logo

「中国電子書籍ビジネス調査報告書2011」を販売開始

~中国の電子書籍市場を俯瞰~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「中国電子書籍ビジネス調査報告書2011」を販売開始しました。

詳細ページ:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=636

報道関係者各位

平成23年8月10日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「中国電子書籍ビジネス調査報告書2011」を販売開始

  ~中国の電子書籍市場を俯瞰~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「中国電子書籍ビジネス調査報告書2011」を販売開始しました。

詳細ページ:リンク


■■ 資料概要 ■■

中国では長らく、製紙工業発展の遅れ、広大な国土を網羅する物流網整備の遅れ、出版物規制により自由な出版が困難であるなどの理由から、紙の出版物の普及が遅れていた。そんな状況の中、2000年代後半に入り、パソコン上で読む小説が、出版業界の構造そのものを揺るがすほどの爆発的なヒットを記録した。これに押される形で紙の出版社や書店も生き残りをかけてネットへの移行を急ぎ、いまや中国は世界でも類を見ない電子書籍大国へと成長しつつある。

本報告書では、実際に中国市場向けマーケティング・広告代理サービスを実施している株式会社オプトの北京支社で社長を務める寺田眞治氏が、その知見を元に、中国の電子書籍市場のビジネスモデルやプレーヤーの動きを解説するとともに、盛大文学や方正、漢王(ハンボン)、百度(バイドゥ)、モバイルキャリアなど代表的な電子書籍関連企業の紹介、日本との市場比較をはじめとする市場動向を詳細に解説し、日本の出版社やコンテンツプロバイダーがどういった道をたどるべきか展望する。
また、中国のおける電子書籍の市場規模や、年齢や嗜好性など多様なユーザー像、PCや携帯電話、電子ブックリーダーやスマートデバイスなどの閲覧デバイスなど、満載のデータを通して、中国の電子書籍市場を俯瞰する。


■■ 目次 ■■

はじめに

第1章 中国のインターネット普及状況

   1.1 インターネット利用者数
     1.1.1 インターネット接続数の推移
      1.1.2 回線環境
     1.1.3 携帯電話によるインターネット接続数
     1.1.4 利用デバイス

   1.2 インターネットユーザーの特徴
     1.2.1 地域別普及率
     1.2.2 性別・年齢別普及率
     1.2.3 収入別普及率
     1.2.4 個人のインターネット利用現状

第2章 電子書籍の利用動向

   2.1 電子書籍の定義と歴史
     2.1.1 電子書籍の定義
     2.1.2 電子書籍配信の歴史

   2.2 電子書籍配信の歴史とビジネスモデル
     2.2.1 配信プラットフォームの基本的な構造
     2.2.2 各プレイヤーの構図

   2.3 代表的な電子書籍サイト
     2.3.1 IT企業によるポータルサイト(盛大文学)
     2.3.2 端末メーカーによるポータルサイト(漢王)
     2.3.3 書店によるポータルサイト
     2.3.4 技術系企業によるポータルサイト(方正集団)
     2.3.5 データベース(百度)
     2.3.6 モバイルキャリア3社
     2.3.7 各社の動向

   2.4 日本との市場比較
     2.4.1 電子書籍大国へと向かう中国
     2.4.2 電子ジャーナル
     2.4.3 今後はリッチ化、マルチメディア化が本格化

   2.5 日本企業が中国に進出するには
     2.5.1 日本作品の知名度
     2.5.2 趣味嗜好、ローカライズ
     2.5.3 信頼できる現地パートナーは必須

   2.6 電子書籍の利用
     2.6.1 電子書籍の利用率と閲覧数
     2.6.2 閲覧方法の嗜好性
     2.6.3 閲覧時間

   2.7 電子書籍の利用の概要
     2.7.1 電子書籍の利用方法
     2.7.2 電子書籍関連サービスにおけるネット利用
     2.7.3 携帯電話による電子書籍コンテンツのポジション
     2.7.4 電子書籍リーダー利用者の特徴

第3章 出版物の電子化による電子書籍市場

   3.1 市場の概要
     3.1.1 出版物の電子化
     3.1.2 出版物の電子化による電子書籍ソフトの市場概要
     3.1.3 市場別推移と予測
     3.1.4 デジタル電子図書館市場
     3.1.5 インターネットによる有料閲覧サービス市場
     3.1.6 携帯電話による有料閲覧市場
     3.1.7 電子書籍リーダーによる市場

   3.2 電子書籍の種類
     3.2.1 電子書籍の総数と販売総数
     3.2.2 電子書籍の分野別比率
     3.2.3 ネット上の電子書籍発行量

   3.3 中国の電子書籍利用者
     3.3.1 電子書籍の利用者数
     3.3.2 年齢別分布
     3.3.3 学歴別分布
     3.3.4 利用者層推移の傾向
     3.3.5 電子書籍の閲覧場所
     3.3.6 電子書籍閲覧端末

第4章 モバイル電子書籍

   4.1 携帯電話の発展と電子書籍
     4.1.1 ネット接続デバイスとしての携帯電話
     4.1.2 携帯電話の進化
     4.1.3 モバイル・コンテンツにおける電子書籍のポジション
     4.1.4 携帯電話向け電子書籍の推移
     4.1.5 携帯電話向け電子書籍市場の予測

   4.2 携帯電子書籍のユーザー像
     4.2.1 基本属性
     4.2.2 ユーザーの学歴、職業
     4.2.3 携帯電子書籍ユーザーのネット接続
     4.2.4 閲覧コンテンツ
     4.2.5 利用シーンと表現方法
     4.2.6 入手方法
     4.2.7 利用頻度と利用時間
     4.2.8 サイトとアプリケーションの利用
     4.2.9 閲覧用アプリケーション
     4.2.10 携帯電話利用料と電子書籍利用料
     4.2.11 課金してもよいコンテンツ
     4.2.12 利用経験のある課金方法
     4.2.13 好まれる課金方式
     4.2.14 携帯電子書籍に対する満足度
     4.2.15 改善点

第5章 電子書籍リーダー

   5.1 電子書籍リーダー市場
     5.1.1 電子書籍リーダー市場
     5.1.2 電子書籍リーダーのシェア
     5.1.3 注目ブランド
     5.1.4 注目端末
     5.1.5 性能の動向
     5.1.6 価格の動向

   5.2 電子書籍リーダーの利用者動向
     5.2.1 利用時間
     5.2.2 電子書籍リーダーでの利用コンテンツ
     5.2.3 電子書籍リーダーでのコンテンツ利用金額

第6章 新たな電子書籍端末の登場

   6.1 スマートデバイスの流行というインパクト
     6.1.1 スマートデバイス
     6.1.2 スマートフォンの普及
     6.1.3 タブレット端末市場の急拡大
     6.1.4 スマートデバイス向け電子書籍ポータル

第7章 電子書籍の嗜好性

   7.1 書籍の嗜好性
     7.1.1 アンケート概要
     7.1.2 よく読む本のジャンル(上位20)
     7.1.3 どの地域の小説に興味があるか(上位20)

   7.2 日本の小説・コミックに関するニーズ
     7.2.1 日本の小説の閲読状況
     7.2.2 知っている日本の作家・作品名(上位20)
     7.2.3 知っている日本のマンガ

   7.3 オンライン書籍に関するニーズ
     7.3.1 パソコンのインターネットで利用するサービス(上位20)
     7.3.2 有料で利用しているパソコンのインターネット上のサービス(上位20)
     7.3.3 携帯電話で利用するサービス(上位20)
     7.3.4 携帯電話で利用している有料サービス(上位20)


■■ 資料概要 ■■

商 品 名:中国電子書籍ビジネス調査報告書2011
発 刊 日:2011年07月21日
執 筆 者:株式会社オプト 寺田 眞治
発 行:株式会社インプレスR&D
販 売:株式会社クロス・マーケティング
版 型:A4 / 120ページ
■CD-ROM      89,250円(税抜85,000円+消費税4,250円)
■製本+CD-ROM   99,750円(税抜95,000円+消費税4,750円)
※各別途送料500円

詳細ページ:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5458
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。