logo

省エネ法のトップランナー基準をクリア スイッチングハブ2機種 新発売



省エネ法のトップランナー基準をクリア
「全ポートギガ対応ファンレススイッチングハブ」「PoE給電スイッチングハブ」2機種 新発売


 パナソニック電工株式会社の100%出資連結会社であるパナソニック電工ネットワークス株式会社(本社:東京都港区 社長:村瀬耕太郎)は、PoE給電容量(※1)を向上させたPoE給電スイッチングハブ「Switch-S12PWR」を2011年9月1日に、全ポートギガ対応でループ障害防止機能も充実させたファンレススイッチングハブ「Switch-M24sG」を2011年10月17日に発売します。
両製品とも、省エネ法のトップランナー基準をクリアする低消費電力化を実現しています。

 2009年7月1日に施行された「エネルギーの使用に関する法律施行令の一部を改正する政令」(省エネ法)では、特にエネルギーを大量に消費する機器(特定機器(※2))として、スイッチング機器(スイッチングハブ)が新たに指定されました。
 Switch-M24sGは、全ポートギガビット(1000Mbps)に対応するとともに、省エネ法のトップランナー基準をクリアする低消費電力化とファンレスによる静音化を実現しオフィスでの高速ネットワーク構築に適しています。Switch-S12PWRは給電容量が向上したことで、近年、多機能化するIP電話とも接続が可能になり、デスクサイドなど事務所内の設置に適しています。


※1 PoE : Power over Ethernetの略。データ通信用のLANケーブルを使ってネットワーク機器などが動作するために必要な電力を供給する技術。
※2 特定機器 : 省エネ法で規定されている機器


■製品名(品番)

【Switch-S12PWR (PN22129K)】

・ポート        10/100BASE-TX×12ポート(PoE給電は1-11ポート)
・消費電力・電源・定格 定常時 : 最大98W  AC 100V 50/60Hz 自動切替
・サイズ(mm)     幅220×高50×奥行150
・発売日        2011年9月1日
・希望小売価格(税込) 100,800円
・販売目標       800台/2011年度

【Switch-M24sG (PN26240N)】

・ポート        10/100/1000BASE-T×24ポートSFPスロット×4(排他利用)
・消費電力・電源・定格 定常時 : 最大24.4W AC 100V 50/60Hz 自動切替
・サイズ(mm)     幅440×高44×奥行256
・発売日        2011年10月17日
・希望小売価格(税込) 176,400円
・販売目標       800台/2011年度


■主な特長
(1)省エネ法のトップランナー基準をクリアする低消費電力化を実現
(2)給電容量の増加と「静音ファンコントロール機能」による静音効果の向上を両立(Switch-S12PWR)
(3)全ポートギガ対応でファンレスによる静音化と動作環境温度50℃対応を実現(Switch-M24sG)


【一般からのお問い合わせ先】
パナソニック電工ネットワークス株式会社 マーケティングセンター 
TEL:03-6402-5301 受付(平日のみ) 8:30~16:55
関連サイト:リンク








本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。