロール・サービスにより柔軟かつ強力なアクセス環境を構築します。またSAシリーズ・ICシリーズのオペレーティングシステムをベースとしており、既存のナレッジをそのままMAGシリーズの運用に活用いただけます。

WisePoint AuthenticatorはRADIUS対応のワンタイムパスワード認証システムです。憶えやすく忘れにくい画像をパスワードに用いる「イメージングマトリクス認証(ImagingMatrix®)」やオンラインバンキングシステムなどでなじみのある乱数表による「マトリクスコード認証」、携帯電話の個体ID認証」など多彩な認証機能を備え、SSL VPNなどのRADIUS対応機器と連携し、リモートアクセス時の本人認証を強化します。これまでにSAシリーズとの連携導入実績が70件以上あります。

スマートデバイスのビジネス利用が企業ユーザに浸透するにつれて、これらのデバイスを用いて外出先からSSL VPNを利用したい、というニーズが増加してまいりました。そこで、両社ではJuniper Networks のiOSにも対応した統合型マルチサービス・ネットワーク・クライアント『JunosPulse』とWisePoint Authenticatorの動作検証を共同で実施しました。

この連携ソリューションによって、iPhone®、iPad®でのSSL VPN接続時の本人認証を強化し、外出先から社内ネットワークに安全にアクセスすることを実現します。さらに今後BCP(事業継続計画)や電力不足対策の一環として在宅勤務などを行う場合には、iPhone、iPadをシンクライアント端末としてご利用いただくこともでき、スマートデバイスのビジネスシーンでの活用を推進します。
同時にMAGシリーズのSAML 2.0連携機能により、Google AppsなどSAML連携できるクラウド型サービスに対し、イメージングマトリクス認証を利用したSSL VPN経由での接続に限定するなど、急速な普及を見せているクラウド型サービスにおいてもセキュリティの向上を図ることができます。

ジュニパーネットワークス株式会社 代表取締役社長 細井 洋一 氏は、次のように述べています。
「BCP対策やワークスタイルの変化、スマートデバイスの普及などによって、リモートアクセス需要は急速に高まっています。今後の企業活動において、モバイル環境からの安全かつ快適な認証を実現することは不可欠です。MAGシリーズとWisePoint Authenticatorの連携ソリューションにより、お客様は、通信のみならず認証においてもベストインクラスのセキュリティを確保することができます。ジェイズ・コミュニケーションとファルコンSCによる検証完了は、お客様に、より迅速で安全なリモートアクセス環境の実現をもたらすものと期待しています。」

またWisePoint Authenticator は2011年8月にスマートデバイスの個体認証にも対応しました。iPhone、iPadの個体識別認証とワンタイムパスワードの2要素認証によって、さらに強固なリモートアクセス環境を実現します。

ジェイズ・コミュニケーションとファルコンSCの2社では、それぞれのビジネスパートナーに対し、MAGシリーズとWisePoint Authenticatorのソリューションを積極的に展開していくこととしています。
共同プロモーションの第一弾として、2011年9月1日より同年12月22日までの期間中にジェイズ・コミュニケーションからMAGシリーズとWisePoint Authenticator を同時にお求めいただいた場合、通常提供価格から大幅にディスカウントする『セキュアリモートアクセス導入支援キャンペーン(仮)』を実施します。また、10月には共催でセミナーを開催する予定であり、今後もビジネスパートナー、エンドユーザ向けのプロモーションを積極的に共同で実施する予定です。

お問い合わせ:ファルコンシステムコンサルティング株式会社
・報道関係のみなさま
営業本部 山下
tel:044-814-2512
fax:044-814-2514
電子メール:sales at falconsc.com
・お客さま
リンク
・製品ウェブサイト
リンク

このプレスリリースの付帯情報

3. MAGシリーズとWisePoint Authenticatorの連携動作

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

1. Juniper Networks MAGシリーズの特徴
- 独自開発のオペレーティングシステム、Juniper Networks Junos Pulse Secure Access Service / Junos Pulse Access
Control Serviceを搭載
- Microsoft Windows、Apple Mac OS X / iOS、Google Android、Linux向けに提供されるJunos Pulseクライアント
- ウェブブラウザを利用した、イントラネットコンテンツの利用
- IPsec VPNのようにOSに対してシームレスに動作するNetwork Connect機能
- サーバ・クライアント形式のアプリケーションをトンネリングするSecure Application Manager機能
- ウェブブラウザを利用して、チャットや画面の共有を行うSecure Meeting(オプション、3ユーザまでは標準で利用可能)
- 災害や疫病など緊急事態発生時に在宅勤務を円滑に遂行するためのIn Case of Emargency(ICE)ライセンス(オプション)
- 仮想Windowsデスクトップが利用できるSecure Virtual Workspace
- 端末のローカルセキュリティチェックを行うHost Checker
- Microsoft Active DirectoryやLDAPとの統合
- ID・ロールベースによるアクセスコントロール
- シンプルなWebUIによる管理

2. WisePoint Authenticatorの特徴
- 多彩な認証方式に対応
- スマートデバイス対応
- SSL VPNなどRADIUS対応機器の認証強化製品
- 純国産認証製品

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。