logo

OKI、中国金融市場向け通帳プリンタ「FP21X」を開発

Tokyo, Sept 1, 2011 - ( JCN Newswire ) - OKIは、このたび中国の金融機関に向け、通帳プリンタの新機種 「FP21X」を開発しました。北京にて9月1日より開催される「中国国際金融(銀行)技術および設備展覧会」に出展します。中国金融機関での自動端末ニーズの拡大に対応した新機種で、頁マークにも中国市場で初めて対応しました。販売および出荷は、2011年12月より開始します。

ここ数年、中国の金融機関では、窓口業務を自動化する動きが確実に進んでいます。今後、自動端末へのニーズがさらに高まる事が見込まれています。OKIはこれまで中国市場で、通帳プリンタの従来機種「FP21A」を販売し、実績を重ねてきました。このたび中国市場での自動端末ニーズの拡大に対応し、頁マークおよび高抗磁力ストライプを装置で取り扱うことのできる通帳プリンタの新機種「FP21X」を開発しました。中国市場において頁マークに対応した通帳プリンタは「FP21X」が初めてのものとなります。

「FP21X」は、以下の機能により自動端末への高い対応性を実現しています。
- 低抗磁力/高抗磁力両方に対応した兼用磁気ヘッドを標準搭載しています。
- 頁読み取り専用モジュールを搭載しています。これにより通帳上面に印刷されているバーコードを読み取り、頁誤挿入を防止することができます。(縦バー、タイミング付横バーに対応します。)

また、「FP21X」は従来機種よりも処理時間の短縮と高信頼性を実現した通帳プリンタです。新開発の印字ヘッドは、従来高価な高速機にのみ使われていた印字技術を採用し、高信頼性を実現しています。この新採用技術により印字制御(印字ヘッドピンドライブ)を最適化し印字スループットの高速化を実現しました。

OKIでは、印字ヘッドから、センサ、モータの様な電子部品、電源、頁読み取りモジュールなど主要部品、そして最終製品までを自社で開発・製造しています。これにより、部品レベルから装置全体に至る品質を一貫して管理することができ、高品質・高信頼性を実現しています。また、定期交換部品の削減を実現することにより、高品質のままメンテナンス性を向上させています。

OKIは、日本市場での実績に加え、既に中国、韓国等のアジア市場で通帳プリンタ販売の実績を重ねてきました。今回の「FP21X」の開発を機に、自動端末組み込みタイプの通帳プリンタのラインナップを強化し、中国市場への販売展開を本格化します。

【販売計画】

販売価格:オープン価格
出荷時期:2011年12月予定
販売目標台数:5年間で100,000台

主な仕様など詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 村川
電話 03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
システム機器事業本部 海外・OEM事業部 海外マーケティング部
電話 03-5440-4684

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。