logo

アイレップ、「Kenshoo Social」の販売を開始

Facebook広告の高度な運用により、企業のFacebook広告の最適化支援を強化

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)は、イスラエルKenshoo社(ケンショー社、本社:イスラエル テルアビブ、以下Kenshoo)のソーシャルメディア広告運用プラットフォーム「Kenshoo Social」の取扱いを開始しました。Kenshoo Socialの販売開始により、Facebook広告への取り組みをさらに加速させてまいります。

■「Kenshoo Social」とは
Kenshoo Socialは、大規模で複雑なFacebook広告キャンペーンを効果的かつ効率的に管理するために開発されたソーシャルメディア広告運用プラットフォームです。Kenshoo Socialは、Facebook広告のキャンペーン作成から運用、レポートに至るまで、Facebook広告の運用を最適化するために必要な機能を搭載しています。アイレップは、これまでFacebookをはじめとするソーシャルメディアを活用したプロモーション支援サービスを提供してまいりましたが、企業のFacebook広告展開をより高度なものへとするため、Kenshoo Socialの取扱いを開始します。

■「Kenshoo Social」の主な特長
1. Facebook広告のために特別に開発された入札アルゴリズム
Facebook広告専用に開発された入札アルゴリズムにより、広告キャンペーンを最適化します。

2. 柔軟性の高いキャンペーン管理機能Kenshoo Social上で作成する仮想のキャンペーンを活用することで、大規模で複雑な広告キャンペーンでも、高度な運用や分析に対応することができます。

3. ユーザーの導線を確認するPath To Conversion機能
Facebook広告を経由した後に、リスティング広告や通常の検索結果からコンバージョンに至ったユーザーのステップを解析することが可能です。最終的なゴールに貢献したステップを確認することで、より最適な予算配分や的確な運用へのフィードバックが実現できます。

4. Kenshoo Searchとのデータ統合
Kenshooのリスティング広告自動運用管理ツール「Kenshoo Search」と統合されたプラットフォームのため、リスティング広告とFacebook広告を統合した運用状況を確認できます。

アイレップは、今後もFacebookをはじめとしたソーシャルメディアを活用した、さまざまな広告運用やプロモーション支援を一層強化してまいります。


■Kenshoo社について
Kenshooは、検索マーケティング、ソーシャルメディア、オンライン広告に対するテクノロジーソリューションを提供するデジタルマーケティングソフトウェア企業です。Kenshooのグローバルプラットフォームは、企業がより良いマーケティングへの投資を判断するために必要な機能をご提供しています。Kenshoo Enterprise(TM)、Kenshoo Social(TM)、そしてKenshoo Local(TM)の売上額は年間150億ドルを超え、世界の小売業社上位10社のうち5社で導入されており、世界上位10社の広告代理店のうち、8社とパートナーシップを組んでいます。クライアントにはFacebook、Tesco、Zapposなど世界有数の企業をはじめ、世界10の拠点で100ヶ国以上の国でソリューションを提供しています。また、著名なベンチャーキャピタルSequoia Capital(セコイア・キャピタル)やArts Alliance(アーツ・アライアンス)などから出資を受けるなど、成長を加速しています。URL:リンク

■株式会社アイレップ について
アイレップはSEM(検索エンジンマーケティング)を主軸とし、リスティング広告、SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)、Web解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、SEM関連の専門サービスをワンストップで提供しております。今後、アイレップはSEMやSMM(ソーシャルメディアマーケティング)、アフィリエイトマーケティングを中心としながら、広告主のオンライン上のマーケティングを最適化する「デジタルマーケティングエージェンシー」を目指し、企業価値を向上させてまいります。
━━ 会社概要 ━━
【社名】 :株式会社アイレップ
【所在地】 :東京都渋谷区渋谷2丁目1番1号 青山ファーストビル
【URL】  :リンク
【代表者】 :紺野 俊介
【設立年月】:1997年11月
【資本金】 :5億4,276万円(2011年3月末現在)
【事業内容】: 
■デジタルマーケティング領域
SEM サービス リンク
モバイル SEM サービス リンク
SMM(ソーシャルメディアマーケティング)
アフィリエイトマーケティング
インターネット広告
■デジタルメディア領域
住宅展示場サイトの運営(総合住宅展示場) リンク
TV 情報検索サイト(TVais) リンク

【本件内容・記事転載・引用等に関するお問い合わせ先】
●株式会社アイレップ TEL:03-5464-3281 FAX:03-5464-3291
【報道関係お問合せ先】広報担当 下山 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。