logo

パイオニア、「SERATO ITCH」専用DJコントローラー「DDJ-S1」に同梱のDJソフトウェアを“SERATO ITCH 2.0”に変更

Kawasaki, Aug 1, 2011 - ( JCN Newswire ) - パイオニアは、Serato Audio Research 社のDJ ソフトウェアのアップデート(「ITCH 1.8」から「ITCH 2.0」へ)に伴い、「DDJ-S1」に同梱のDJ ソフトウェア を“SERATO ITCH 2.0” に変更いたします。

「DDJ-S1」は、当社プロ用DJ 機器と同等の高い操作性を持つ、DJ ソフトウェア「SERATO ITCH」専用のDJ コントローラーです。USB ケーブルをPC と接続するだけでDJ プレイが始められるプラグアンドプレイ対応など、簡単で使いやすい機能が多くのDJ から支持されています。

「ITCH 2.0」へのアップデートにより、任意の5 つのポイントからクロスフェーダーを使って楽曲の再生を始めることができる「Hot Cue Fader Start」機能や操作性を向上させたGUI などを新たに搭載しました。これらの追加機能により、さらに幅広いDJ パフォーマンスが可能になりました。

最新のDJ ソフトウェア を同梱した「DDJ-S1」は10 月より販売する予定です。また、既に「DDJ-S1」をお持ちのお客様も無償で“SERATO ITCH 2.0”を8 月1 日よりアップデートすることができます※1。

※1 最新のDJソフトウェアは、こちらのサイトでアップデートできます。 www.serato.com/itch/ リンク

【主なアップデートの内容】

1) 幅広いDJパフォーマンスが行える新機能「Hot Cue Fader Start」を搭載

任意の5つのポイントからクロスフェーダーを使って楽曲を再生することができる「Hot Cue Fader Start」を搭載しました。今まで1つしか選択できなかった再生ポイントが5つに増えるとともに、クロスフェーダーを使って指定したポイントから再生をしたり、戻したりできるので、幅広いDJパフォーマンスを行えます。

2) DJプレイや動作環境に合わせて、画面の表示や色の変更ができる新GUIを搭載

■素早い選曲を可能にする新機能「Album Art Views」に対応
GUIの画面に、アルバム アートワークを表示することができ、大量の楽曲の中から、素早い選曲が可能になります。専用ボタンを押すだけで、DJプレイ中でも簡単にアルバム アートワークの表示に切り替えることが可能です。

■周りの明るさに合わせて画面の色合いを変える「Night & Day Modes」を搭載
周りの明るさに合わせて、画面の色合いを変える「Night & Day Modes」を搭載しました。モードを切り替えることで画面を見やすくすることができます。

■DJプレイスタイルに合わせて4つのディスプレイモードの切り替えが可能
楽曲の波形を横に表示する「Horizontal」、縦に表示する「Vertical」、デッキ部を縮小表示する「Library」、デッキ部を縦に積み上げて表示する「Stack」の4つのディスプレイモードを搭載。DJプレイスタイルに合わせて表示方法を選択できます。

3) その他の追加機能
- 6系統の音源を、ビートシンクさせて再生できるサンプルプレーヤー「SP6」を搭載。
- 楽曲ライブラリーの中から、キーワード検索で自動的に楽曲リストを作る「Smart Crates」に対応。
- オンライン上で楽曲リストを共有する「Serato Playlists」に対応。
- ビートシンクを画面でも確認ができる新ビートシンクエンジンを搭載。
- ライブラリー内の楽曲を、USBメモリーや外部ハードディスクへコピーできる新ライブラリーマネージメン
トを搭載。

【SERATO ITCH 2.0を使用するためのシステム要件】
対応OS(Mac):Mac OS X 10.4.11、Mac OS X 10.5.8、Mac OS X 10.6 (32/64 bit)
対応OS(Windows):Windows XP (最新Service Pack 、32 bit) 、Windows Vista / Windows7 (最新Service Pack、32/64 bit)
対応オーディオフォーマット:MP3、OGG(Vorbis フォーマット) 、AAC 、ALAC ( Apple ロスレス) 、AIF 、WAV 、WL.MP3(Whitelabel.MP3)

概要:パイオニア株式会社

詳細は リンク をご覧ください。


お問合せ先:
お客様:カスタマーサポートセンター
TEL 0120-944-222(フリーコール)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。