logo

数あるお肌の悩み、1つだけ解決できるなら?1位は「しわしみ」!7割が「自分のお肌はまだ変われる」

株式会社再春館製薬所 2011年08月31日 13時00分
From PR News

株式会社再春館製薬所(本社:熊本県上益城郡、代表取締役社長:西川 正明 以下、再春館製薬所)は、体の内側からのお手当てドリンク、「飲むドモホルンリンクル」の発売(2011年8月1日)にあわせ、30~79歳の女性500名に対し「お肌に関する意識調査」を実施いたしました。
再春館製薬所は漢方の理念のもと、基礎化粧品「ドモホルンリンクル」とともに年齢肌研究を続け、37年目を迎えました。今後も、今の時代を自分らしく生き、美しく年齢を重ねていきたいと願う女性たちを応援し、常に「ドモホルンリンクル」の進化を追求して参ります。

<「お肌に関する意識調査」調査概要>
調査対象:30~79歳 全国の女性 500名(各年代それぞれ100名)
調査期間:2011年8月22日~8月23日
調査方法:インターネット調査

■お肌の悩みは尽きないが・・・50代の8割、70代の4割が「自分のお肌はまだ変われる」
女性たちのお肌の悩みはどのようなものなのでしょうか。「あなたのお肌の悩みは何ですか?」と聞いたところ、最も多かったのが「しわしみ」で71%。年代別では、70代では82%が「しわしみ」と答え、 30代でも54%と半数以上が「しわしみ」に悩んでいることがわかりました。 以下、「たるみ」(54%)、「クマ・くすみ」(43%)、「毛穴・てかり」(37%)と続きました。また、「これらの悩みの中で、ひとつだけ解決できるならどれを選びますか?」という質問に対しても、「しわしみ」が最も多く42%。どの年代でも「しわしみ」が1位となり、女性の一番のお肌の悩みは「しわしみ」のようです。

一方で、「スキンケア次第で自分のお肌は『まだ変われる』と思いますか?」という質問をしたところ、67%と7割が「そう思う」と回答。50代では80%が、70代でも41%がそれぞれ「そう思う」と答えました。「しわしみ」をはじめ自分のお肌に対して多くの悩みを持つ女性ですが、何歳になっても「スキンケア次第でまだ変われる」と前向きな考えを持っている人が多いことがわかりました。

■美しいお肌を作るために大事だと思うこと、1位は「睡眠」で9割
では、「美しいお肌」を作るために女性たちはどのようなことが大事と考えているのでしょうか。「美しいお肌を作るために、大事だと思うこと」について聞いたところ、「よく眠る」が1位となり、86%。「バランスの良い食事をとる」(82%)、「入浴する」(44%)、「運動する」(41%)などを上回り、 美しいお肌を作るためには「何よりも睡眠が大事」と考えているようです。「睡眠が大事だと思う理由」については、以下のような意見があがり、これまでの実体験から睡眠の大切さを実感している様子がうかがえました。

「最近寝不足で、肌荒れがひどい。以前規則正しくしていた時は、すごく肌の調子が良かった。(43歳)」
「質の良い睡眠がとれた時は肌の状態が良い。(53歳)」
「自分自身、睡眠不足の日は化粧がのらないから。(66歳)」

■美しいお肌のために・・・「十分な睡眠時間がとれている」女性はわずか44%
美しいお肌を作るためには「睡眠が大事」と感じている女性たちですが、彼女たちは普段から十分な睡眠がとれているのでしょうか。「あなたの普段の睡眠時間は、美しいお肌を作る上で十分な時間がとれていると思いますか?」という質問に対して、「そう思う」と答えた人はわずか44%。美しいお肌を作るためには「睡眠が大事」と理解しながらも、半数以上の56%は「十分な睡眠時間がとれていない」ということがわかりました。

「十分な睡眠がとれていない理由」としては、以下のような回答があがり、仕事や家事で十分な睡眠時間を確保できないということや、ストレスなどにより眠りが浅いというのが女性の睡眠の悩みであるようです。

「仕事と家事が忙しく時間がないので。(51歳)」
「仕事によるストレスで、眠りが浅い。(39歳)」
「寝つきが悪かったり、早めに目が覚めてしまう。(73歳)」

ちなみに、総務省統計局『統計(2006年7月号)』によると、日本人の睡眠時間は他の国と比べると短く、特に日本人女性の睡眠時間は世界で最も短いと言われています。美しいお肌のためには「睡眠が大事」と感じつつも、仕事や家事など忙しい女性は多く、十分な睡眠をとれている人は少ないというのが現代の日本人女性の実態であると言えます。

<参考情報1>

■「9月3日」は「睡眠の日」
2011年7月、精神・神経科学振興財団と日本睡眠学会とが協力して、「3月18日」と「9月3日」を「睡眠の日」として制定しました。3月18日は世界睡眠医学会が「世界睡眠の日」と定めている日であり、9月3日は「ぐっすり」という語呂合わせ。それぞれの前後1週間を睡眠健康週間として、睡眠に関する知識普及や啓発活動をおこなうとしています。

■質の良い睡眠が「美しいお肌」を生み出す
私たちのお肌では、眠っている間に「ターンオーバー」が起こっています。ターンオーバーにおいて重要な役割をするのが、「成長ホルモン」。私たちの体では、この成長ホルモンが脳から分泌されることで、お肌に“ターンオーバー開始”というスイッチが入ります。様々な研究から、この成長ホルモンは主に寝ている間に分泌されることが知られています。つまり、寝ている間にお肌のターンオーバーが起こり、私たちのお肌は日々新しく生まれ変わっているのです。

また、睡眠の深さには規則的なリズムがあり、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)が繰り返されています。そして、成長ホルモンは、眠り始めて約3時間程までの深い眠り(ノンレム睡眠)の時にたくさん作られることが知られています。つまり、ただ睡眠をとれば新しい細胞が作られるのではなく、眠りはじめの3時間の“質”を高め、リズムにあった深い眠りをしっかりとることが重要なのです。

「美しいお肌」を生み出す秘密は、「ホルモンバランス」「血行」「免疫機能」を正常に整えること。
これらはすべて「質の良い睡眠」によって支えられています。

詳しくは、再春館製薬所のホームページの「研究開発の扉」で、研究開発者による「睡眠とお肌の関係」についてのレポートを公開しています。
◆再春館製薬所ホームページ「研究開発の扉」
URL:リンク

<参考情報2>

■飲む年齢肌対策!「飲むドモホルンリンクル」
「飲むドモホルンリンクル」は、再春館製薬所が基礎化粧品「ドモホルンリンクル」で培った独自のコラーゲンをはじめとする天然由来原料を、トレーサビリティの確認はもちろん、納得のいくものを厳選して使用。原料の安心・安全にもこだわった、しわしみ対策ドリンクです。

「ドモホルンリンクル」で体の外側から、「飲むドモホルンリンクル」で内側から、お肌に対する根本ケアへのアプローチが、体の内外から実現します。

◆睡眠の“質”に着目
美しいお肌を作る大切な睡眠時間の質を高めるために、原料に沖縄の伝統薬草「クワンソウ」と、リラックス効果のある「GABA」を使用。
しわしみの根本要因を司る睡眠の質から重点的にケアします。

◆しわしみ5大要因に、体の内側から
加齢老化の探求から判明した、睡眠の質、代謝、血行、ホルモンバランス、免疫という、しわしみ5大要因。寝る前にお飲みいただくことで、体の内側からお肌成分を養う環境へと導きます。

◆原料は安心・安全の天然由来
原料は世界中から厳選した天然由来。こだわりのコラーゲンは1日に摂る適正量4,000mg(1本当たり)配合、お肌にハリを与えます。

名称:「飲むドモホルンリンクル」【発売中】
価格:1箱(14本入り) 税込5,775円(税込)
2箱(28本入り) 税込11,550円(税込)+セット特典2本
購入:以下のフリーダイヤル、もしくはインターネットよりお申込みください。
◇フリーダイヤル:0120-444-444(※受付時間 8:00~22:00/年中無休)
◇インターネット:リンク

【主な配合原料】
アマニ抽出物(カナダ産)、GABA(カナダ産)、金時ショウガ(ベトナム産)、クワンソウエキス(沖縄県産)、月桃葉エキス(沖縄県産)、鱧コラーゲン(タイ アンダマン海産)、ヒアルロン酸 <発酵>、プロテオグリカン(北海道産)、ゆず種子エキス(高知県産)
※保存料・着色料無添加
※ノンカフェイン

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。