logo

モバイルディスプレイとタッチスクリーン

タッチコントローラ、接触技術、高度触覚技術、次世代ディスプレイ

モバイルデバイスのタッチ画面は、AppleのiPhoneのようなアイコン的な携帯電話の魅力や、AppleのiPadやブラックベリーのプレイブックなどのメディアタブレットの登場によって、再びの活況を呈してきた。デバイス機能の増加に伴う、より直感的なインターフェースとパーソナライズオプションの要望の高まりや、タッチコンポーネントとパネルのASPの低下などの様々な要因に促進されて、モバイルデバイスへのタッチスクリーンの普及は進んでいるが、デバイスセグメントやタッチ技術、スクリーン技術、または地域毎によって普及率は異なるだろう。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「モバイルディスプレイとタッチスクリーン」は、携帯電話、スマートフォン、電子書籍、ウルトラモバイルデバイスなどのタッチスクリーン技術の利用について調査している。デバイスセグメント毎や地域毎のタッチスクリーンの普及率予測や、電磁誘導授受方式、抵抗膜方式と静電容量結合方式、赤外線型などの様々なタッチスクリーン技術の利用、それぞれのタッチスクリーンの特徴や長所と短所の分析、OEM技術の選択傾向について記載している


【調査レポート】
モバイルディスプレイとタッチスクリーン:タッチコントローラ、接触技術、高度触覚技術、次世代ディスプレイ
Mobile Displays and Touchscreens
Touch Controllers, Touch Technologies, Advanced Haptics, and Next Generation Displays
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。