logo

第8回 日本e-Learning大賞 応募受付開始![9/30(金)締切](e-Learning Awardsフォーラム運営事務局)

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)会員のニュースリリース

eラーニングに関する革新的な技術、コンテンツ、導入事例を積極的に顕彰する『第8回 日本e-Learning大賞』[主催:e-Learning
Awards フォーラム 実行委員会および日本工業新聞社(フジサンケイ ビジネスアイ)]の応募受付がスタートしました。

本大賞では優秀な事例に対し、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞ほか各賞が授与されるとともに、eラーニングに特化した国内唯一の総合フォーラム『e-Learning
Awards 2011 フォーラム(2011年11月21、22日)』にて授賞式および受賞発表イベントが開催されます。のべ3,000名の来場者を見込む本フォーラムでの受賞者プレゼンテーションは、大きなアピールの場として期待されます。

eラーニングベンダーやeラーニングを自社で実施している、またはeラーニングを用いて事業をしているなど、様々なケースでeラーニングを活用されている自治体・団体・学校・個人でのご応募をお待ちしております。
【応募無料・9/30(金)締切】


↓『第8回 日本e-Learning大賞』応募方法の詳細はこちら ↓
リンク


────────────────
◆募集テーマ
────────────────
貴社、貴校の教育現場で活用している“eラーニング事例”を広く募集。
業務効率や学習効果の向上に寄与する、またはそうした可能性を秘めた将来性
のあるeラーニングサービス、システム、コンテンツなど。
応募点数に制限はありません。

────────────────
◆審査基準
────────────────
生産性、相互作用性、メディア活用性、品質保証性、新規性、マネジメント性
の6項目について一定の判断基準を設け、多面的に審査いたします。

────────────────
◆多数の受賞メリット
────────────────
■4大臣賞授与
審査の結果、部門ごとに経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、総務大臣賞、
厚生労働大臣賞、他各賞が授与されます。


■受賞発表イベント
eラーニングに特化した国内唯一の総合フォーラム
『e-Learning Awards 2011 フォーラム(2011年11月21、22日)』にて
授賞式および受賞発表イベントを開催いたします。のべ3,000名の来場者を
見込む本フォーラムにて、受賞者プレゼンテーションの場を設けており、
PRの場として最大限ご活用いただけます。


■受賞トロフィー、ロゴの付与
日本e-Learning大賞の受賞者にのみ付与するトロフィーとロゴを
オフィスなどで掲示することによるイメージアップとともに、
受賞ロゴのHP・パンフレット等への使用により社会的な認知度UPに
つながります。

────────────────
◆過去7回の受賞者の声
────────────────
◆国立大学法人大阪大学 様
日本e-Learning大賞を頂いて良かったことといえば、やはり、結果の
分かりやすさと、それによる関係者への恩恵ではないかと思います。
大学の取り組みの多くは論文により評価され、これは重要なことですが、
どうしても学術的な評価に限られます。一方、eラーニング大賞では、
競争相手と評価内容が非常に広範囲であり、取り組みの総合的な評価を
社会にわかりやすく示すことができます。また、参加した教員のみならず
学生に対しても良い励みになったことでしょう。参加学生の就職活動など
に多少でも役立ってくれれば嬉しいことです。

◆学校法人名城大学 薬学部 様
本システムは、問題解決能力の育成に効果的な学習方法であるProblem
Based Learning(PBL)を、効果的・効率的にサポートするシステムで、
パフォーマンスに直結する知識を獲得するために、コミュニティを形成
してその中で経験の共有を行い、コンテンツよりもコンテキストの学びに
主眼をおいたシステムです。今回、奨励賞を受賞したことで、このような
システムの開発が教育の質向上に有意義であることを学内外にアピール
でき、外部資金獲得のための土台作りができました。また、教育工学の
分野などこれまで交流の無かった研究者との交流が生まれ、今後の
教育活動に大きな刺激になったと思っています。

◆株式会社プロシーズ 様
主に非正規社員が活躍している店内での教育効果をあげるには、実は
「マニュアル」以上に「無形の学習」が重要と考え開発したのがこの
「テイチャック」という商品です。「日常の何気ない店内 の会話や
つぶやき」の共有から学習できるこのツールが奨励賞を受賞できたこと
は、大きな喜びでもあり、またこの受賞によってこういうツールを
探されていたクライアント様に出会え、お仕事を頂けたことに大変
ありがたく感じております。
「今までにない教育や学習」をうみ出すことを事業理念としている弊社
としては、学習すること、そのものが楽しくなるような、新しいサービス
を提供し続けて、世の中に貢献していきたいと思っております。



↓募集要項の詳細については公式サイトをご覧ください↓
リンク


たくさんのご応募をお待ちしております。


【第8回 日本e-Learning大賞に関するお問い合わせ先】
日本工業新聞社 営業・事業本部
『第8回 日本e-Learning大賞事務局』
所在地:〒100-8125 東京都千代田区大手町1-7-2
T E L :03-3273-6180
F A X :03-3241-4999
e-mail:e-award@sankei.co.jp



---------------------------------------------------------------------
★『e-Learning Awards 2011 フォーラム』スポンサー募集中!(9/30締切)
--------------------------------------------------------------------
eラーニング×多彩なテーマの講演や展示のほか、
第8回 日本e-Learning大賞の授賞式・受賞発表も行われる、国内唯一の
eラーニング専門フォーラム『e-Learning Awards 2011 フォーラム』
<11/21(月)、22(火)@秋葉原UDX>。

想定来場者数はのべ3,000名。企業の経営者層や人事・研修担当者、学校
関係者などが多数来場し、その場でビジネス・研究パートナーの開拓も
可能です。


本フォーラムの講演・展示等にご参画いただけるスポンサーを募集中です。

◎ご参画のメリット
・新規顧客層の開拓/リード取得
・既存顧客のフォロー/受注枠拡大
・知名度&ブランド力の向上
・関係企業・学校・団体との情報共有・連携強化


詳細は下記PDFでご覧いただけます。
ご賛同いただける皆様からのお申込みをお待ちしております。

↓『e-Learning Awards 2011 フォーラム』スポンサー募集のお知らせ(PDF)↓
リンク

【スポンサー募集に関するお問い合わせ先】
e-Learning Awardsフォーラム運営事務局
e-mail:info@elearningawards.jp



以上

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■会社概要
名称: e-Learning Awardsフォーラム運営事務局
所在地: 〒100-8125 東京都千代田区大手町1-7-2
代表者: 事務局長 はが 弘明
URL: リンク
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■本件に関するお問い合わせ先
担当 : 日本e-Learning大賞事務局
電話番号 : 03-3273-6180
E-mail : e-award@sankei.co.jp
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。