logo

シングル SoCでデジタル一眼レフカメラ相当の最高画質及びフルハイビジョン動画機能を実現したデジタルカメラプロセッサーCOACH14の提供をゾーラン社が発表

ゾーラン社 2011年08月26日 10時56分
From JCN Newswire

SUNNYVALE, CA, Aug 26, 2011 - ( JCN Newswire ) - 数億台のデジタルカメラ向けにSoC(システム・オン・チップ)を提供している 世界トップサプライヤー、ゾーラン社(Nasdaq: ZRAN)から 、3D、フルハイビジョン動画、ハイブリッドカメラ、レンズ交換式カメラの製造メーカー各社に高集積型デジタルカメラプロセッサプラットフォームCOACH14を提供するとの発表がありました。

CMOSローリングシャッター補正技術

ゾーラン社モバイル部門のOhad Meitav上級副社長兼ゼネラルマネージャーは、今回発売されるCOACH14について、「成長分野であるCMOSセンサーを使用したハイブリッド型カメラだけでなくCCDカメラの機能を強化し、最高の静止画および フルハイビジョン動画が得られるように設計しております。また、ビデオエンジンを強化しており、動画の解像度をより鮮明なままファイルサイズを40%削減 かつ、リアルタイムWeb接続用としての圧縮性能を向上しております。」と言っています。

従来の1080p動画の画質は、 高画素センサーを使用した場合、センサー内での画素加算処理によって、記録動画にアーチファクトが発生しておりました。ゾーラン社のCOACH14では、画素加算処理しないデータをセンサーから取り込み処理することでアーチファクト問題を解消し、高解像度かつフルカラーの鮮明な動画記録を可能としています。

リアルタイムのライブビデオストリーミングでは、抜群の高画質、高感度 、Webブラウザを利用しての遠隔カメラ制御、またマルチチャンネル動画出力やダイナミックな帯域制御に必要なビットレートコントロールに対応しております。

CMOSセンサーカメラの市場規模

テクノ・システム・リサーチ社のアナリスト大森鉄男氏は「デジタルカメラ市場では連写性能および高品質の1080p動画の要望から、CMOSセンサーの採用が加速しており、2013年にはCMOSセンサーがCCDセンサーを凌駕し、出荷量はCCDセンサーの 6500万個に対してCMOSセンサーは7000万個になる見込みです。」と言っています。

動画電子手ぶれ補正機能

ゾーラン社のCOACH14のプラットフォームには、手ぶれ、カメラの傾き、対象の動きをリアルタイムで補正する独自の電子手ぶれ補正技術が搭載されており、より滑らかで安定した動画が得られます。また、電子的に動きを検出する技術を搭載しており、ジャイロ搭載の必要が無く、最高の動画が得られるだけではなく製造コストの削減にもなります。

最先端の画像処理パイプラインとアルゴリズム

COACH14にはダイナミックレンジと感度を向上させる先進の各種マルチフレームアルゴリズムを採用しております。独自の画像位置合わせおよびゴースト除去技術により、マルチフレームアルゴリズムを使用した撮影を、三脚の使用なしに実現可能としております。

また、COACH 14には静止画および動画撮影の両方に使用できる、レンズ補正技術、コントラスト改善機能、新世代ノイズ軽減機能が新たに搭載されております。

3Dカメラ技術

また、COACH 14には、3Dの静止画および動画記録を可能とするデュアルセンサーの対応およびHDMI1.4端子から3Dテレビに直接接続できる機能を搭載しており、3Dカメラのシステムコストが抑えられます。

ゾーラン社のCOACH プロセッサは、 カシオ、富士フイルム、GE、コダック、ニコン、オリンパス、ペンタックス、サムスン、ソニー、Vivitarをはじめ 世界有数の カメラメーカーのデジタルカメラおよびビデオカメラに使用されております。

COACH 14 デジタルカメラプラットフォーム

COACH 14 の開発プラットフォームとして、製造メーカーにて差別化した製品を短期間で市場に投入するために要求される、フレキシブルなソフトウェアアーキテクチャ、必要なハードウェアおよびミドルウェアを提供しております。

- フルハイビジョン、マルチストリームのH.264圧縮に対応した、進化したビデオエンジン。
- 複雑なソフトウェアアプリケーションも容易に実行可能とするマルチCPU-DSPアーキテクチャ。
- 最先端、最高の画像処理パイプラインにより、暗部や動きの激しい被写体などの難しいシーンに関して、各社センサーやレンズ使用した場合でも最高の画像や映像を提供。
- MCTF(Motion Compensated Temporal Filter)により、被写体の動きによるボケを解消する一方でノイズを減らし低輝度での性能を向上。
- どんな歪みも補正するレンズ歪み補正機能。
- ハードウェアグラフィックアクセラレータにより、タッチパネルで必要とされる高度なUIを実現可能。

現在COACH 14 は、数社のデジタルカメラ製造メーカーにて2012年第1四半期に生産予定の複数カメラモデルへ搭載される予定です。

ゾーラン社について

ゾーラン社(本社カリフォルニア州サニーベール)は、デジタルエンターテインメント及びデジタルイメージング市場におけるデジタルソリューションのトッププロバイダーです。過去20年以上にわたりデジタル信号処理技術の開発と提供のノウハウを蓄積し、高性能のデジタルオーディオ・ビデオ、イメージングアプリケーション、デジタルホーム向けのConnect Share Entertain(TM)技術をリードしてきました。優れた集積技術により、OEM取引企業各社に対し、各世代製品の機能強化、システムコストの削減、市場投入期間の短縮化など大きなメリットを提供しています。ゾーラン社製品を採用した デジタルテレビ、 セットトップボックス、ブロードバンド受信機(シリコンチューナー)、DVDプレーヤー、デジタルカメラ、プリンター複合機は高い評価を受けており、世界中の数億の家庭やオフィスで使われています。米国本社の他、中国、フランス、ドイツ、インド、イスラエル、日本、韓国、台湾、英国 に拠点があります。 問い合わせは www.zoran.com リンク または+1-408-523-6500までお願いします。

ゾーラン、ゾーラン社のロゴ、およびCOACHは、米国内外のゾーラン社や子会社の商標あるいは登録商標です。その他の名称およびブランドは、その他企業が商標として所有している場合があります。

問い合わせ先
Betty Watkins
Zoran Corporation
+1-408-523-4373
bettyw@zoran.com

<日本国内連絡先>
ゾーランジャパン株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー12F
電話:03-5475-1051
FAX:03-5475-1053

概要:ゾーラン社

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。