logo

鈴与シンワート、B-ENG、海外法人向けERPソリューション「A.S.I.A.」(エイジア)の拡販に向けて提携

鈴与シンワート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:成岡 謹之輔、以下鈴与シンワート)は、東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石田 壽典、以下B-EN-G)が提供するグローバルERP「A.S.I.A.(エイジア、以下A.S.I.A.)」について両社にて協業し拡販を行う「ビジネスパートナー契約」を締結し、A.S.I.A.ソリューションサービス提供を開始します。

現在、日系企業の海外進出が進んでおり、今後さらにこの傾向が加速していくことが予想されています。こうした環境化において国内企業あるいは海外現地法人のお客様のシステム化要件に応えるサービスを充実させ、より多くのお客様のグローバル事業展開を支援していくために、「ビジネスパートナー契約」を締結する運びとなりました。これにより、鈴与シンワートおよびB-EN-G両社のノウハウやリソースを活用した品質の高いサービスフレームを構築することが可能となります。

会計システムをはじめとしたグローバルERPは、海外製ERPによるシステム統合がスタンダードであるものの、「初期構築、メンテナンスや保守等」に必要なコストが比較的高額で、中堅企業にとっては導入可能な統合システムの選択肢が限られていました。また、大企業においても運用コストの負担が大きな課題となっています。
B-EN-Gの国産グローバル対応ERP「A.S.I.A.」は、低コストで導入可能なソリューションとしてこのようなお客様ニーズに対応し、コスト面のみならず「多言語」「多通貨」「多基準」に加え、IFRS(国際財務報告基準)への対応など海外拠点で幅広く利用していただくための充実した機能を有しています。また、複数の海外法人をひとつの統合データベースで一元管理可能なため、グローバルレベルでの情報共有が可能です。

鈴与シンワートは、15年以上にわたり国内企業向けに会計ソリューション提供を行っており、現在250社以上の企業様への導入実績を有しています。当社ではこのような実績ある取り組みとノウハウを活用し、A.S.I.A.のシステム導入コンサルティングおよびシステム構築から、それらの運用保守サポートまでトータルなサービス提供を行います。また、自社データセンター「S-Port」保有の強みを活かし、クラウド環境を活用した独自のサービスを提供することが可能です。

■■サービス概要
・導入コンサルティングサービスでは、A.S.I.A.の豊富なアプリケーション機能を最大限に活用し、全社最適と個別最適を両立するシステム設計を行います。また、システム構築に加え、本番稼動後のシステム運用、保守サポートまで、お客様ニーズに対応するトータルなソリューションサービスを提供します。
・自社所有のデータセンター「S-Port」を利用することにより、高セキュリティなファシリティとクラウド技術を活用した最新のプラットフォームによる安全で安定したシステム稼動を実現します。

■■販売目標
今後5年間で、40社の導入を目指します。

用語解説

■■A.S.I.A. について
「A.S.I.A.(エイジア)」は、日本企業の商習慣に立脚しながら、グローバルでの経営管理をサポー 
 トする日本発のグローバルERPパッケージです。
世界各地で稼動する為に必要となる多言語、多通貨、多拠点機能を持ち、会計から販売、購買、在庫といった幅広い業務に対応する多彩な機能モジュールを備えています。カンパニー別やビジネスユニット別などでの業績管理にも対応し、日本本社から海外拠点の状況をリアルタイムに把握できるため、グローバルグループ経営のための強力なインフラとして活用する事が可能です。
A.S.I.A.は、海外法人では必須要件となっているIFRS(国際財務報告基準)対応など、豊富で汎用的な機能を有しており、財務会計のみならず管理会計レベルでの情報もタイムリーに活用することが可能です。これにより、業務効率化と共にスピーディーな経営判断をサポートします。
A.S.I.A.は、1996年のVer.1.0販売開始から、日本をはじめとするアジア各国の様々なお客様に導入され、世界16の国と地域の250法人、2600ユーザーにご利用頂いています。
A.S.I.A.(エイジア)についての詳細はリンクをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。