logo

モバイルアドネットワーク「アドスタ for smartphone」、リマーケティング配信メニュー開始

ngi group株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「ngi group」)のスマートフォン向けアドネットワークサービス「AD-STA(アドスタ) for smartphone(リンク)」(以下「AD-STA for smartphone」)は、2011年7月、リマーケティング配信メニューを開始いたしました。

リマーケティング配信メニューを利用することにより、広告主はAD-STAの膨大なネットワークトラフィックを利用してAD-STA提携メディアの広告枠に、ユーザー単位での興味や関心がある広告を配信することが可能となります。
その為、広告主の広告に興味や関心が高いユーザーへ効果的に広告アプローチができ、コンバージョン率を上げる事ができる為、費用対効果の向上に役立ちます。

■リマーケティング機能とは
特定のページにリマーケティングタグを設置することで、そのページにアクセスしたユーザーを把握し、特定のページを見たユーザーをターゲットとして興味や関心にあわせた広告をコンテンツネットワーク上にて配信することができる機能です。
広告主はユーザーがLP(ランディングページ)のどこまで遷移をし、どこで離脱をしたかを把握する事ができる為、商品に興味がないと思われるユーザーに対しては別の商品を、検討段階にあるユーザーには同商品の別パターンの広告を配信するなど、ユーザーに最適かつ効果的な配信が可能となります。

■「AD-STA for smartphone」とは
「AD-STA for smartphone」とは、従来フィーチャーフォン向けに提供していたアドネットワークサービス「AD-STA」(※1)の配信最適化技術をスマートフォン向けに応用し、かつ、スマートフォン独自の技術に対応させた新しいアドネットワークです。広告主の効果を最大化させつつ、メディアにとっては収益が最大となるよう、以下の3つの最適化機能を備えています。

1. 配信メディア・アプリ(広告枠)に最適
クリック率やコンバージョン率をサイト・アプリ(広告枠)毎に測定し、費用対効果の高い案件が優先的に配信されるよう自動で調整されています。相対的に費用対効果の悪いサイト・アプリ、広告枠への露出が減ることで効率の良い最適な配信運用が可能です。

2.大量のバナー入稿により、クリエイティブな効果測定が可能に
アドネットワークでは通常、入稿制限が数本までというところが多いですが、「AD-STA」ではバナーを数十本単位でまとめて入稿を行うことができ、大量のバナーの中からクリック率、コンバージョン率を測定しながらクリエイティブの精査を行うことが可能です。
また、大規模媒体への純広告出稿の前にクリエイティブ効果測定の為のスプリットラン(※2)を多くのクライアントに利用頂いております。

3. LPの効果測定・最適化
同一バナーに対する複数の飛び先ページとなるLPを設定することで、非常に簡単にスプリットランが可能です。それによりLPの効果測定及び最適化を図ることができます。上記バナー最適と同様、テストケースとしても利用いただけます。

※1「AD-STA」
クリック率やコンバージョン率、費用対効果などの広告実績に基づき、モバイルメディアとモバイル広告の組み合わせを最適化する機能を持つアドネットワークサービス。本サービスでは広告主、メディアの双方にとって最適な広告の配信が可能であるため、広告主は広告効果の向上が期待できる一方、メディアは広告主からの継続的な広告出稿により安定した収益を見込むことができる。フィーチャーフォンにおいては、3月をもって広告表示回数が50億回/月を突破。

※2 スプリットラン(Split Run)
調査手法の一種で、効果を測定する為に同一の媒体に対し、2種類以上の広告素材を用い、どの広告素材の効果が良かったか、ユーザーの反応を調査すること。


■ngi group株式会社 会社概要
・商号:ngi group株式会社(リンク
・上場市場:東京証券取引所マザーズ市場(証券コー:2497)
・代表者:代表執行役社長 金子 陽三
・事業所:東京都港区南青山1-26-1 寿光ビル3F
・設立年月日:1998年2月20日
・資本金:18億4,051万 ※2011年3月末現在
・主な事業の内容:インターネット関連事業、インベストメント&インキュベーション事業、 その他事業(3Dインターネット)
・サービスサイト:
リンク (学習するアドネットワーク AD-STAサイト)
リンク (モバイルSEO RISEOサイト)
リンク (iPhone・mixiアプリレビューサイト‘Applie’)
リンク (ソーシャルグラフマーケティング)
リンク (Chromeユーザーのささやき)
リンク (11page)

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。