logo

NoSQLの利用が企業システムの開発に大きく参入 / エバンス・データの最新調査で明らかに

エバンス・データの最新レポート「北米開発調査」によると、NoSQLの採用が、北米の企業内システム開発者に急速に受け入れられている。

2011年6月28日 サンタクルーズ カリフォルニア - エバンス・データの最新レポート「北米開発調査」によると、スキーマレスなデータベースを利用している56%が受け入れ、63%が2年以内に利用する計画があると報告している。 NoSQLは、一般的な開発者が示す利用意向(43%)よりも企業内システム開発者が大きな意向を示している。

400名を超える調査は、2011年5月に、エバンス・データの「グローバル・開発調査」で行われました。これは、NoSQLの利用者がEMEAで上昇(39%の開発者が利用計画があると報告)、APACでも上昇(4分の1以上の一般的な開発者が今日NoSQLを利用し、68%が将来の利用意向を示している)。

「ビッグデータの到来が、NoSQLの採用を促進している。そして、この傾向はとりわけ企業内システム開発に顕著です。」とエバンス・データのCEO、Janel Garvinは言った。「巨大なテーブルやMapReduce(Googleが開発した大規模分散処理のアルゴリズム)のような技術革新がWEBで始まるかもしれない。開発者は、全ての地理的領域に利用でき、企業はNoSQLによる利益を得ることができます。」

総合的な北米開発者調査が含む、その他のハイライト:

・Mac OSが現在開発デスクトップ環境としてのLinuxより人気があるが、Windowsは主要なプラットホームとして80%以上支配し続けます。
・北米の開発者の40%近くが、ワイヤレス端末のアプリを利用して仕事をしています。
・北米の開発者の18%は、2年以内にマルチスレッドのアプリを書く期待をしている。

エバンス・データの「グローバル開発調査」は、世界中の1,200名を超えるソフトウェア開発者にディープインタビューを行います。このインタビューは、2000年から年2回、主要な3つの地域の開発傾向を調査しています。調査内容は、プラットフォーム、開発言語、モバイル開発、クラウド開発、データベース、開発ツール、メソドロジー、そして現在の課題や興味に関するものです。

株式会社 アヴァンテ
東京都千代田区東神田1-7-2 弥助第三ビル 4階
電話番号 03-5835-4650
FAX番号 03-3865-1678
担当 渡部美香 info@aventer.net
URL :リンク

関連情報
http://www.aventer.net
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。