logo

ブルートゥース機能搭載のデバイスの出荷数は2013年に20億以上と予測

米国の市場調査会社インスタット社は出版レポート「ブルートゥース市場調査 2011年:規格、競合技術、アプリケーションタイプ毎の採用予測-Bluetooth 2011: Rapid Growth for Established Interface」のプレスリリースにおいて、Bluetooth 4.0 + High Speedは、2011年末までの携帯電話市場で発売されるだろう、との予測結果を発表しました。

ブルートゥース無線技術は、幅広い電子製品が接続することができる短距離無線技術である。ブルートゥースは、小型のフォームファクタの無線で、低出力、低価格、セキュリティ内蔵、丈夫、使いやすい、アドホックのネットワーキング機能などの特性によって発展し、拡大している。米国調査会社インスタット社は、ブルートゥース機能搭載のデバイスの出荷数は、2013年に20億を上回るだろうと予測している。

「ブルートゥースは、幅広いアプリケーションでデザインウィンの獲得が続き、2009-2010年にはブルートゥース機能搭載のデバイスの出荷数は23%増加するだろう。昨年、ブルートゥースには、2つの新しい規格が登場した。Bluetooth 3.0 + High Speed (HS)の組合せは、従来のブルートゥースとWi-Fiで大きなデータファイルを転送でき、Bluetooth 4.0は、従来のブルートゥースに比べて電力消費が非常に低く、医療やフィットネス向けのデバイスをターゲットとしてパソコンや携帯電話で利用できる」と調査ディレクターのBrian O'Rourke氏は語る。

この調査レポートは、下記についても調査した。

●従来のブルートゥースは、予測期間中はブルートゥースの主要なインターフェースとして存続するだろう
●Bluetooth 3.0 + High Speedは、ブルートゥースとWi-Fiを同時に稼働することができるソフトウエアのみのソリューションである
●Bluetooth 4.0は、ブルートゥースが新たに主要なターゲットとしている医療、フィットネス、セキュリティデバイスに使用される
●Bluetooth 4.0 + High Speedは、2011年末までの携帯電話市場で発売されるだろう
●自動車向けのブルートゥースは、中価格帯のセダンで最も一般的である

インスタット社の調査レポート「ブルートゥース市場調査 2011年:規格、競合技術、アプリケーションタイプ毎の採用予測 ー Bluetooth 2011: Rapid Growth for Established Interface」は、世界のブルートゥース技術市場についてのパワーポイントによる調査レポートである。

●4つのブルートゥース規格について(従来のブルートゥース、Bluetooth 3.0 + High Speed、Bluetooth 4.0、Bluetooth 4.0 + High Speed)のブルートゥース機能搭載のデバイスの出荷数の2015年までの予測を製品カテゴリー毎に
●製品カテゴリーは、携帯電話、片耳式ヘッドセット、モバイルPCとデスクトップPC、USBアダプタ、アフターマーケットカード、プリンターと様々な周辺機器、マウスとキーボード、ゲーム機とコントローラ、携帯ゲーム機、デジタルテレビ、ポータブルメディアプレーヤ、カムコーダ、ステレオヘッドセット、スピーカ、リモートコントローラ、自動車、医療と産業向けデバイス
●ブルートゥース規格と統合の分析
●競合技術の概観


【調査レポート】
ブルートゥース市場調査 2011年:規格、競合技術、アプリケーションタイプ毎の採用予測
Bluetooth 2011: Rapid Growth for Established Interface
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。