logo

MAC OS X が北米の主要な開発環境でLinux を上回る/ エバンス・データの最新調査で明らかに

2011 年8 月8 日、サンタクルーズ、カリフォルニア- エバンス・データの最新の北米開発調査によると、

2011 年8 月8 日、サンタクルーズ、カリフォルニア- エバンス・データの最新の北米開発調査によると、北米の開発環境で、MAC のオペレーティングシステム(MAC OS X)の人気が主要な開発プラットホームとてLinux を上回った。とはいえ、Windows は現在も一番人気のあるOS(統合開発環境:IDE)として圧倒的な支持を得ている(80%)。Mac OS が2 番目(7.9%)。Linux は3 番目に落ちた(5.6%)。

「Apple は革新的なテクノロジーと製品で、ここ2、3年驚異的に伸びました。」「そのため、開発者がMACとそのOS を開発環境に採用することは、大変合理的なことです。Linux がここ数年の伸び悩みから輝きを失っている間、Windows は現在も王者のままで、開発者は明らかにアップル製品に魅力を感じています。」とエバンス・データのCEO、Janel Garvin は述べました。


MAC OS X(BSD 系統)は、開発ターゲットとしてLinux に取って代わったわけではなく、Linux は今も主要な開発ターゲット(開発環境)です。


この北米開発調査は、2011 年6 月に400 名以上のソフトウェア開発者への総合的な調査です。


その他のハイライト:


---ソフトウェア開発者は、「モバイル」と「クラウド」の開発がこれからの3 年間で最も重要になり、そして「オープン・ソース」、「プラグイン・アーキテクチャー」がこれらにつづくと考えています。


---Adobe’s BlazeDS は北米の3 分の1 以上の開発者が利用しているか、利用意向があり好評です。


---北米ソフトウェア開発者の半分程度(47.3%)がJava ME を利用しているか、利用意向があります。


エバンスデータの北米開発調査は、グローバル開発調査シリーズの一部として、年2 回発行されます。言語、プラットホームの採用、モバイル開発、クラウド開発、SOA、データベース開発、その他技術の採用など広範囲に渡る調査を行います。


アヴァンテは米国 Evans Data 社の日本国内の販売代理店です。
調査データを利用し、クラウドやモバイル開発に関するコンサルティングサービスを行っています。


株式会社アヴァンテ
東京都千代田区東神田1-7-2 弥助第三ビル4 階
電話番号03-5835-4650
FAX 番号03-3865-1678
担当渡部美香info@aventer.net
URL :リンク

関連情報
http://www.aventer.net
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。