logo

水晶振動子を内蔵した世界最小のリアル・タイム・クロックを発表

STマイクロエレクトロニクス 2011年07月29日 10時38分
From PR TIMES



リアル・タイム・クロックと水晶振動子を業界標準の最小パッケージに統合し、
ポータブル機器の省スペース化、電池寿命の最適化、設計の簡略化を実現
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、
小型化が重要視されるハイテク機器の時間・カレンダー・アラーム機能向けに、
水晶振動子を内蔵した世界最小のリアル・タイム・クロック(RTC)ICを発表
しました。

世界最小のRTCおよび最適な水晶振動子を統合した新製品は、市場で最も小さい
水晶振動子用パッケージと同サイズ(3.2 x 1.5mm)のパッケージで提供され、
超低消費電力を実現しています。

M41T62は、バッテリ駆動機器の設計に理想的です。低電圧(1.3V~4.4V)で動作
するため、リチウム・イオン電池より直接駆動することが可能で、消費電流は
僅か350nAです。多くのマイクロコントローラ(以下マイコン)はRTCを内蔵して
いますが、大抵の場合は機能が限られており、常に外付け水晶振動子を必要と
します。マイコンやディスクリート品を使用する設計とは異なり、この統合化
されたソリューションは、手間の掛かかる水晶とRTCの必要な最適化をサポート
しています。

MEMS・センサ・高性能アナログ事業部、センサ・マイクロアクチュエータ部門、
ジェネラル・マネージャであるFrancesco Italiaは、次の様にコメントして
います。「水晶振動子の小型パッケージに内蔵された最先端のRTCは、あらゆる
携帯型機器に完璧なソリューションを提供します。また、省スペース化や消費
電力の最適化と共に、充電式リチウム・イオン電池から直接駆動することが
できます。このターンキー・ソリューションは、適切な水晶振動子とRTCを
組合わせるという設計者の悩みを軽減します。」

M41T62は、製品設計を簡略化します。起動時から安定した32kHz信号を生成する
ため、現在のプロセッサやBluetoothモジュール等のサブシステムの多くで安定
した起動が保証されます。その他、設計の簡略化やシステム性能向上に向けた特
徴として、システムの電源障害検出に役立つ振動子障害検出機能(OFD)があり
ます。また、マイコンに内蔵されたRTCの場合、パワー・ダウン・タイムスタン
プ、バッテリ低下検出等の動作に必要となりる外付け部品が不要です。さらに、
同製品はUL認定も取得しており、逆方向ダイオードを内蔵しています。

M41T62は、データ記録、タイム・スタンプ、インターバル・モニタ、同期等を
必要とするシステムのパフォーマンスを向上させます。このようなシステムには、
デジタル一眼レフカメラ、GPS受信器、携帯型マルチメディア・プレーヤ、
カード・リーダ、血糖値計等の携帯型医療機器等が含まれます。

M41T62の主な特徴
・鉛フリー・セラミック・パッケージ(3.2 x 1.5mm)
・業界最小の水晶振動子と同サイズにRTCおよび水晶を実装
・超低消費電力:350nA(3V時)
・低動作電圧:1.3V~4.4V
・起動時から32kHzを安定供給
・水晶振動子の障害検出により安全な動作を保証
・時間計測:最低1.0Vまで
・設定可能なアラームおよびウォッチドッグ

現在、M41T62は量産中で、LCC8リードレス・パッケージにて提供されます。
単価は1,000個購入時に約1.50ドルです。大量購入時の単価については、
お問い合わせください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な
技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することに
より、マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。2010年の売上は
103.5億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: リンク
STグループ(英語): リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。