logo

【SSK調査レポート販売】「2011年「M2M(エムツーエム)」ビジネス実態総調査」

No.R02G0066
『2011年「M2M(エムツーエム)」ビジネス実態総調査』
リンク


~「M2M」主要プレイヤー(9社)の取り組み最前線(最新ビジネスの実態)/用途・適用分野別関連市場規模算出(実態市場規模、潜在市場規模)/将来予測(今後5年後までの市場規模推移・予測)~


出版日 2011年5月
価格
99,750円(税込)(CD-ROMタイプ)
99,750円(税込)(印刷タイプ)
149,625円(税込)(印刷+CD-ROM)
ページ数 A4判 163ページ
発行<調査・編集> (株)ESP総研


■概要■
 東日本大震災から、既に2カ月が経過したが、そういった中で「M2M(エムツーエム)」市場は着実に市場拡大しつつある。最新の「M2M(エムツーエム)」ビジネスが実態的にどの程度進み、短期的かつ長期的に見てどういった分野(セグメント)でどの程度の市場(規模)が見込めるのか?時間軸別に市場浸透ロードマップを客観的にチェックし、「M2M(エムツーエム)」先端&有望ビジネス・シーズの「セグメント&ビジネスモデル別 有望度評価」「セグメント&ビジネスモデル別(実態/潜在)市場規模」を定点観測しながら多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰することが継続的に求められている。


■詳細目次は下記「リンク先」URLよりご覧ください。
リンク


■ポイント■
<1>調査対象リスト一覧 編
 ・調査対象プレイヤーの抽出方法:「M2M(ビジネス)」プレイヤーは?
 ・「M2M」「通信モジュール」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(80社/部門)


<2>総括 編 ⇒ 総括(結論)
(「M2M」ビジネスの現状分析とコンサルティング)
 ・「M2M(ビジネス)」の定義範囲について
 ・市場概況(結論)×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシナリオ予測
 ・当該売上額(TOTAL)推移(2009年度~2013年度)の換算/ビジネスモデル別 当該売上額推移(2009年度~2013年度)の換算
 ・「M2M」(ビジネス)の当該市場規模(感)
 ・ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビジネスモデル別構成比率(%)の変化・シナリオ
 ・「M2M(ビジネス)」の市場占有率<シェア>(2010年度:見込)
    ならびに当該売上ランキング(2010年度:見込)
 ・「通信モジュール販売」の市場占有率<販売シェア>
 【NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム 4社 比較】
  /「通信モジュール販売」の今までの増減推移(2011年3月時点)から
「通信モジュール販売」の今後の増減推移ならびに累計販売数を予測(5カ年:2009年度~2013年度)
 ・「M2M(ビジネス)」の競合認識、参入プレイヤー数認識
 ・「M2M(ビジネス)」シーズ別
『<ハードウェア販売(通信モジュールの販売など)、ソフトウェア・ミドルウェアの販売(ライセンス販売)、ソフトウェアの開発(受託開発含む)、ソリューション・SI、通信サービス(回線利用料収入)、ASPサービス提供』(平均販売実績)価格帯×当該売上(2010年度 見込)相関クロス
 ・「M2M(ビジネス)」×「適用分野」「販売ターゲット」(現状)コンサルティング/「適用分野」別  合計点数(裏付け)検証 有望度
(全体)×実績(多少)クロス MAP/適用分野、販売ターゲット<現状>
×俯瞰図≪43セグメント別×分類≫/「M2M(ビジネス)」
実態市場規模推移「2009年度⇒2010年度⇒2013年度」
<適用分野×主要セグメント別>/「M2M(ビジネス)」潜在市場規模推移
<適用分野×主要セグメント別>/「個票要約(9社)分析」 ×「適用分野」
別比率シェア調査結果
 ・「技術クロス分布」
 ・「ビジネスモデル」集計&分析
 ・「販売チャネル」(ゼロ段階:直販モデル/1段階以上:間接販売モデル/全体俯瞰)
 ・「重点戦略(直接的/間接的)」×「抽出重複件数(多い/少ない)」
 ・開始時期×当該単年売上規模(2010年度 見込)の相関(XY軸)統計/
当該単年売上規模(2010年度 見込)の相関(XY軸)マッピング
 ・導入実績(累計数量ベース)×金額ベース(当該単年売上:2010年度
見込)から言えること/当該単年売上:2010年度 見込)の相関統計
 ・前年比伸長率から見えてくる当該市場概況
<前年比伸長率×コメント・キーワード×当該単年売上規模 クロス>
 ・(今後の数値)目標(数量ベース、金額ベース)×当該売上規模(2010年度 見込)クロス
 ・今後の売上計画×当該売上規模(2010年度 見込)クロス
 ・「個票分析」×「市場拡大要因」&「市場阻害要因」分析
 ・「個票分析」×「ユーザー事例」分析
 ・「個票要約分析」×「今後の方向性」×全体傾向(数値統計)
 ・イノベーション・ポイント×「M2M」によって近未来シーンとして
(1)コスト・カネ・料金周り<6キーワード>、
(2)障害回避・リスクヘッジ<11キーワード>、
(3)合理化・効率化・自動化・制御・便利・省人化・見える化<13キーワード>、
(4)人の意識(無意識化)など<6キーワード>、
(5)環境改善・快適さ・付加価値増大・品質UP<4キーワード>、
(6)繋ぐ・繋がる・載る<5キーワード>
 ・「M2M」ビジネス 主要ベンダ×当該売上予測
(2009年度~2013年度:5カ年)推移×ビジネスモデルMAP 一覧
 ・「M2M」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標一覧
 ・「M2M(ビジネス)」×適用分野 マトリックス一覧
 ・「M2M」ビジネス×実態調査結果・マトリックス<企業別×調査項目別>


<3>個票要約 編(訪問調査中心)
1.当該主要8社の戦略ケーススタディを深堀ヒアリング&レポート
2.KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムにおける「通信モジュール」実績も参考情報として、調査&添付
 ・「M2M」関連/中核プロダクツ(製品)&ソリューション(SI)&
サービス概要(具体的なメニュー内容や料金体系:平均導入実績価格
<実績ベースを中心に>など)
 ・適用分野・対象エリア(エリア・分野、業種・業務)<比率シェアなど>
 ・主要技術(技術別×適用分野・エリア、業種・業務 別)<比率シェアなど>
 ・ビジネスモデル・販売チャネル<比率シェアなど>
<1>ビジネスモデル
<2>販売チャネル
 ・重点戦略・販売ターゲット<比率シェアなど>
 ・当該市場規模(感)/当該売上計画(2009年度~2013年度)
 ・市場拡大要因/市場阻害要因(M2M)
 ・ユーザー事例/競合&当該プレイヤー数(合計)認識
(具体的な競合認識プレイヤー名、当該参入プレイヤー数 合計認識)
<1>2009年度(実績)
<2>2010年度(見込)※グラフ・図


■調査対象■
Web上にて「M2M」「通信モジュール」と言及している事業者(プレイヤー)<80社・団体>すべてにアプローチし、取材依頼を行った。その結果、累計9社(取材依頼企業全体の11.3%)が深堀取材OKを出した。

■調査方法■
ESP総研専門調査員による訪問取材、電話取材並びにメールによる追加的な情報収集、ESP総研内データベースの活用により調査・分析を行った(主は訪問取材であった)。

■調査&レポート期間■
2010年11月16日(取材依頼開始)~2011年5月10日まで深堀調査
(訪問取材、電話にてフォロー取材)を実施した。その後レポーティング(集計&分析)を実施し、2011年5月17日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。


■お申込み方法■
下記「リンク先」URLよりお申込みください。
リンク


■販売・お問合わせ先■
株式会社 新社会システム総合研究所
105-0003東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
TEL 03-5532-8850
E-mail nbd@ssk21.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆SSK調査レポート販売 関連レポートご案内◆
詳細内容は、下記「リンク先」URLよりご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「国内移動体通信ネットワークインフラ市場2011年~2015年の予測アップデート」
リンク
------------------------------------------------------------
■「アジア太平洋地域の地理情報システム(GIS)2010-2014(英語版)」
リンク
------------------------------------------------------------
■「アジア各国のモバイルキャリア分析(英語版)」
リンク
------------------------------------------------------------
■「東日本スマートフォン電波状況実測調査」
リンク
------------------------------------------------------------
■「モバイル端末普及動向調査」
リンク
------------------------------------------------------------
■「人体通信の最新動向と応用展開」
リンク
------------------------------------------------------------
■「2011年版 携帯電話販売代理店・全国/地域別流通の現状及び将来動向」
リンク
------------------------------------------------------------
■「オーストラリア-モバイルブロードバンド市場(英語版)」
リンク
------------------------------------------------------------
■「Worldwide Smartphone 2011-2015 Forecast
                 Update June 2011(英語版)」
リンク
------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。