logo

ウイングアーク、九州地区・福岡に営業所を開設 帳票・BIソリューションの展開を強化し、販売エリアを拡大

Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、2011年8月10日にウイングアーク テクノロジーズ 福岡営業所を開設することを、お知らせいたします。

これまで、ウイングアーク テクノロジーズは首都圏および大阪、名古屋の営業拠点から活動をおこない、帳票基盤ソリューション「Super Visual Formade(SVF)」およびBI・データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」を提案し、企業システムにおける情報の活用という視点から、システム構築の効率化やデータ活用による的確な意思決定を支援してまいりました。

このたび、関西および中部地域につぐ市場規模を誇る九州地区・福岡に営業拠点を開設し、より地域に密着した営業活動を展開することでお客様に信頼していただける販売体制を構築し、九州地区における販売の拡大をはかってまいります。
また、パートナー企業様とともに、九州地区におけるユーザー企業様や地域のニーズによりきめ細やかに対応できる最適なソリューション提案を実施してまいります。

<福岡営業所 概要>
営業所名:ウイングアーク テクノロジーズ 福岡営業所
所在地:〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NOF博多駅前ビル 2階
TEL:092-419-2480
業務開始日、開設日:8月10日



[ウイングアーク テクノロジーズについて] リンク
ウイングアーク テクノロジーズは、経営を支える情報システムが構築・運用する業務システムのアウトプット環境のオープン化と効率的な情報活用を実現するための、帳票およびBIのソフトウェアとサービスの販売、導入支援、保守サービスを提供しています。
1stホールディングスグループの販売主幹企業として、帳票およびBI市場のソリューションを提供しています。
・「SVF」 【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化
・「Dr.Sum EA」 【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化


[1stホールディングスについて] リンク
1stホールディングスグループは、企業システムの情報アウトプット環境に着目し、その分野に特化した独創的なテクノロジーとソフトウェア、そして人的支援サービスをご提供して、情報活用に応える情報システムの支援に取り組んでいます。
(ウイングアーク テクノロジーズ株式会社、株式会社エフ・アイ・ティ、ディジタル・ワークス株式会社、株式会社フォー・クルー、文雅科信息技術(上海)有限公司、バリオセキュア・ネットワークス株式会社および持株会社である1stホールディングス株式会社の7社は、「1stホールディングス」グループとして、グループ経営体制の構築と連携強化を推し進めております)




<本件に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 福岡営業所
 〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NOF博多駅前ビル 2階
 TEL:092-419-2480 E-mail:westsales@wingarc.co.jp


<報道関係者からのお問合せ先>
1stホールディングス株式会社 兼 ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
広報担当 小田嶋
 TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:pr@wingarc.co.jp

用語解説

■「SVF(Super Visual Formade)」について
SVFは、請求書や伝票、発注書、見積書や給与明細など、業務に必要なあらゆる帳票を、開発工数を抑え早期に開発し、運用管理の負荷軽減をはかる帳票基盤ソフトウェアです。電子化した帳票は、大量出力・Webからのクライアント印刷・PDF・メール・ FAXなど、業務用途にあった運用を早期に実現できます。
SVFの導入実績:17,000社/94,000サーバー(2011年2月現在)
日本国内帳票運用パッケージ出荷金額シェア(メーカー出荷)No.1
出所:株式会社ミック経済研究所「クラウド(SaaS)対応進むミドルウェアパッケージソフトの市場展望【運用・DB編】2010年度版」


■「Dr.Sum EA(ドクターサムイーエー)」について
Dr.Sum EAは、蓄積されるデータを、経営者から業務担当者まで全社的に幅広くデータ活用できる環境を用意し、手元のPCで自由に集計分析できる環境を提供します。使い慣れたExcelやブラウザを介して、サーバーライセン体系で全社導入を身近に実現するための国産BIソフトウェアです。
Dr.Sum EAの導入実績:3,030社/5,600サーバー(2011年2月現在)
日本国内BIツール市場シェア(出荷数量ベース) No.1
出所:株式会社富士キメラ総研 「2010 パッケージソリューション・マーケティング便覧」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。