logo

オートデスクとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが XGen技術ライセンス契約を締結

両社の協力によりCGアニメーションとVFXを実現する革新的技術をデジタルエンターテインメント制作クリエーターに提供

オートデスクとウォルト・ディズニー・ピクチャーズは、画期的なアニメーション/ビジュアル エフェクト(VFX)技術をデジタル エンターテインメント業界に提供することで合意したと発表しました。この発表は、カナダ・バンクーバーで開催中のSIGGRAPH 2011で行われました。オートデスクが5年間の独占ライセンス契約を取得したXGen Arbitrary Primitive Generator (以下、XGen)テクノロジーは、最近ではウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ(Walt Disney Animation Studios、以下WDAS)が制作した人気アニメーション映画『塔の上のラプンツェル』(Tangled)でも使用されました。

ファー、羽毛、草などをCGで制作するXGen技術は、2003年のSIGGRAPHで初めてWDASが研究論文の形で発表されました。XGenは、これまでに長編映画7本、短編映画3本とテレビ番組1本で使用され、進化と改良を重ねてきました。XGenが使用された主な作品は以下の通りです。

・『ボルト』(Bolt)-ファー、羽毛、樹木、草、岩

・『カールじいさんの空飛ぶ家』(UP)-樹木、茂み

・『トイ・ストーリー3』(Toy Story 3)-埃、破片、樹木、茂み、クローバー、花

・『カーズ2』(Cars 2)-草、樹木

WDASは、『塔の上のラプンツェル』でXGen技術を駆使し、見事に整えられたラプンツェルの金髪の束に加え、茂み、花、つる草、芝、雑草、苔、アザミ、腐葉土、落葉、小枝、岩、蝶の羽、埃、樹木といった豊かな自然の景観、さらに屋根瓦や矢羽根、ほうき、刷毛などの小道具にいたるまで、豊かな3Dアニメーションで世界を表現しました。

XGenは、サーフェイスにarbitraryプリミティブを作成できる包括的なシステムで、その多機能性、持続性、インパクトにより、業界をリードしています。XGenは、直感的な操作方法でテクノアーティスティックな技術を利用できるため、クリエーターはXGenをプリミティブ作成に適した強力で柔軟なフレームワークとして用いて、高度なアートディレクションを手掛けることができます。

XGenの誕生は、WDASの制作、ソフトウェア両チームによる共同作業にさかのぼります。ファーや毛髪を描くグルーミング ツールのように直感的に使える3Dアニメーション制作ツールを通じて、キャラクターや環境のルック アンド フィールを手軽に制作できるよう、目指したことから始まりました。このソフトウェアを最初に開発したWDASシニア開発ソフトウェアエンジニアのトム・トンプソン(Tom Thompson)氏は、現在も同社ソフトウェア部門のチーフアーキテクトを務めています。オートデスクはウォルト・ディズニー・ピクチャーズとの契約により、同技術をデジタル エンターテインメント業界に携わるクリエーターに提供できます。

WDASの最高技術責任者(CTO)であるアンディ・ヘンドリクソン(Andy Hendrickson)氏は次のように述べています。「20年前にCGを制作していたVFXクリエーターの多くは、大量のカスタムプログラミング作業など、高度なソフトウェア技術に対応できる数学者や科学者でした。また当時の既製のソフトウェアでは、現場で求められる微妙なニュアンスや情感の細部までは表現できませんでした。今日、オートデスクから提供された包括的なツールと、柔軟性と拡張性に富む開発用プラットフォームにより、私たちはXGenを効果的なアーティスティックなツールとして用い、CGを制作できます。オートデスクのカスタマイズ可能なツールセットは、VFXクリエーターが最高の仕事をする上で大いに役立ちます」

米国オートデスク社でメディア&エンターテインメント事業部の上席副社長を務めるマーク・プティ(Marc Petit)は次のように述べています。「VFX業界の大きな課題は、制作費の高騰を抑えながら、絶えずクリエイティブに進化し続けなければならない点です。ユーザがこの課題を克服できるよう、WDASを代表とする業界のリーダーと協力し、技術革新に要する時間短縮と新技術の普及を支援しています。デジタル エンターテインメント制作に関わるユーザは、業界の先駆者が構想し、制作現場で積み重ねられてきた開発技術の恩恵を享受できます」

WDASのスタジオ技術ディレクターを務めるダン・カンデラ(Dan Candela)氏は次のように述べています。「私のチームが最重要視している点は、最高のCGアニメーションを可能な限り効率よく制作するためにパイプラインを合理化することです。Autodesk(R) Maya(R)を当社のツールセットの中核に据え、100以上のプラグインとエクステンションを開発してきた結果、当社のクリエーターは、限られた時間と予算の制約の中で『塔の上のラプンツェル』という高品質な映画を世に送り出すことができました。VFX/CGアニメーション業界と当社間での技術の共有により、業界全体のクリエイティビティも向上します」

WDASは、SeExpr、Reposado、munki 、Partioの各オープンソース プロジェクトなどにより、エンターテインメント業界の数々の技術革新に貢献しました。この2年間に、オートデスクは、WDASが持つ他の2つの技術を、自社のMaya カメラシーケンサならびにPtexソフトウェアに統合しました。WDASのカメラシーケンサは、Maya 2011、3Dアニメーション ソフトウェアに導入され、プリビズとバーチャル ムービー メイキングで強力なマルチカメラ編集機能を実現しました。WDASのPtexテクスチャ マッピング システムは、Maya 2012と、3Dデジタル スカルプティングとデジタル ペインティングのソフトウェアであるAutodesk(R) Mudbox(TM) 2012 に搭載されました。Autodesk Entertainment Creation Suiteで実現されたMayaとMudbox間の1クリックの相互運用性により、Ptexでは、アーティストが高度で緻密なテクスチャ処理モデルを、より迅速かつ効率的に制作することができます。

WDASのソフトウェアチームは、自社開発技術のオープンソース化を通じて、アニメーションおよびVFX業界への貢献を続けてきました。WDASには、オープンソース ソフトウェアの利用を進化させてきた技術革新の歴史があります。また、オートデスクも業界と協力しながら、標準化を通じた生産効率向上の手段として、Ptex、Alembic、OpenEXRなどのオープンソース イニシアティブの普及拡大を支援してきました。

以上

当ニュースフラッシュに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク プレスデスク 担当:木下/野村
Email: autodesk@golinharris.com<mailto:autodesk@golinharris.com>
Tel: 03-5484-6024

Autodesk、MayaならびにMudboxは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。