logo

カリフォルニア州交通局が道路・高速道路設計プロジェクトにオートデスク製品を採用

米国最大規模の面積を誇るカリフォルニア州交通局が、交通関連プロジェクト向けソフトウェアを AutoCAD Civil 3D に移行

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、社長:鬼澤盛夫)は本日、米国内最大規模の交通局(Department of Transportation)であるカリフォルニア州交通局(California Department of Transportation、Caltrans)が、同州内の道路・高速道路設計プロジェクト向けに、オートデスクの AutoCAD® Civil 3D® (オートキャド シビル スリーディー)を採用したと発表しました。このたびの契約総額は、今後 5 年間で 400 万米ドル(約 3 億 2000 万円- 1 米ドル 80 円換算)に上ります。この契約にはAutoCAD Civil 3D 製品に加え、トレーニング、付帯サービスの提供なども含まれます。AutoCAD Civil 3D は、インフラの計画、設計、施工、維持管理向けのソフトウェアを含む、オートデスクの広範なインフラストラクチャ分野向け BIM (ビルディング インフォメーション モデリング)ポートフォリオを構成するソフトウェアです。

オートデスクでは、設計・施工・維持管理までのライフサイクル全体で情報化を推進し、業務の効率化と工事の品質向上を実現するため、土木の設計、施工業務に BIM の手法を導入するための製品開発を強化しています。BIM の手法を 取り入れることにより、図面作成や土量計算が自動化され、設計業務における生産性が大きく向上します。この取り組みのもと、オートデスクは、AutoCAD Civil 3D を中心とした、コンサルタントやオーナーがよりサステイナブルなインフラの計画、設計、施工、維持管理を支援する幅広いソリューションを提供しています。日本では、中央復建コンサルタンツ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:永野光三)が、国土交通省や NEXCO、首都高速、阪神高速等の事業で AutoCAD Civil 3D を活用しています。同社は BIM プロセスによるプロジェクト最適化を通じて、業務の効率化と工事の品質向上を実現しています。また、その他の大手建設コンサルタントでも、AutoCAD Civil 3D で作成した高速道路の BIM モデルを活用して、設計検討、施工シミュレーションなどを行っています。

カリフォルニア州に敷設されている全長約 40 万マイル(64 万 3700 キロメートル)の道路のうち、5 万マイル(8 万 470 キロメートル)以上をカリフォルニア州交通局が管理しています。これらの道路インフラを戦略的、経済的、かつサステイナブルに敷設、修理するには革新的な道路設計ソフトウェアが必要です。カリフォルニア州交通局は、州内の交通改善プロジェクトで AutoCAD Civil 3D を使用し、タイムリーで高品質なインフラ計画、仕様、見積りを作成する予定です。カリフォルニア州交通局の Civil 3D 導入決定は、ウィスコンシン州交通局、フロリダ州交通局、マサチューセッツ州高速道路局、アラスカ州交通局など、インフラストラクチャ分野にオートデスクの BIM ソリューションを導入した主要交通当局に続くものです。

最新版の AutoCAD Civil 3D 2012 に関する詳細は、ウェブサイト(リンク )をご参照ください。

当プレスリリースに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

◆報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク プレスデスク 担当:木下/野村
Email: autodesk@golinharris.com
Tel: 03-5484-6024

◆お客様問い合わせ窓口
オートデスク インフォメーションセンター
Tel: 0570-064-787
営業時間:月~金 9:30~17:00 (祝祭日、年末年始休業、その他非営業日を除く)

Autodesk、AutoCADならびにCivil 3Dは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。アカデミー賞(Academy Award)は、米映画芸術科学アカデミー(the Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の登録商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。
(C)2011 Autodesk, Inc. All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。