logo

<AKB48カスペルスキー研究所 「スマートフォンセキュリティ」に関する4万人意識調査>90%以上の人がアンドロイドセキュリティの必要性を感じている

株式会社カスペルスキー 2011年08月10日 13時58分
From PR TIMES



アンドロイドセキュリティはカスペルスキー
AKB48カスペルスキー研究所 
「スマートフォンセキュリティ」に関する4万人意識調査

90%以上の人がアンドロイドセキュリティの必要性を感じている
アンドロイドユーザーの約40%がセキュリティソフトのインストールを実施

■スペシャルサイトURL■
リンク



ネット犯罪への脅威や対策を日本市場へ啓発する
AKB48カスペルスキー研究所は、
急伸する国内スマートフォン市場の中で
OSシェアNo.1を誇るアンドロイド携帯に関するセキュリティ意識について
全国の10代~60代の男女40,000人を対象にインターネット調査を
実施致しました。


■■今や過半数を超える人がアンドロイド端末を狙う
ウイルスを認知している■■

アンドロイド携帯にはセキュリティ上の問題点が発覚し、
その脆弱性を狙ったウイルスが今、流行している。

そんな中、今や過半数を超える人が
アンドロイド端末を狙うウイルスを認知していると
回答していることが分かった。

所持携帯の種別で見てみると、ガラパゴス携帯ユーザーで
「知っている」と回答した人は52%であり、
スマートフォンユーザーでは、
60%以上が「知っている」と回答している結果が出た。


■■90%以上の人がアンドロイドセキュリティの必要性を感じる■■

アンドロイドセキュリティの必要性を感じていない人は
わずか1%程度しかおらず、逆に必要性を感じる人が
実に90%以上になることが分かり、
生活者のアンドロイド対策への関心の高さが浮き彫りになった。
また、「非常に必要だと思う」と回答している人を
世代別に見てみると40代が最も高く、
10代・60代で平均を下回った。


■■アンドロイドユーザーの約40%が
セキュリティソフトのインストールを実施■■

1位・・・セキュリティソフトのインストール 39%
2位・・・ダウンロード前にアプリの安全性を調べる 22%
3位・・・ダウンロードをあまりしないようにする 19%

WEBやTV、新聞などでアンドロイドウイルスのニュースを
目にすることが多くなり、今やアンドロイドユーザーの
60%は何らかのセキュリティ対策を投じていることが分かった。

また、最も多くの人が取り組んでいるセキュリティ対策は、
「セキュリティソフトのインストール」であった。


================================================
スマートフォンもPCのように、アンチウイルスが大切
================================================

高倉弘喜 教授<名古屋大学 情報基盤センター>

スマートフォンは自由にアプリケーションをインストールできる
利便性がある反面、意図せずウイルスをインストールしてしまう
リスクも存在する。
ウイルスのターゲットも盗聴だけに留まらず、
おサイフケータイの情報にも広がると考えられる。
これからは、PCのように、インストールするアプリケーションには
注意を払うだけでなく、アンチウイルスによる防御も重要になってくる。

【職歴】
平成9年4月 京都大学工学研究科講師
平成12年10月 京都大学大型計算機センター助教授
平成14年4月 京都大学学術情報メディアセンター助教授
平成22年1月 名古屋大学情報基盤センター教授(現職)



■■Kaspersky Labについて■■ 
リンク

Kaspersky Labは、ウイルス・スパイウェア・クライムウェア・ハッカー
による攻撃・フィッシング詐欺・スパムといったIT上の脅威に対抗して
世界で最も迅速かつ高品質な保護を提供する、
ヨーロッパ最大のアンチウイルスベンダーです。
Kasperskyの技術は業界を代表するIT セキュリティ製品や
ソリューションに、広く世界中で採用されています。
詳細についてはリンク をご覧ください。
また、アンチウイルス、アンチスパイウェア、アンチスパムなど
ITセキュリティに関する最新情報を
リンク にて提供しています。


■■アンケート調査概要■■

【期間】2011年6月  
【対象】10代~60代の男女40,000人  
【エリア】全国  
【手法】インターネットによるアンケート 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。