logo

マクニカソリューションズ、大規模ネットワーク向けセキュリティプラットフォーム「クロスビーム X シリーズ」を販売開始

セキュリティ機器を集約し、電力消費量を50%以上削減

ネットワーク機器の輸入、開発、販売など企業のIT システムの導入から運用までを支援するマクニカソリューションズ株式会社(以下 マクニカソリューションズ、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:森重憲)は、この度、米国Crossbeam Systems, Inc.(以下、クロスビーム・システムズ、本社:米国マサチューセッツ州ボックスボロー、President&CEO:Mike Ruffolo)製の仮想ネットワークのセキュリティプラットフォーム「クロスビームX シリーズ(以下、クロスビーム)」の販売を開始したことを発表いたします。

・商品名: クロスビームXシリーズ
・モデル/ネットワークスループット: X20 5Gbps/X30 10Gbps/X60 20Gbps/X80-S 40Gbps


クロスビームは、セキュリティ専業ベンダーのソリューションを搭載する”Best-of-breed”方式を採用した、ハイパフォーマンス、高可用性を実現するセキュリティプラットフォームです。”Best-of-breed”方式とは、お客様自身が自社に最適なセキュリティ・アプリケーションを選択し、活用することができるものです。また、クロスビームでは多数のセキュリティアプライアンスを集約することができるため、電力消費量を50%以上削減するなど、TCO の大幅な削減にも貢献します。さらに、最大40Gbps のファイアウォール・スループットを発揮し、ネットワークにおいて高速処理を維持することで、お客様が安心してビジネスに集中できる環境を提供します。


マクニカソリューションズでは、クロスビーム上で動作する主なセキュリティ・アプリケーション・ベンダーのソリューションを、親会社であるマクニカネットワークス株式会社を含むマクニカネットワークスグループとして、ワンストップで販売、および技術支援を提供します。


この度の発表に伴い、クロスビーム・システムズ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 北原 真之氏は、「マクニカソリューションズと共にクロスビームを日本のお客様にご提供する機会を持てたことを極めて喜ばしいと思っております。日本における通信事業者様、電子商取引事業者様におかれましては更なる弊社製品の利用拡大を、そして、幅広い業種への拡大を目的とした販売代理店の開拓をマクニカソリューションズと共に行います。マクニカソリューションズの卓越した提案力と販売代理店政策、堅実な保守/技術サポートサービス、および、高いパフォーマンス、高い拡張性、高い可用性のあるネットワークセキュリティインフラストラクチャーを実現する弊社ソリューション、そして、クラス最高のセキュリティ・アプリケーションベンダーとの強力なパートナーシップの融合は、引き続き日本市場における継続したビジネス成長の実現を確信しております。」と述べています。


■クロスビームの特長
○お客様が各分野で最良のセキュリティ・アプリケーションを採用し、高いセキュリティレベルを実現

ますます深刻化するセキュリティの脅威に対応するためには、自社に最適なセキュリティ・アプリケーションを選択し、活用することが重要です(”Best-of-breed”方式)。
クロスビームは、1 つの筐体で複数のアプリケーションを動作させることができます。これにより、最初に次世代ファイアウォールを介して、IPS でトラフィックのルーティングを行い、さらにWeb アプリケーションファイアウォールを経由させることで、より高度なセキュリティレベルを実現します。クロスビームでは、これらのアプリケーションをお客様自身で選択することができます。


<クロスビーム上で動作する主なセキュリティ・アプリケーション>
◎次世代ファイアウォール
-チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
「Security Gateway R75」、「VPN-1® Power VSX™ R67」

-マカフィー株式会社
「McAfee® Firewall Enterprise V8」


◎IPS(侵入防止システム)
-株式会社ソースファイア
「Sourcefire 3D® Sensor」


◎Webアプリケーションファイアウォール、DB/ファイル・セキュリティ
-株式会社Imperva Japan
「Imperva SecureSphere v8.0」


■電力消費量を含む、TCO の大幅な削減
従来のセキュリティアプライアンスを追加していくセキュリティ対策では、電力消費量や設置スペースを含めた運用コストが増加する一方でした。
クロスビームでは、多数のセキュリティアプライアンスを集約することができるため、電力消費量を50%以上削減できます。また、セキュリティ機器の構成を簡素化できるため、管理負担が低くなり、運用コストを大幅に削減することができます。


■高い可用性と驚異的なパフォーマンスで、お客様のビジネス継続を支援
クロスビームは、単一障害点(シングル・ポイント・オブ・フェイラ)を排除した高可用性設計を採用しており、電源やファンはもちろん、全ての構成要素が冗長化されています。しかも、最大40Gbps のファイアウォール・スループットを発揮し、高速ネットワークに対応します。トラフィックが増加し続けるネットワークにおいて高速処理を維持し、お客様が安心してビジネスに集中できる環境を提供します。


■マクニカソリューションズの支援体制
マクニカソリューションズは、クロスビーム上で動作する主なセキュリティ・アプリケーション・ベンダーのソリューションを、親会社であるマクニカネットワークス株式会社を含むマクニカネットワークスグループとして、ワンストップで販売、および技術支援を行う体制を構築します。これにより、マクニカネットワークスグループから商品をご購入いただいたお客様には、クロスビーム・システムズ製品をプラットフォームとしたシステムの構築に際して、調達から設計、構築、運用に至るまでを、全てマクニカネットワークスグループがシングルベンダとして支援いたします。


◇クロスビーム社 会社概要
クロスビーム・システムズは、企業、サービスプロバイダー、省庁などにおけるセキュリティーサービスの設計や提供を一変させます。クロスビーム・システムズが提供するソリューションの基本となるのは、「次世代セキュリティプラットフォーム」と呼ばれる、高度な拡張性を誇るハードウエアプラットフォームです。本プラットフォームにより、顧客企業が選択したセキュリティ・アプリケーションのベスト・オブ・ブリードの組み合わせを保持しつつ、セキュリティーサービスの集約、仮想化、簡素化を促進することができます。顧客企業は、インテリジェントなリスク管理、コンプライアンス対策の促進、そして進化する脅威からビジネスを守るためにクロスビームを選択しています。クロスビーム・システムズは、米国マサチューセッツ州ボックスボローを本拠に、ヨーロッパ、アジア、そしてラテンアメリカにビジネス拠点を展開しています。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。