logo

ベルーナのワイン通販「My Wine CLUB」:“家飲み”ニーズに向けたプライベートブランドワインが発売1年で 累計販売数10万本突破

株式会社ベルーナ 2011年08月02日 13時55分
From JCN Newswire

Saitama, Aug 2, 2011 - ( JCN Newswire ) - 株式会社ベルーナ(本社:埼玉県上尾市/代表:安野 清)が展開するワイン専門通販「My Wine CLUB(マイワインクラブ)」において販売しているプライベートブランドワイン(PB ワイン)、『コンドール・アンディーノ』シリーズが、7月31日時点で累計販売数10万本を突破しました。

今年の夏は、節電やサマータイムの導入などにより平日の夜を自宅で過ごす人が増えており、自宅でお酒を楽しむ“家飲み”がますます注目を集めています。そんな“家飲み”のニーズに応えるべく開発されたのがPB ワイン『コンドール・アンディーノ』シリーズです。

『コンドール・アンディーノ』シリーズは、アルゼンチンでトップクラスのワイナリー「アンデアン・ヴィンヤーズ」とマイワインクラブが共同開発したPB ワインで、2010年7月より全6種を販売開始しました。2010年9月からは上級シリーズとして、厳選したぶどうを使用し樽熟成を施した『コンドール・アンディーノ・レセルバ』全3 種を発売しております。安定した品質と、1 本あたり830円~(税込)というリーズナブルな価格がお客様から支持され、発売から1 年で累計販売数10万本を突破しました。

マイワインクラブは、年間300万本以上を輸入し、2年連続ワイン通販国内売上高ナンバー1の実績を持ち、顧客データベースを活用した需要予測に基づき、安定的に商品を供給する基盤を確立しています。

ベルーナおよびワイン専門通販「マイワインクラブ」では、“お客様の衣食住遊を豊かにする商品やサービスの提供”いう経営理念の下、お客様の生活に彩りや豊かさを添える、美味しくてお手ごろ価格のワインを、今後も提供し続けてまいります。

<コンドール・アンディーノ 全6 種>

■商品名と味わい:

◎コンドール・アンディーノ・マルベック(赤・フルボディ)
濃厚な黒系ベリーの風味が前面に出た、フルーティーなコクのあるワイン。ソフトなタンニンとのバランスもとてもよく、スパイシーな余韻が長く残る。

◎コンドール・アンディーノ・カベルネ・ソーヴィニヨン(赤・フルボディ)
ダークチェリーを想わせる果実味と、軽やかなタンニン。ほのかにハーブのニュアンスも。やさしい味わいで、親しみやすさを感じさせるワイン。

◎コンドール・アンディーノ・シラーズ(赤・フルボディ)
こっくりとした深みのある、濃厚かつジューシーな果実味のワイン。ソフトで分厚いタンニンとスパイシーさが、味わいにふくらみを与えている。

◎コンドール・アンディーノ・トロンテス(白・辛口)
みずみずしい白桃を食するようなジューシーで豊かなワイン。適度なボディを支える酸味とのバランスもよく、味わいはドライで心地よい余韻が残る。

◎コンドール・アンディーノ・ソーヴィニヨン・ブラン(白・辛口)
青いハーブの風味と、柑橘系の高い酸、白桃を想わせる果実味のバランスの良いクリーンなワイン。後口のキレがよく、ドライな味わいを楽しめる。

◎コンドール・アンディーノ・シャルドネ(白・辛口)
きりっと締まった柑橘系のフルーティーな果実味。なめらかな質感で、適度なボディもあり、温度を少し上げるとハチミツを想わせるコクも出てくる。

■容量:各750mL
■産地:アルゼンチン
■参考価格(税・送料込):1本あたり830円
※カタログ・ネットともにセット販売のため、上記は1本あたりに換算した参考価格です。

〔セット販売例〕

■商品名:コンドール・アンディーノ品種飲み比べ赤3種6本セット
■セット内容:
◎コンドール・アンディーノ・マルベック× 2本
◎コンドール・アンディーノ・カベルネ・ソーヴィニヨン × 2本
◎コンドール・アンディーノ・シラーズ× 2本
■販売価格(税・送料込):4,980 円
■商品名 :コンドール・アンディーノ品種飲み比べ白3種6本セット
■セット内容:
◎コンドール・アンディーノ・トロンテス × 2本
◎コンドール・アンディーノ・ソーヴィニヨン・ブラン ×2本
◎コンドール・アンディーノ・シャルドネ ×2本
■販売価格(税・送料込):4,980 円

<コンドール・アンディーノ・レセルバ 全3 種>

■商品名と味わい:
◎コンドール・アンディーノ・レセルバ・シラーズ(赤・フルボディ)
カシス、インク、黒系スパイスなどの濃厚な香りが魅力。完熟したプラムを想わせる凝縮した果実味を持つ、華やかでボリューム感のあるワイン。

◎コンドール・アンディーノ・レセルバ カベルネ・ソーヴィニヨン(赤・フルボディ)
ブルーベリーを想わせる豊かな果実味を、細い酸がきれいに整えた複雑な味わい。きめの細かいタンニンがボリューム感を与え、品のある余韻が続く。

◎コンドール・アンディーノ・レセルバ シャルドネ(白・辛口)
穏やかな酸とナッツのニュアンスが効いた、ボディのしっかりした豊かなワイン。ミネラル風味が余韻に残り、全体をきれいに引き締めている。

■容量:各750mL
■産地:アルゼンチン
■参考価格(税・送料込):1本あたり1,260円
※カタログ・ネットともにセット販売のため、上記は1 本あたりに換算した参考価格です。

〔セット販売例〕
■商品名:コンドール・アンディーノ上級レセルバ品種飲み比べ3本セット
■セット内容:
◎コンドール・アンディーノ・レセルバ・シラーズ × 1本
◎コンドール・アンディーノ・レセルバ・カベルネ・ソーヴィニヨン × 1本
◎コンドール・アンディーノ・レセルバ・シャルドネ × 1本
■販売価格(税・送料込):3,780 円
■商品名 :コンドール・アンディーノ上級レセルバ品種飲み比べ3種6本セット
■セット内容:
◎コンドール・アンディーノ・レセルバ・シラーズ × 2本
◎コンドール・アンディーノ・レセルバ・カベルネ・ソーヴィニヨン × 2本
◎コンドール・アンディーノ・レセルバ・シャルドネ × 2本
■販売価格(税・送料込):6,980 円
■購入方法 :カタログ「My Wine CLUB」
ワイン通販専門サイト「My Wine CLUB」( リンク)
■お客様からのお問合せ先:0120-559-950

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク


参考資料

【アルゼンチンワインについて】

アルゼンチンは、20 世紀半ば以降、栽培と醸造の技術が進歩し、フランス、イタリア、スペイン、アメリカに次ぐ量産国となったワイン大国です。畑は主にアンデスの山麓地帯にあり、適度な降雨、夏の豊富な日照、乾燥した冬、水はけのよい土壌、ミネラルの含んだアンデスの雪解け水と、ぶどう栽培に理想的な土地です。こうした環境で育ったぶどうは果実味の凝縮感にあふれ、赤はタンニンが利いた濃厚なワインに、白はメリハリのあるはっきりした骨格のワインを生み出し、そのダイナミックな味わいが世界で高い評価を受けています。欧米を凌駕する味わいにもかかわらず、価格がリーズナブルなのもアルゼンチンワインの大きな魅力です。

【コンドール・アンディーノについて】

世界のワイン生産者上位7 位に入る生産者グループに属する「アンデアン・ヴィンヤーズ」が醸造した、マイワインクラブのPB ワイン。アンデス山脈に生息するコンドルの姿をモチーフにした印象的なラベルで、アルゼンチンの大地で育ったぶどうの伸びやかな果実味が楽しめるというコンセプトを表現しています。

生産者「アンデアン・ヴィンヤーズ」は1914 年に創業した歴史あるワイナリー。アルゼンチンワインの中心地として知られるメンドーサ地区とサンジュアン地区に450 ヘクタールのぶどう畑を所有しています。醸造責任者のステファン・マクウェイン氏は、2008 年アルゼンチン・ワイン・アワードで金賞受賞のワインを生み出したほどの凄腕醸造家です。その味と価格のバランス感の素晴らしさに出会った当社ワイン買付担当者が交渉を重ね、今回のPB ワイン共同開発が実現しました。

【My Wine CLUB 概要】

■創刊:1999年
■輸入本数:約311 万本(2010 年度)
■取扱商品数:約3,600 品
■カタログ発行:年4~5 回(季刊)
■Web サイト: リンク
■特長:
- 現地直接買い付け、自社輸入、自社販売による高品質・低価格な品揃え
- 単品販売のほかに、1 回のご注文で毎月商品が届く「1 年コース」が充実
- 適切な温度、湿度に保つワイン専門倉庫での品質管理体制
- 監修 磧本修二氏(「ミスタースタンプス・ワインガーデン」オーナー・ソムリエ)
- ダンアンドブラッドストリートTSR 社による調査では、2 年連続ワイン通販 国内売上高No.1(2008・2009 年度実績)

【会社概要】

■会社名:株式会社ベルーナ
■代表:代表取締役社長 安野 清
■本社:埼玉県上尾市宮本町4番2号
■ホームページ: リンク
■設立:1968年9月
■資本金:10,607 百万円
■事業内容:総合通販事業、専門通販事業、ソリューション事業、ファイナンス事業、プロパティ事業、その他の事業

■本件に関するお問合せ先■
株式会社ベルーナ 経営企画室
広報担当:伊藤・川崎
TEL:048-771-7753
FAX:048-775-6063
MAIL:pr-belluna@belluna.co.jp

概要:株式会社ベルーナ

詳細は www.belluna.co.jp をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。