logo

マクニカソリューションズ、Imperva社製Webアプリケーションセキュリティ、DBセキュリティ、Fileセキュリティ「SecureSphere」を販売開

ネットワーク機器の輸入、開発、販売など企業のITシステムの導入から運用までを支援するマクニカソリューションズ株式会社(以下 マクニカソリューションズ、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:森重憲)は、この度、データ・セキュリティのリーダーであるImperva, Inc.(以下インパーバ、本社:カリフォルニア州レッドウッドシティ、社長兼CEO:シュロモ・クレーマー)製のWebアプリケーションセキュリティ、DBセキュリティ、Fileセキュリティ「SecureSphere」の販売を開始することを発表いたします。

・商品名 SecureSphere(セキュアスフィア)
・販売開始日 2011年6月6日


SecureSphereは、データ・セキュリティという視点で開発されたWebアプリケーション、データベース、ファイルを保護するセキュリティソリューションです。

サイバー攻撃など最新の脅威からのWebアプリケーション保護、データベースへのアクセス監視・監査および不正利用の防止、ファイルへのアクセス監視・監査およびユーザアクセス権限の管理などにより、機密データをハッカーや悪意ある内部者による情報漏えいから保護します。
また、最大2ギガビットまで対応可能な高パフォーマンスのハードウェアはフェイルオープン機能を備えたインライン、またはノンインライン設定が可能で、あらゆる環境にスムーズに導入することができます。


■SecureSphereの特長
<Webアプリケーションセキュリティ>
SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングなどのWebアプリケーションへの攻撃を防御します。Webアプリケーションに対するユーザの挙動を自動学習して作成されるホワイトリスト、最新のセキュリティ脅威を調査する専門家で構成されている「アプリケーションディフェンスセンター」から提供されるシグネチャとレピュテーションベースのWebセキュリティサービス「スレットレーダー」を組み合わせることで、複雑な攻撃も検知できる高精度なセキュリティを実現します。

<DBセキュリティ>
データベースに保存されている機密データを保護します。データベースへのアクセス監視・監査を自動化して、攻撃の防御や不正利用の防止、アクセス制御を行うことが可能です。また、ネットワーク上のデータベースを検出し、脆弱性検査を行うことも可能なため、セキュリティの担当者や監査の担当者は、データのセキュリティレベルを向上させ、コンプライアンス規制に対応できます。


<Fileセキュリティ>
ファイルサーバやNAS(ネットワーク接続ストレージ)デバイスに保存されている機密データを保護します。内部者によるファイルへのアクセス監視・監査を自動化して、不正利用の防止、アクセス制御を行うことが可能です。また、休眠ユーザや過剰なアクセス権限をもつユーザ、利用されていないファイルを検出し、職務上の必要性判断と不要ファイルの整理に役立ちます。


■初年度販売目標台数
70台

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事