logo

シーイーシー、「BizVision Endpoint Security」の提供を開始

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新野 和幸、 以下 シーイーシー)
は、本日よりトレンドマイクロのウイルスバスタービジネスセキュリティサービスを利用した、SaaS
型企業向けセキュリティサービス『BizVision Endpoint Security(ビズ・ビジョン エンドポイン
ト セキュリティ)』の提供を開始いたします。

シーイーシーは、4 つの事業セグメントの1 つとして、IT サービスのコンサルから設計・調達・構
築、運用・保守まで一貫したライフサイクルマネジメントサービスを提供しております。
この度中小企業向けに、より導入しやすい環境で提供できるSaaS 型セキュリティサービス
『BizVision Endpoint Security』を提供することで、サービスメニューを拡充し、ライフサイクル
マネジメントサービスを強化してまいります。
『BizVision Endpoint Security』は、トレンドマイクロのウイルスバスタービジネスセキュリティ
サービスを活用し、特に効率化と安全性が不可欠な「運用」フェーズを重視したオプションサービ
スを用意して、お客様の環境に最適なウイルス対策をワンストップで支援いたします。オプション
では、ウイルス感染時のお問い合わせ対応を代行する「ヘルプデスク窓口」、ウイルス感染検知の
連絡、駆除、エスカレーションなどの初動対応を代行する「運用管理代行サービス」、そして
『BizVisionEndpoint Security』を利用している端末を対象に、ウイルスによるデータ破損や
データ消失時にデータ復旧作業を実施する「データ復旧サービス」の3 つのサービスを提供いたします。
これらのオプションサービスにより、お客様のシステムのウイルス対策効果をさらに高め、より安心して
ご利用いただくことが可能になります。
トレンドマイクロのウイルスバスタービジネスセキュリティサービスは、従来のアンチウイルス対
策に加え、スパイウエア対策やフィッシング詐欺対策、URL フィルタリングなどの機
能を実現し、インターネット上の様々なウイルスによる脅威を未然に防ぐことができる総合的なセ
キュリティサービスです。数あるセキュリティ製品の比較テストにおいて、二期連続して総合防御
力No.1 に選ばれた(※)高い防御力が特長となっています。また、SaaS 型サービスのため、管理
サーバを自社に構築することがなく、導入作業やライセンスの増減による管理の負担や、ウイルス
発生時の対応の負荷など、管理者のウイルス対策に関する運用工数を減らし、TCO の大幅な削減が
期待できるサービスとなっています。
シーイーシーでは、引き続きライフサイクルマネジメントサービスのサービスメニューを拡充し、
中堅・中小企業向けの市場開拓を加速します。本サービスにおいては、今後3 年間で300 社の導入
を目指します。
※第三者テスト機関NSSLabs AV-Test が行った法人向けエンドポイント製品比較テスト

用語解説

■ BizVision (ビズ・ビジョン)とは
シーイーシーの提供するクラウドコンピューティングサービスの総称です。データセンターサービ
スを基盤とするインターネット/イントラネットを活用したIT インフラ、プラットフォーム構築サ
ービスから、SaaS 形式によるアプリケーションソフトウエアの提供、各種インテグレーションサー
ビス、IT マネジメントサービスまで、ワンストップで企業のIT 活用を支援いたします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。