logo

【SSK調査レポート販売】「テレワーク・在宅勤務関連ソリューション市場の最新動向と将来展望」

No.R02K0451
『テレワーク・在宅勤務関連ソリューション市場の最新動向と将来展望』
リンク


出版日 2011年7月
価格 147,000円(税込)(印刷タイプ)
ページ数 A4判 193ページ
発行<調査・編集> (株)シード・プランニング


■ポイント■
<テレワーク・在宅勤務の最新動向と関連ソリューションの市場規模予測(2015年)>
2010年のテレワーク関連ソリューション市場は115億円と推定。2011年、12年は前年比120%~130%弱成長する。2013年以降は年率105%前後の伸びとなり、2015年には203億円の市場となると見込まれる。


<参入事業者のサービス概要、震災対応、停電対応と復興支援>
参入事業者25社について調査を行い個票を掲載。
また、大震災後の問い合わせの増減、今後のビジネス展開などを緊急アンケート


<導入事業者の利用動向と促進要因、阻害要因>
[テレワーク導入の課題]
勤務制度の未整備/ワークフロー等の電子化の未整備/情報の漏洩/
職場の関係者の反対/テレワーカーの不安/社員の不公平感/住宅事情・・・


<関連市場の動向と影響>
ビデオ会議国内市場/Web会議国内市場/音声会議国内市場/
クラウドコンピューティング/会社企業数の推移/
クラウドとユニファイドコミュニケーションの動向 などの参考データを掲載。


■概要■
・事業者の利用動向と促進要因、阻害要因
・関連市場の動向と影響 ビデオ会議/Web会議、SaaS、
  ユニファイドコミュニケーション、クラウドビジネス、住宅設備 等


 近年、子育て・介護支援、女性や障害者の雇用支援、生産性の向上等のため、働く人がオフィスに集合して業務をするのではなく、自宅または自宅付近のサテライトオフィスで仕事をする「テレワーク」の普及が、国として取り組まれるとともに、一部の企業で導入されています。
 東日本大震災の影響により、計画停電や節電、交通機関の混乱等の理由により、以前からテレワーク導入を検討していた企業を中心に、「テレワーク」の導入が増加すると考えられています。現在、企業のテレワーク導入にむけた問い合わせが「テレワーク相談センター」や各ソリューションベンダー等へ急増しています。この動きは、BCP(事業継続計画)の一環とともに、今後の景気動向をにらんだコスト削減意向も背景にあるようです。
 国内では、ブロードバンドの普及、映像を活用したコミュニケーションツールやセキュリティツールの進化により、テレワーク関連ソリューションは整っています。しかし、「テレワーク」の導入はコストやセキュリティ面でハードルが高そうというイメージから、導入したくても足踏みする企業はまだまだ多い状態です。本調査資料は、現在のテレワーク関連ソリューションを整理・分類することで、企業の規模や用途にあった導入しやすいシステムを紹介するとともに、市場規模や将来予測、課題抽出をすることにより、参入各社がテレワーク市場を俯瞰し、今後の普及に向けての参考資料となることを目的としています。


-CONTENTS-
<1>総括
テレワーク・在宅勤務関連ソリューションの市場動向まとめ


<2>調査結果
1.テレワーク関連ソリューションについて
(1)テレワーク関連のソリューションの定義
(2)ソリューションの分類について
2.テレワーク関連ソリューションの導入効果と課題
(1)期待される導入効果
(2)導入における課題と解決
3.事業者ヒアリングによる市場動向
4.国内テレワークソリューションの市場規模推計2010年~2015年
(1)市場規模推計の前提と範囲
(2)市場規模推計2010年~2015年
(3)企業の規模別テレワークソリューションの導入傾向
5.参入事業者各社のサービス分類
6.テレワーク対応住宅について
7.参入事業者の東日本大震災対応、復興支援


<3>企業動向
1.企業動向掲載リスト
2.企業個票
(1)CSK Winテクノロジ
(2)Google Inc.
(3)NTTアイティ
(4)NTTコミュニケーションズ
(5)NTTソフトウェア
(6)コクヨファニチャー
(7)コニカミノルタビズコム
(8)シトリックス・システム・ジャパン
(9)ソフトイーサ
(10)パナソニック ソリューションテクノロジー
(11)ブックマークス
(12)ホロンテクノロジー
(13)ライフネス
(14)沖電気工業
(15)三技協
(16)大和ハウス工業
(17)東洋システム開発
(18)日本マイクロソフト
(19)日本アバイア
(20)日本IBM
(21)日本ユニシス
(22)日本リージャス
(23)日本電気
(24)日立ソリューションズ
(25)富士通ワイエフシー


<4>テレワークについて
1.テレワーク人口の拡大と政府の取組
(1)テレワーク推進のロードマップ
(2)総務省のテレワークシステム実証実験
(3)テレワークセンター実証実験(平成21年度国土交通省)
2.海外におけるテレワークの現状
(1)米国
(2)ヨーロッパ
(3)韓国
3.企業におけるテレワーク導入の最近の動向と事例
(1)企業におけるテレワーク導入の実態
(2)テレワークの実施の目的と課題
(3)テレワーク企業導入事例:NTTデータ
(4)震災以降の新たな動き
4.テレワーク関連市場の拡大と今後の課題
(1)市場セグメント
(2)グリーンテレワークの市場形成の方向性と課題
5.市場形成・拡大の方向性と課題


<5>参考データ
1.映像コミュニケーション市場規模動向
(1)ビデオ会議国内市場
(2)Web会議国内市場
(3)音声会議国内市場
2.クラウドコンピューティング
3.会社企業数の推移
4.クラウドとユニファイドコミュニケーションの動向


■お申込み方法■
下記「リンク先」URLよりお申込みください。
リンク


■販売・お問合わせ先■
株式会社 新社会システム総合研究所
105-0003東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
TEL 03-5532-8850
E-mail nbd@ssk21.co.jp


■SSK調査レポート販売 関連レポートご案内■
詳細内容は、下記「リンク先」URLよりご覧ください。
------------------------------------------------------------
「2011年 国内クラウドサービス市場 需要動向調査」
リンク
------------------------------------------------------------
「国内広域イーサネットおよびIPベースVPNサービス市場
2010年の分析と2011年~2015年の予測」
リンク
------------------------------------------------------------
「国内レイヤー4-7スイッチ市場
2010年の分析と2011年~2015年の予測」
リンク
------------------------------------------------------------
「国内WANアプリケーション配信市場
2010年の分析と2011年~2015年の予測」
リンク
------------------------------------------------------------
「Vietnam Datacenter Services 2011-2015
Market Analysis and Forecast(英語版)」
リンク
------------------------------------------------------------
「2011 クラウドストレージの最新動向」
リンク
------------------------------------------------------------
「2011年 国内マネージドサービス市場 企業ユーザー調査」
リンク
------------------------------------------------------------
「国内イーサネットスイッチ市場 2010年の分析と2011年
~2015年の予測:東日本大震災による影響を考慮」
リンク
------------------------------------------------------------
「インド-通信、モバイル、ブロードバンド市場将来予測(英語版)」
リンク
------------------------------------------------------------
「中国-通信、モバイル、ブロードバンド市場将来予測(英語版)」
リンク
------------------------------------------------------------
「U.S. Consumer Fixed Broadband Services
2011-2015 Forecast(英語版)」
リンク
------------------------------------------------------------
「国内クラウドサービス市場 2011年~2015年の
予測アップデート:東日本大震災による影響を考慮」
リンク
------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。