logo

OKI、非常時用の為替OCR予備システムをクラウドサービスで提供開始

Tokyo, July 26, 2011 - ( JCN Newswire ) - OKIは、クラウドサービス「EXaaS(TM)(エクサース)」の金融機関向け新サービスとして、「為替OCR予備システムサービス」を2011年8月より提供開始します。為替OCR(注1)の予備システムをクラウドサービスで提供するのは業界初となります。金融機関では為替OCRシステムが災害などで停止した場合、クラウド上の予備システムに切り替えることにより、速やかに為替業務の再開が可能となります。クラウドサービスであるため、予備の為替OCRシステムを導入した場合と比較して費用を約7割抑制することができます。

金融機関では、事業継続対策(BCP対策)として、基幹系システムについては、遠隔地へバックアップシステムを保有する体制の整備が進んでいます。最近ではさらに、ミッションクリティカルなシステムとして高い可用性が求められる為替OCRシステムについても、緊急事対応用として予備システムを準備するニーズが高まっています。

OKIは、為替OCRシステムの約4割のシェアを持つトップベンダーです。これまで金融機関のお客様に提供してきた実績をもとに、豊富に蓄積している為替に関する業務知識や為替OCRシステムのノウハウ・技術スキルを生かし、非常時でも為替業務の継続を可能とするサービスとして、このたび「為替OCR予備システムサービス」をクラウドサービス「EXaaS」のメニューとして用意しました。

本サービスは、金融機関で稼働している為替OCRシステムのバックアップをOKIのクラウドサービス「EXaaS」のデータセンター上に置くことにより、非常時に稼働させるものです。為替OCRシステムが停止すると、銀行内に設置しているエントリ用PCやイメージ読取用PCの接続先を予備システムに切り替えることにより、業務の継続を実現します。

なお、「EXaaS」では、為替OCRシステム未導入の金融機関に対しては、SaaS(注2)型の為替OCRサービスも用意しています。

OKIは、今後もさらにクラウドサービスでの対象業務の拡大を図り、金融機関における事業継続対策への貢献を目指していきます。

【「為替OCR予備システムサービス」販売計画】

価格(税別):初期費610万円~、月額20万円~
提供開始時期:2011年8月予定
販売目標:4年間で40金融機関に提供
(OKIの為替OCRシステム導入が前提)
                                        
【「為替OCR予備システムサービス」の主な特長】

1. 二重発信や未送信の防止

為替OCRシステムの処理状況をリアルタイムにPC内に保有することで、業務中に本番システムが停止した場合であっても振込の発信状態の把握が可能となり、速やかな業務再開を実現し、かつ二重送信や未送信を防止します。

2. 簡単な切り替え操作

本サービスを使用可能状態とするためには、新たに開発したツールにより、煩雑な手順を必要とせずワンオペレーションで利用要請が完了します。これにより、本サービスの利用要請を受けてから1時間以内でサービス提供を実現します。

さらに、お客さまサイトに設置しているPCの接続先は、切り替え専用画面を準備していますので、簡単に切り替えを行うことができます。

3. OKIの為替OCRシステムの経験と実績による裏付け

為替OCRシステムの全国シェアの約4割をもつ実績にともない、OKIは豊富に保有する為替に関する業務知識や為替OCRシステムに関するノウハウと技術スキルを生かして、非常時の切り替えなど、安心・確実・迅速なサービスを提供します。

【関連サイト】 リンク

【用語解説】

注1:為替OCR
為替とは、金融機関が、遠隔地との債権・債務の決済を、現金の移送を行わずに決済する方法のことで、為替手形、小切手、郵便為替、銀行振り込みなどを総称したもの。OCR(Optical Character Reader)は、光学式文字読み取り装置のこと。為替OCRは、金融機関での為替の処理に当たり、振込帳票のエントリ作業をイメージ処理技術であるOCR認識処理を活用して、効率的にエントリを行うシステムです。

注2:SaaS (Software as a Service)
ユーザーが必要なソフトウェア機能を必要な期間、必要な分だけサービスとして利用できるソフトウェアの提供形態。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 村川
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 金融営業本部
電話:03-3454-2111(代表)
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。