logo

位置情報解析とプライバシー

位置情報サービス、位置情報解析、広告へのプライバシーの影響

位置情報のプライバシーの大量公開で、米国議会の公聴会は、現在の位置情報のプライバシーに関する習慣の見直しを行った。より良いシステムや管理がなされなければ、この問題は位置情報サービスや広告市場が成長を限定的にしてしまうだろう。この問題は、特に、位置情報ベースの広告において、差別化をもたらし、収益を生む主流となるであろう位置情報の解析市場において顕著である。この調査レポートは、現在と将来の、プライバシー問題のソリューションの可能性と、位置情報解析市場が巨大市場になる道筋を示している。

【調査レポート】
位置情報解析とプライバシー:位置情報サービス、位置情報解析、広告へのプライバシーの影響
Location Analytics and Privacy
The Impact of Privacy on LBS, Location Analytics, and Advertising
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。