logo

ペットの大事な情報をオンラインで管理。あなたの大切なペットを守ります!ペットを守る業界初の仕組み『ペットセーフティサポート』が8月23日スタート。

合同会社B&H 2011年08月23日 15時00分
From DreamNews

事故や急病など飼い主の万が一の事態にも対応できる、業界初の仕組みである『ペットセーフティサポート』は、事前にオンライン(リンク)に登録したペット・飼い主情報とPetSSカードの組み合わせにより、3つの機能を提供します。

1、飼い主の事故や急病時、ペットの迷子の時でも『ペットの身元を特定します』
 ペットの迷子だけなく、飼い主に万が一の事態が起きた場合にも対応できるものであり、
 飼い主と離ればなれになるリスクへの備えが向上します。

2、残されたペットの身寄りがなくならないように『身寄りの方へ連絡します』
 ペットを家族同然に大切にする傾向が高まる中で、ペットを他人に託す際には、
 安心して任せたいという飼い主のニーズに対応します。

3、ペットが引き続き健康な生活を送るために『ペットの詳細情報を預け先の人に提供します』
 ペットの情報や非常時の連絡先をオンラインに保管する方式により、飼い主がいない場合でも、
 必要なときに必要な人と、生活様式や健康状態など、登録した情報を共有することが可能です。




『ペットセーフティサポート』は、8月23日から、会員登録(犬および猫の飼い主が対象)と2つの機能の利用を開始します。
できるだけ多くの飼い主に利用していただくため、登録および2つの機能は「無料」で利用できます。(9月初旬に有料機能を1つ追加する予定です。)

9月初旬開始予定の有料新機能の年会費は、会員及び専用アカウントのTwitter・Facebookページにて、アンケートの上、決定いたします。

■ Twitter     : リンク
■ Facebookページ : リンク


東日本大震災では、飼い主と離ればなれになった多くのペットが発生しました。(宮城県だけで数千匹にも及びます。)大規模災害に限らず、飼い主の事故や急病、ペットの迷子など、ペットと飼い主が離ればなれになるリスクは日常生活の中にも存在し、飼い主の分からない身元不明のペットが存在する限り、依然社会問題となっている「ペットの殺処分」は、これからも続いていくものと思われます。
 
このような悲劇からペットを守りたい、という思いから生まれたのが『ペットセーフティサポート』です。
今後は、登録対象となるペットの種類を増やすとともに、会員向けの各種サービスを追加しながら、開始後3年間で、登録会員数100万人を目指し、飼い主とペットの万が一への備えとして、広く普及させていきます。


【合同会社B&Hについて】
社名 :合同会社B&H
所在地 :東京都目黒区中目黒3-1-9-1F
代表者 :代表 黒田 越王
URL :リンク ※運営店舗URL(ペットホテル@B)
設立 :2010年2月
事業 :ペットホテル運営

【apple seeds株式会社について】
社名 :apple seeds株式会社
所在地 :東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
代表者 :代表取締役 東郷 真理子
URL :リンク
設立 :2009年7月
事業 :マーケティング事業

【本リリースについてお問い合わせ】
合同会社B&H(担当:黒田)e-mail :info@at-b.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。