logo

ライフサイズがHDビデオ会議機能をクラウドで提供、 シンプルで高性能に

クラウド環境でのHDビデオ・コラボレーションの質、生産性、力をあらゆる規模の企業で利用可能に

LifeSizeが発表した、クラウド型HDビデオ会議プラットフォームのライフサイズ・コネクションズは、企業が必要とするレベルの品質で臨場感ある多拠点通信を実現します。ライフサイズ・コネクションズは、会議室にあるライフサイズのビデオ会議システムをPCやMacのデスクトップユーザーとつなぎ、暗号化されたHDビデオ通話をシームレスに社内全体で行えるようにします。

LifeSizeは、クラウド型HDビデオ会議プラットフォームのライフサイズ・コネクションズ(LifeSize® Connections™)を発表しました。このプラットフォームは、企業が必要とするレベルの品質で臨場感ある多拠点通信を実現します。ライフサイズ・コネクションズは、会議室にあるライフサイズのビデオ会議システムをPCやMacのデスクトップユーザーとつなぎ、暗号化されたHDビデオ通話をシームレスに社内全体で行えるようにします。
 ライフサイズ最高経営責任者(CEO)でロジテック上席副社長のクレイグ・マロイは、次のように述べています。「HDビデオ・コラボレーションの持つ力を利用したいと考えて待っていた多数の企業の皆さまに朗報です。ライフサイズ・コネクションズにより、どのような企業でも社内外でHDビデオ・コラボレーション機能を迅速かつ簡単に追加・拡張できます。これまでこのような恩恵を利用できたのは企業の重役会議室に限られ、費用が高く管理サービスの負担もつきものでした。当社のクラウドベースのプラットフォームは、社員が生産性を向上し、これまでは到底可能だと思っていなかったような新しい共同作業の方法を提供します。」
 ユーザーは、ダウンロードリンクとゲスト登録を送信するだけで、誰でもコネクションズにゲストとして無料で招待することができます。ですから、遠隔地にいる社員、クライアント、パートナーと、簡単に臨機応変に連絡を取ることが可能です。ライフサイズ・コネクションズは、9方向HDビデオブリッジングやデータ暗号化・管理の機能を持っています。エンドポイントとソフトウエアクライアントは自動的に設定され、ファイアウォールを即座にトラバースして、あらゆるネットワークでいつも確実に接続できるようにします。
多くの企業にとって、ビデオ会議導入の大きな妨げとなっていたのは機器に対する高額な先行投資と、従来の社内ビデオインフラストラクチャーの複雑な導入を管理するためのITリソースの不足でした。相互運用性に関する問題から、社内のユーザーが社外のベンダーや顧客、同僚と通信することも困難でした。ライフサイズ・コネクションズは、これらの問題を解決するために、ターンキー導入、柔軟な従量課金モデル、コンピューターとウェブカメラを持つ相手なら誰とでも共同作業が行える能力を提供しています。
フロスト&サリバン主任アナリストのRoopam Jain氏は、次のように述べています。「ビデオ会議に対するニーズは、中小企業であれ大企業であれ、顧客、社員、パートナーの影響が大きいため、企業によって異なります。ライフサイズは、コネクションズによって、あらゆる人があらゆる場所でビデオ会議を簡単に利用できるようにし、ビデオ会議の広範な普及を後押ししています。」
ライフサイズ・コネクションズの特徴は下記の通りです。

★IT業務を軽減
 ・会議室、PC、Macをシームレスに統合
 ・エンドポイントとディレクトリーサービスを含むソフトウエアクライアントの自動設定
 ・ファイアウォールのトラバーサル機能を搭載し、あらゆるネットワークを通じた通話を保証
 ・暗号化されたウェブベースの管理で、ユーザー別帯域幅制御、レポーティング、ユーザー管理などが可能
★誰でも使えるシンプルな操作
 ・シンプルなクリック発信、プレゼンスステータス対応発信、通話先のシームレスな追加
 ・データ共有とインスタントメッセージの機能
★HDビデオ通信を広く利用可能に
 ・メディアと信号を暗号化し、最大9拠点で720p品質の通話
 ・クラウドベースの拡張性が組織の規模に合わせたシンプルで簡単な拡張を可能にし、コストとITサポートを低減
 ・購入前に無料試用が可能

その他の資料
 ライフサイズ・コネクションズのデータシート
 ライフサイズが7月20日に行ったすべての発表に関する詳細情報
 ライフサイズ・コネクションズのベータプログラムに関する詳細情報
 ライフサイズのブログ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。