logo

スモールセル

アウトドアピコセルとマイクロセル市場:3G/4Gソリューションの大都市圏と地方での採用

スマートフォンの成長は、モバイルデータ消費を増加させ、キャパシティの問題は非常に重要な問題になっている。ネットワークの混雑のため、データと音声の両方のユーザの利用品質は下落している。スペクトルには限度があり、その追加料金を支払うことは、コストとタイミングという理由で非実用的である。ネットワークの中でキャパシティを改善する最も効率的な方法の1つは、セルサイズを減小させて、より近くにセルサイトを置くことで、より小さいセルの緻密なネットワークを実現することである。アウトドアスモールセルとは、フェムトセルやピコセル、マイクロセルなどのことである。スモールセルの採用は、経済性があり、ネットワークにも有利点がある。この調査レポートは、スモールセルの採用における有利点と問題点を調査している。市場の状態や、今後5年間の市場の方向性、市場の促進要因と阻害要因などのアウトドアスモールセルの論点に注目し、スモールセルの地域毎、出力、位置、ラジオインターフェースの出荷数と収益を予測している。


【調査レポート】
スモールセル:アウトドアピコセルとマイクロセル市場:3G/4Gソリューションの大都市圏と地方での採用
Small Cells: Outdoor Pico and Micro Markets
3G/4G Solutions for Metro and Rural Deployments
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。