logo

グローバル インフォメーション、iData Research発行「アジア太平洋地域の整形外科用バイオマテリアル市場」に関する報告書を販売―脱塩骨基質を利用した処置が2桁成長

株式会社グローバル インフォメーション 2011年08月02日 10時00分
From JCN Newswire

Kawasaki, Aug 2, 2011 - ( JCN Newswire ) - (株)グローバル インフォメーション(代表取締役社長:小野 悟)は、カナダの調査会社アイデータリサーチが発行した報告書「Asia Pacific Markets for Orthopedic Biomaterials 2011 - Bone Grafting and Hyaluronic Acid Viscosupplementation (アジア太平洋地域の整形外科用バイオマテリアル市場:2011年:骨移植およびヒアルロン酸粘弾性補助)」の販売を開始しました。

同レポートによると、アジア太平洋地域(日本、韓国、中国、台湾、オーストラリア)における整形外科用の生体材料市場は、2017年には1400億円(16億米ドル)に達する見通しです。

この成長は、より多くの適応における骨代用材料の治験での認可が増えたことによるものです。さらに、この市場の大部分を占めるヒアルロン酸による粘弾性補給のセグメントは、GenzymeのSynviscRの登場により、日本において大きく成長することが見込まれています。これにより、従来の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を使用した治療の代替治療法としての注目度が上がり、さらに、その注目は腰痛や肩痛、関節リウマチの治療へと拡大するでしょう。

iDataのアナリストマネージャーであるDouglas Fung博士は「2010年の総体的な市場は、韓国における償還政策の開始による価格の下落によって落ち込みました。」「しかし、2011年末までには、韓国において骨形成蛋白質(BMP)増殖因子療法といった分野で、力強い成長が現れると予測されています。Korea Bone BankやCowell Medicalでは、最近、規制当局による認可を模索しています。」と述べています。

同レポートでは、ヒアルロン酸粘性補給市場においては、生化学工業がアジア太平洋地域におけるリーダー企業であり、BGS市場は、日本の人工骨市場をリードするHOYAとオリンパス テルモ バイオマテリアルが支配しているとしています。また、韓国と中国においては、Korea Bone BankやShanxi Tissue Bankが存在感を示していると述べています。

【市場調査レポート】
アジア太平洋地域の整形外科用バイオマテリアル市場:2011年:骨移植およびヒアルロン酸粘弾性補助
Asia Pacific Markets for Orthopedic Biomaterials 2011 - Bone Grafting and Hyaluronic Acid Viscosupplementation
リンク
発行 iData Research Inc.
出版日 2011年07月

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:dbm@gii.co.jp
URL: リンク
〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

概要:株式会社グローバル インフォメーション

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。