logo

無料オンラインストレージ「Nドライブ」従来の3倍増となる、最大30GBまで保存可能に - 大容量ファイルへの対応を強化、転送量制限も大幅緩和

インターネット検索サービス「NAVER(ネイバー)」( リンク )を運営するネイバージャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:森川亮、以下ネイバージャパン)は、本日、無料オンラインストレージサービス「Nドライブ」( リンク )のバージョンアップを行いましたので、お知らせいたします。

Nドライブは、ドキュメントや画像、動画などのファイルをオンライン上に保存・共有することができる無料オンラインストレージサービスです。

今回のバージョンアップでは、最大保存容量を従来の10GBから3倍増となる30GBまで拡大したほか、大容量ファイルへの対応を強化し、1ファイルあたりの転送量・保存容量制限も大幅に緩和しました。

以下、バージョンアップの概要となります。

【1】最大保存容量が30GBに拡大
最大保存容量が従来の10GBから3倍増となる30GBに拡大いたしました。
※NドライブのiPhone/iPad/Androidアプリ版については近日中に反映、アップデート版の提供を予定しています。

【2】1ファイルあたりの転送量制限を4GBに緩和
これまで1ファイルあたり最大200MBまでの転送量制限がありましたが、4GBに緩和しました。

【3】大容量ファイル保存制限を撤廃
1ファイルあたり50MBを超えるファイルは、合計1GBまでしか保存できない制限を撤廃いたしました。アップロードが可能な最大4GBまでのファイルを、最大保存容量の30GB内で複数保存できます。

【4】「Nドライブエクスプローラー」がMac OSにも対応
Nドライブと連動し、デスクトップ上でファイル管理をすることができる常駐型アプリケーション「Nドライブエクスプローラー」がMac OSにも対応いたしました。
※現時点では、Mac OSのLIONには未対応です。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

■ネイバージャパン株式会社について  リンク
ネイバージャパン株式会社は、世界第五位の検索ポータル「NAVER.com」を運営するNHN Corporationの日本現地法人です。日本では、「探しあう検索」をコンセプトに2009年7月1日より検索サービス「NAVER」を開始。キュレーション・プラットフォーム「NAVERまとめ」、リアルタイムSNS「NAVER cafe」など多彩なサービスを展開し、月間総アクセス数約2.7億PV、月間ユニークユーザー数約1,500万人(※2011年4月末時点/自社調べ)を越えるソーシャル・サーチへと成長しています。

※本報道資料はネイバージャパン企業サイト( リンク )でも確認できます。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。