logo

水澤化学工業様が富士通のクラウドサービスで基幹システムを稼働

~「持たざる経営」を支えるパブリック型クラウドサービスFujitsu Global Cloud Platform 「FGCP/S5」~

活性白土製造で世界トップ3に入る水澤化学工業株式会社(本社:中央区日本橋本町、代表取締役社長:澤田宏)様は、株式会社富士通マーケティング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:古川章、以下、FJM)と株式会社富士通システムソリューションズ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:杉本隆治、以下、Fsol)と共同で、同社の販売物流・資材購買システムを担う新基幹システムを、富士通のパブリック型クラウドサービスFujitsu Global Cloud Platform 「FGCP/S5」(注1)で構築し、8月22日より運用を開始します。

水澤化学工業様は、本サービスの活用により、BCP(事業継続計画)に基づく基幹システムのクラウド化と、「持たざる経営」によるコアコンピタンス業務への集中を実現しました。さらに、システムリソースのスリム化と運用負荷の低減により、今後5年間で約2割のコスト削減を見込んでいます。


 FJMおよびFsolは、今回の水澤化学工業様のクラウド事例を、中堅規模のお客様の基幹システムでのクラウドモデルとしてサービス化し、積極的にビジネスを推進していきます。


 水澤化学工業様は、1937(昭和12)年に武田薬品工業様の出資で誕生し、他社に先駆けて活性白土製造を開始されました。これまで同社は基幹システムを独自開発し、各事業部門の担当者が自社で運用を担当してきましたが、システムの保守・運用負荷の増大や事業継続などの課題も顕在化してきました。これらの課題を解決するために、FJM、Fsolとの共同プロジェクトを昨年秋より発足させ、クラウド基盤の活用を基本方針として取り組みを進めてきました。今回、基幹業務システムを正確かつスムーズにクラウド環境へ移行し、ハードウェアの保守・運用コストの軽減と、「持たざる経営」による本業への特化を実現しています。



┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■│「持たざる経営」を実現する新ICT基盤のポイント
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.BCPに基づく基幹システムのクラウド化

 ・富士通の「FGCP/S5」と専用回線により、セキュアなシステム環境を構築
 ・データの二重化により安定的かつ信頼性の高い運用を実現


2.システムリソースのスリム化

 ・機器の集約化(サーバ50%削減)
 ・従量課金制による低コストで柔軟性の高いシステム


3.運用負荷を軽減

 ・クラウド化によりハードウェアの保守・運用負荷を軽減し、本業へ特化


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■│システム移行のポイント
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.富士通の豊富なノウハウと高い技術力により短期間で移行
システム移行にはDBエンジン変更(Oracle⇒SQL Server)が必須となり、Fsolのコンバータ適用によるアプリ資産の修正(約1,500本)を実施。富士通の豊富なノウハウ、技術力を活かした総合力で、5ヵ月の短期間で移行を完了しました。


2.最新情報の共有化と拡張性の高いシステム
トランザクションレプリケーション(注2)の適用により、システム間のリアルタイムなデータ連携が可能になり、エンドユーザーへの利便性向上と、運用管理面での省力化が期待できます。また将来の事業拡大を見据え、段階的な拡張可能な柔軟性の高いシステムを実現しています。


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■│水澤化学工業株式会社取締役 丹呉長之輔様のコメント
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回、「持たざる経営」をさらに推進するために、富士通のパブリック型クラウドサービスFujitsu Global Cloud Platform 「FGCP/S5」を活用した基幹システムの構築を決定しました。国内のデータセンターと専用回線により、BCPの観点からも信頼・安心できる高セキュリティなクラウド環境を構築。さらに、システムリソースのスリム化と運用負荷の低減により、今後5年間で約2割のコスト削減を見込んでいます。


 今後は、システムの安定的な運用に加え、富士通グループの総合力により、さらにハイレベルな提案を期待しています。


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■│主なシステム構成製品
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ・富士通パブリック型クラウドサービス Fujitsu Global Cloud Platform 「FGCP/S5」
 ・富士通NetCOBOL、ListWORKS、MS-SQLServer2008R2
 ・PCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」EDI兼災害対策サーバ
 ・ネットワーク「FENICSビジネスVPNサービス」



┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■│関連Webサイト
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・水澤化学工業様ホームページ
  リンク

 ・「富士通クラウドサービス」ご紹介サイト
  リンク


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■│商標について
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■│本件に関するお問い合わせ
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社富士通マーケティング
広報部
電話: 03-5804-8110(直通)
E-mail:fjm-kouhou@cs.jp.fujitsu.com


(株)富士通システムソリューションズ
 経営企画室 広報グループ 浅野、鈴木
 電話: 03-5977-7852
 お問合せフォーム:リンク



┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■│お客様お問い合わせ先
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社富士通マーケティング マーケティングセンター
電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)


株式会社富士通システムソリューションズ ITソリューション本部 土山
電話: 03-5977-5357

このプレスリリースの付帯情報

システム構成図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

注1 Fujitsu Global Cloud Platform 「FGCP/S5」:
富士通のIaaSであるオンデマンド仮想システムサービスは、仮想化技術を用い、富士通データセンター内に設置されている大規模リソース上に、お客様専用の仮想システム環境を作成してご提供するサービス。


注2 トランザクションレプリケーション:
マイクロソフト社「SQL Server」で提供されているデータベースのリアルタイム複写機能。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。