logo

【SSK調査レポート販売】「先端的デジタル医療機器市場の将来動向」

No.R03Z0132
『先端的デジタル医療機器市場の将来動向』
リンク


医療画像診断機器、医療診断機器ならびに医療分析装置製品に関する市場の現状と
動向を合計95社を詳細に調査、その結果を多面にわたって明らかにする報告書。


出版日 2011年6月
価格
$1,495(税別)(印刷タイプ(日本語版))
$1,495(税別)(印刷タイプ(英語版))
$2,295(税別)(PDF部門内使用可(日本語版))
$2,295(税別)(PDF部門内使用可(英語版))
$3,495(税別)(PDF会社内使用可(日本語版))
$3,495(税別)(PDF会社内使用可(英語版))
ページ数 165ページ
発行<調査・編集> Fuji-Keizai USA Inc.
備考:※お申込時のドル円為替レートを採用致します。


■概要■
 2008年後半以降、経済後退が続き、設備投資が鈍化したものの、再び医療機器市場は順調な成長が期待されている。2010年には米国と欧州における先端的デジタル医療機器市場の全体売上高は363億ドルに達し、2015年に向けて順調なペースで成長する見通しである。
 最も急成長すると思われるのは医療分析装置セグメントである。このセグメントでは、大量のサンプルを迅速に処理できる新しい自動分析装置にメディカルセンターが投資を行う傾向が続くと期待されている。
 本報告書は、先端デジタル医療機器市場における3分野、すなわち医療画像診断機器(11セグメント)、医療診断機器・生体情報モニター機器(5セグメント)、そして医療分析装置(4セグメント)に関して、合計95社を対象に詳細調査し、その結果をまとめたものである。
 特に<2>では、各分野の「製品トレンドおよび注目に値する製品とデベロッパー」、「ベンチャーキャピタルの活動」「M&A、戦略的提携、および技術提携活動」、「新しい成長市場(中国、および他のアジア諸国)向けの輸出活動」を俯瞰し、<4>においては、更に市場の現状と将来動向を追求、「セグメント別売上高推移と成長予測」、「上位メーカーの売上高とシェア」「メーカーの市場シェア」「企業の製品ポジショニングと活動」を詳細に報告している。
 本報告書の作成にあたっては、面接とディスカッション、電話によるインタビュー調査、ヘルスケア/テクニカル/ファイナンシャル・コンファレンスへの参加、などによる一次資料収集、そして2次調査の実施、という方法によって作成。マーケティング担当者、業務推進(ビジネス・デベロップメント)担当者、最高経営層、投資家、ベンチャー投資会社、コンサルタント、R&Dマネージャー、それに企業家、といった人々を念頭において作成している。150強の詳細な図表によって、戦略的提携、M&A、市場規模予測、企業活動などに関する重要なデータが御社の事業に一役を担えば幸甚である。


-CONTENTS-
<エグゼクティブ・サマリー>


<1>米国およびEUの先端医療機器製品市場サマリー
1.売上高推移と予測
 ・セグメント別の売上高推移と予測
  表:セグメント別の先端医療機器の売上高推移と予測:2010~2015年($ Million):
 ・主要メーカー別の売上高とシェア
  表:トップ28社の売上高とシェア2010年
2.次世代製品開発のロードマップ
 ・医療画像診断機器
 ・医療診断機器
 ・医療分析装置


<2>米国およびEUの先端医療機器製品業界・市場の最新動向
1.医療画像診断機器
 ・製品トレンドおよび注目に値する製品とデベロッパー
  表:製品トレンドおよび注目に値する製品とデベロッパー
 ・医療画像診断機器に導入されている他業界の技術
 ・ベンチャーキャピタルの活動
  表:医療画像診断機器市場における重要なスタートアップ企業とベンチャーキャピタル活動2008~2011年
 ・M&A、戦略的提携、および技術提携活動
 ・新しい成長市場(中国、および他のアジア諸国)向けの輸出活動
2.医療診断機器
 ・製品トレンドおよび注目に値する製品とデベロッパー
  表:製品トレンドおよび注目に値する製品デベロッパー
 ・医療診断機器に導入されている他業界の技術
 ・ベンチャーキャピタルの活動
  表:医療診断機器市場における重要なスタートアップ企業とベンチャーキャピタル活動2008~2011年
 ・M&A、戦略的提携、および技術提携活動
 ・新しい成長市場(中国、および他のアジア諸国)向けの輸出活動
3.医療分析装置
 ・製品トレンドおよび注目に値する製品とデベロッパー
  表:製品トレンドおよび注目に値する製品とデベロッパー
 ・医療分析装置に導入されている他業界の技術
 ・ベンチャーキャピタルの活動
  表:医療分析装置市場における重要なスタートアップ企業とベンチャーキャピタル活動2008~2011年
 ・M&A、戦略的提携、および技術提携活動
 ・新しい成長市場(中国、および他のアジア諸国)向けの輸出活動


<3>米国およびEUにおける先端医療機器に関する重要な政府規制
1.医療画像診断機器
2.医療診断機器
3.医療分析装置


<4>米国およびEUの先端医療機器市場
1.医療画像診断機器市場
 ・製品および技術の特徴
  表:医療画像診断機器の種類
  -CTスキャナー
  図:GE HealthcareのCT750 HD 高精細度CTスキャナー
  -MRI(磁気共鳴断層撮影)システム
  図:Fonarのアップライト型MRI
  -PET(ポジトロン断層撮影)、およびPET/CTシステム
  図:フィリップスのヘルスケアGEMINI TF Big Bore PET/CT
  -SPECT(単一光子放射断層撮影)、およびSPECT/CTシステム
  図:Philips HealthcareのBrightView SPECT
  -ガンマカメラ
  図:シーメンズ・メディカル・システムズのc.cam ガンマカメラ
  -X線システム
  図:GEヘルスケアのDefinium 5000固定デジタルX線システム
  -マンモグラフィー
  図:HologicのSeleniaデジタル・マンモグラフィー・システム
  -超音波診断システム
  図:Toshiba Medical SystemsのArtida超音波診断システム
  -OCT(光干渉断層画像撮影)システム
  図:Heidelberg EngineeringのHRT II OCTシステム
  -医療用サーモグラフィー・システム
  図:MedithermのMed2000医療用サーモグラフィー・システム
  -PACS/RIS(画像保存通信システム/放射線科情報システム)
  -その他の医療画像診断機器
  図:GE HealthcareのLunar BMDシステム
 ・ディストリビューション
 ・デジタル医療画像診断機器市場の現状と将来動向
  -市場規模推移と成長予測
  表:セグメント別の売上高推移と予測($ Million)2010~2015年
  表:セグメント別の売上高推移と予測(ユニット数)2010~2015年
  -主要な機器メーカーとシェア
  表:トップ15社の売上高とシェア 2010年
  表:CTシステムのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:MRIシステムのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:PET/CTシステムのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:SPECTおよびSPECT/CTシステムのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:ガンマカメラのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:デジタルX線システムのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:デジタル・マンモグラフィー・システムのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:超音波診断システムのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:OCTシステムのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:医療用サーモグラフィー・システムのメーカーシェア2010年と2012年
  表:PACS/RISシステムのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:その他医療画像診断システムのメーカーシェア 2010年と2012年
  -医療画像診断機器メーカー各社の製品の位置づけと活動
  表:医療画像診断機器メーカー各社の製品一覧表
 合計50社、各社には活動説明に表が追加されている(表 医療画像診断機器市場における活動状況)
【表の共通調査項目】
 ・コンタクト先
 ・URL
 ・企業形態
 ・医療画像診断機器の売上高2010
 ・リサーチャの数
 ・商品化された医療画像診断機器製品
 ・製品と技術開発
 ・今後の注目すべき医療画像診断機器製品
 ・事業成長の可能性
 ・戦略的提携とパートナー
 ・中国とアジア向け輸出活動
2.米国、およびEUの医療診断機器/生体情報モニター機器市場
 ・製品及び技術の特徴
  表:医療診断機器の種類
  -内視鏡
  図:Richard Wolfの柔軟性のない内視鏡と柔軟性のある内視鏡
  -カプセル内視鏡
  図:オリンパスのカプセル内視鏡
  -心電図(ECG)
  図:PhilipsのHewlett Packard Page Writer 200
  -パルスオキシメーター
  図:Devon MedicalのC-1 Fingertipパルスオキシメーター
  -脳波計(EEG)
  図:Caldwell LaboratoriesのEasy III EEG
  -その他の生体情報モニター機器
  図:ホルター・モニターと胎児/母体心拍数モニター
 ・流通
 ・医療診断機器市場の現状と将来動向
  -市場規模推移と成長予測
  表:セグメント別の売上高推移と予測($Million)2010~2015年
  表:セグメント別の売上高推移と予測(ユニット数)2010~2015年
  -主要な機器メーカーとシェア
  表:トップ11社の売上高とシェア2010年
  表:内視鏡のメーカーシェア 2010年と2012年
  表:カプセル内視鏡のメーカーシェア 2010年と2012年
  表:心電図のメーカーシェア 2010年と2012年
  表:パルスオキシメーターのメーカーシェア 2010年と2012年
  表:脳波計のメーカーシェア 2010年と2012年
  表:その他の生体情報モニター機器のメーカーシェア 2010年と2012年
  -医療診断機器メーカー各社の製品の位置付けと活動
  表:医療診断機器メーカー各社の製品一覧表
 合計29社、各社には活動説明に表が追加されている(表 医療診断機器市場における活動状況)
【表の共通調査項目】
 ・コンタクト先
 ・URL
 ・企業形態
 ・医療診断機器の売上高2010
 ・リサーチャの数
 ・商品化された医療診断機器製品
 ・製品と技術開発
 ・今後の注目すべき医療診断機器製品
 ・事業成長の可能性
 ・戦略的提携とパートナー
 ・中国とアジア向け輸出活動
3.米国およびEUの 医療分析装置市場
 ・製品および技術の特徴
  表:医療分析機器の種類
  -臨床用生化学分析装置
  図:Beckman CoulterのSynchron CX4 Delta生化学分析装置
  -血液分析装置
  図:RR MechatronicsのInteRRliner 血液分析装置
  -免疫検査装置
  図:AbbottのPRISM
  -尿検査装置
  図:Iris DiagnosticsのiRICELL
 ・流通
 ・医療分析装置市場の現状と将来動向
  -市場規模推移と成長予測
  表:セグメント別の売上高推移と予測($Million)2010~2015年
  表:セグメント別の売上高推移と予測(ユニット数)2010~2015年
  -主要な機器メーカーとシェア
  表:トップ8社の売上高とシェア2010年
  表:臨床用生化学分析装置のメーカーシェア2010年と2012年
  表:血液分析装置のメーカーシェア2010年と2012年
  表:免疫検査装置のメーカーシェア2010年と2012年
  表:尿検査装置のメーカーシェア2010年と2012年
  -医療分析装置メーカー各社の製品の位置付け
  表:医療分析装置メーカー各社の製品一覧表
 合計16社、各社には活動説明に表が追加されている(表 医療分析装置市場における活動状況)
【表の共通調査項目】
 ・コンタクト先
 ・URL
 ・企業形態
 ・医療分析装置の売上高2010
 ・リサーチャの数
 ・商品化された医療分析装置製品
 ・製品と技術開発
 ・今後の注目すべき医療分析装置製品
 ・事業成長の可能性
 ・戦略的提携とパートナー
 ・中国とアジア向け輸出活動


<5>重要な調査結果並びに米国とEUの先端医療機器製品市場のビジネス・チャンスに関する提言
1.市場機会(ビジネス・チャンス)
 ・医療用画像診断機器
 ・医療診断機器
 ・医療分析装置
2.成長の機会
 ・医療画像診断機器
 ・医療診断機器
 ・医療分析装置


<6>Appendix
1.報告書に記載した企業
  表:先端医療機器企業のWEBリンク一覧表

■対象医療画像診断機器■
 ・CT(コンピューター断層撮影)システム
 ・MRI(磁気共鳴断層撮影)システム
 ・PET(ポジトロン断層撮影)、およびPET/CTシステム
 ・SPECT(単一光子放射断層撮影)、およびSPECT/CTシステム
 ・ガンマカメラ
 ・デジタルX線システム
 ・デジタル・マンモグラフィー・システム
 ・超音波診断システム
 ・OCT(光干渉断層画像撮影)システム
 ・医療用サーモグラフィー・システム
 ・PAC/RIS(画像保存通信/放射線科情報システム)
 ・その他の医療画像診断機器
<メーカー50社>
Agfa Healthcare NV、Aloka/Hitachi、Analogic、Atys Medical、BMDSys GmbH、
CareStream Health、CompuMed、Dalsa Life Sciences/Teledyne、
DeJarnette Research Systems、Digirad Corporation、Esaote、eZono AG、Fonar、
Fujifilm Medical Systems Gamma Medica-Ideas、GE Healthcare、Gilardoni、
Hitachi Medical Corp.、Hologic Imaging Diagnostic Systems, Inc.、InsightMRI、
Intelerad Medical Systems、IntraMedical Imaging、Italray s.r.l.、
LightLab Imaging/St. Jude Medical、MacKay Life Sciences McKesson、
Merge Healthcare、Metaltronica S.r.l.、Millennium Technology、
Naviscan PET Systems、Philips Healthcare、Planmed Oy、Positron Corporation、
Radiologia SA RamSoft、Sectra、Sentinelle Medical/Hologic、
Shimadzu Medical Systems、Siemens Healthcare、SonoSite、Spectrasonics、
Spectrum Dynamics、Swissray International Techniscan、Terason、
Toshiba Medical Systems、Ultrasound Technologies Ltd、
Varian Medical Systems、Zonare Medical Systems

■対象医療診断機器/生体情報モニター機器■
 ・内視鏡
 ・カプセル型内視鏡
 ・ECG(心電図)機器
 ・パルス酸素濃度計
 ・EEG(脳波図)機器
 ・その他の患者モニタリング機器
<メーカー29社>
Alba Medical Systems、Biotel、Caldwell Laboratories、Cardiac Science Corp.、
CareFusion Compumedics、ConMed Linvatec、Covidien、Criticare Systems、
Devon Medical、GE Healthcare、Given Imaging、Johnson & Johnson、Karl Storz、
Massimo、Medicomp Mortara、Natus Medical、Nonin Medical、オリンパス、
ペンタックス/Hoya、Philips Healthcare、Richard Wolf、Schiller AG、
Smith & Nephew、Sorin、Spacelabs Healthcare Stryker、 Welch Allyn


■お申込み方法■
下記「リンク先」URLよりお申込みください。
リンク


■販売・お問合わせ先■
株式会社 新社会システム総合研究所
105-0003東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
TEL 03-5532-8850
E-mail nbd@ssk21.co.jp


■SSK調査レポート販売 関連レポートご案内■
詳細内容は、下記「リンク先」URLよりご覧ください。
------------------------------------------------------------
「世界の治療用ワクチン開発の最新動向と将来展望」
リンク
------------------------------------------------------------
「インドの医療情報システム2010-2014(英語版)」
リンク
------------------------------------------------------------
「食品の界面制御技術と応用」
リンク
------------------------------------------------------------
「次世代経皮吸収型製剤の開発と応用」
リンク
------------------------------------------------------------
「医薬品創薬の共同研究契約実務ガイド」
リンク
------------------------------------------------------------
「2011年版 中国における医療機器の流通体制と販売戦略」
リンク
------------------------------------------------------------
「2011年版 医薬品開発戦略シリーズ 解析編」
リンク
------------------------------------------------------------
「2011年版 欧米における患者数の動向」
リンク
------------------------------------------------------------
「高齢者・介護食市場の実態と展望」
リンク
------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。