logo

グローバル人材育成をテーマに初のフォーラム開催―国際大学でグローバル人材育成の重要課題を討議

国際大学 2011年08月29日 11時40分 [ 国際大学のプレスリリース一覧 ]
From JCN Newswire

Niigata, Aug 29, 2011 - ( JCN Newswire ) - 国際大学(新潟県南魚沼市、学長 森正勝)は、9月16日、国内主要企業約40社の人事責任者を招き、グローバル競争時代を勝ち抜くリーダーの育成をテーマに『第1回CHOフォーラム』を開催します。

国際大学は、国内主要企業37社と『グローバル人材パートナーシップに関する覚書(以下、パートナーシップ)』を締結し、グローバル人材育成の最重要拠点となることを目指しています。

今回の『第1回CHOフォーラム』は、このパートナーシップのもとで創生されたCHO (Chief HR Officer)ネットワークにより、国内主要企業の人事責任者の皆様をキャンパスに招き、人材のグローバル化について課題を共有し、情報や意見の交換を促進する機会を提供します。国際大学は、グローバル人材の育成を通じ、アジア及び世界経済の安定した継続的発展に共に貢献していくことを目指します。

第1回CHOフォーラム日程

日時:2011年9月16日(金)14:30~19:00
内容:
14:30-14:45 挨拶:理事長 小林陽太郎
14:45-15:00『グローバル人材パートナーシップ』概要説明:学長 森正勝
15:00-15:45 講演(1):日本GE株式会社 取締役シニアHRマネージャー 八木洋介氏
「日本GEのグローバル人材育成の取組み」
15:45-16:30 講演(2):ワールドワイド・シティ・グループ 最高経営責任者 尹銘深氏
「中国で成功するHR戦略」
16:40-17:25 講演(3):経済同友会代表幹事
武田薬品工業株式会社 代表取締役社長 長谷川閑史氏
「武田薬品工業のグローバル戦略と人材育成
17:25-17:50 意見交換会
18:00-19:00 懇親会
会場:国際大学キャンパス
〒949-7277 新潟県南魚沼市国際町777番地
(アクセス) リンク

国際大学の森正勝学長は、“多くの日本企業には今日まで蓄積してきた強力な技術力と豊かな資金力がありながら、グローバルにビジネスを展開出来るリーダーが圧倒的に不足しております。CHOの皆様と力を合わせて、国際大学がグローバル人材育成の最重要拠点になり、企業及び国の成長戦略に役立ちたい” とフォーラムへの抱負を述べています。

また、本フォーラム開催にあたり、ご講演予定の皆様から次のようなご支援の言葉を頂いております。

■経済同友会代表幹事、武田薬品工業株式会社 代表取締役社長 長谷川閑史氏

「グローバルリーダーの育成は、企業のみならず、国家にとっても、成長戦略を実現していくうえでの喫緊の課題である。今回、日本を代表する企業の人事責任者が一堂に会し、グローバルでの人材育成について意見交換する意義は非常に大きいと考えており、当社のグローバル戦略や人材獲得・育成の取組みが、多少とも参考になれば幸いである。

■日本GE株式会社 取締役シニアHRマネージャー 八木洋介氏

「GEは、強力なリーダーの育成を戦略の重要な一要素と考えてきました。GEでリーダーの育成のためにどのようなアプローチをとっているか、そしてそれがどのような形でグローバル人材の育成につながっているかなど、日本における事例も含めてご紹介したいと考えています。GEの取り組みが、日本企業の皆さんのご参考になれば幸いです。

■ワールドワイド・シティ・グループ 最高経営責任者 尹銘深氏

「多くの日本企業は成長し続ける中国市場を十分に取り込めていません。最大の問題は人事政策にあります。フォーラムでは日本企業と中国企業の人事制度や慣習の違いを明らかにし、中国で成功する為の人事政策について日本のCHOの方と議論を進めたい。
           
グローバル人材パートナーシップ締結企業
2011年4月1日現在
(五十音順)

1. アクセンチュア株式会社
2. 株式会社インテリジェンス
3. オリックス株式会社
4. 花王株式会社
5. コスモ石油株式会社
6. 株式会社小松製作所
7. スカパーJSAT株式会社
8. 住友商事株式会社
9. 第一三共株式会社
10. 武田薬品工業株式会社
11. 中外製薬株式会社
12. テルモ株式会社
13. 東京エレクトロン株式会社
14. 東京電力株式会社
15. 株式会社東京証券取引所グループ
16. SMBC日興証券株式会社
17. 日本アイ・ビー・エム株式会社
18. 日本オラクル株式会社
19. 日本GE株式会社
20. 株式会社日本政策投資銀行
21. 日本たばこ産業株式会社
22. 日本電信電話株式会社 
23. 株式会社ニコン
24. 日本マイクロソフト株式会社
25. パナソニック株式会社
26. 東日本旅客鉄道株式会社
27. 株式会社日立製作所
28. 株式会社ファーストリテイリング
29. ファイザー株式会社
30. 富士ゼロックス株式会社
31. 富士通株式会社
32. 株式会社みずほコーポレート銀行
33. みずほ証券株式会社
34. 株式会社三井住友銀行
35. 三菱化学株式会社
36. ヤマト運輸株式会社
37. 横河電機株式会社
(注)新潟県とは「連携に関する協定書」を締結済

概要:国際大学

国際大学(International University of Japan; 略称IUJ)は、国際的に活躍する人材の育成を主目的に1982年に設立された大学院大学です。広くわが国の経済界、教育界並びに地域社会から多くのご支援をいただき、日本で最初の、全て英語による教育を基盤としたプロフェッショナルスクールとして、国際社会に貢献するために必要な専門知識と、異文化に対する理解と共感を持ったグローバルリーダーを養成しています。約50カ国からの政府・官公庁・企業に勤務する社会人学生などが学ぶキャンパスは、国際的なビジネス感覚等を養うには最適な環境となっています。

お問合せ先:
国際大学 広報担当 穴沢留美子
〒949-7277 新潟県南魚沼市国際町777番地
電話:025-779-1116(直通)
ファックス:025-779-1180
電子メール:media@iuj.ac.jp
www.iuj.ac.jp/j

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。