logo

支払用カード

スマートカード、EMV、磁気テープによる非接触/両面の普及

世界の銀行利用者数は、年々増加している。今後6年間、ABIリサーチは、決済カードの導入率が約43%増加すると予測している。銀行の利用者数の増加によって、EMV(Europay、マスターカード、Visa)規格による、スマート決済カードとセキュリティ機能の向上への需要が高まっている。採用した国の事例を見て他の国々も追随していくために、EMVへの移行は年々進むだろう。採用の主要な目的は詐欺の抑制で、ある時点からこの規格は、世界の最初の「透明性の高い」支払方法になった。この調査レポートは、支払カード市場に影響を及ぼすすべての市場的・技術的促進要因と阻害要因を調査している。スマートカードと、EMVへの移行と従来の磁気テープ方式の技術を分析し、今後の市場の変化と発展を予測している。市場が活発な、世界の国々と地域の、製品毎とICインターフェース毎の導入数と出荷データも記載している。

【調査レポート】
支払用カード:スマートカード、EMV、磁気テープによる非接触/両面の普及
Payment Cards:Smart Cards, EMV, and Contactless/Dual-interface Penetration into Mag-stripe
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。