logo

高速道の渋滞情報を1分間で更新するアプリ『渋滞ロードMap』登場



~高速道の渋滞情報を1分間で更新する渋滞情報アプリ~
インターチェンジ間の所要時間も分かる『渋滞ロードMap』登場

(株)エムティーアイは、Android 搭載のスマートフォン向け高速道渋滞情報アプリ『渋滞ロードMap-道路交通情報-』を、7月21日(木)より配信します。
高速道の渋滞情報を、スマートフォンアプリでは最速の最短1分で更新でき、インターチェンジ(以下IC)間の詳細な所要時間を把握できるのが特色です。
また、今までの渋滞検索は、高速道路名や地域名などを入力することで渋滞地図が表示されましたが、当アプリは、8月下旬より「ベクター形式の渋滞地図」を導入することで、全国地図上で目的の地域を選択・拡大するだけで簡単に渋滞情報が表示されるようになります。
当アプリを利用することで、これまで以上に高速道路状況のタイムリーな把握が可能となり、混雑が予想される行楽時期など、時間の読めない長距離移動を、より効率的で快適に過ごせるようになります。

■スマートフォンユーザーの声に応えた『渋滞ロードMap』
当社が運営している交通情報サイトのユーザーは、「渋滞情報の閲覧」を主な目的に利用していますが、ユーザーが徐々にスマートフォンに移行するに伴い、渋滞情報をメイン機能に、「渋滞の更新頻度が高い」「操作が分かりやすい」「地図が見やすい」という特性がプラスされたアプリがほしい・・・という声が多く寄せられるようになりました。
『渋滞ロードMap』は、そんなユーザーの声に応えるために開発されたスマートフォン向けアプリです。

■日本最速!渋滞情報を1分毎に更新
当アプリは、特にユーザーからの要望が多く寄せられた「更新頻度の高さ」というリアルタイム性を追求し、“スマートフォンアプリで最も早い1分毎の更新”を実現しました。
また“出発するICから目的のICまでの所要時間”、“サービスエリア(以下SA)やパーキングエリア(以下PA)の施設情報”など、今までの渋滞情報アプリにはなかった機能も魅力の1つです。
さらに、素早く目的の渋滞地図へアクセスできることを目的に、8月下旬から地図の操作性や見やすさを重視した“ベクター形式の渋滞地図”を導入、より簡単に渋滞状況の把握ができるようになります。

<主な機能>
●最短1分の情報更新
首都高速道と、NEXCO(*)東日本・中日本・西日本の主要な都市間高速道の渋滞情報を、スマートフォンアプリで最速の最短1分毎に更新、その他の高速道は最短5分毎に更新

●詳細な所要時間表示
SA・PA/ジャンクション/IC区間の所要時間をお知らせ、渋滞状況を程度により色別で表示

●操作しやすいベクター地図
全国地図を拡大するだけで、簡単に目的地域の渋滞情報を確認できる地図(8月追加予定)

*NEXCO : 日本道路公団(JH)の民営化により発足した高速道路会社3社の愛称。NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本に分かれる。

<その他の機能>
●マイハイウェイ登録 : よく利用する高速道路を登録できる機能
●周辺の渋滞状況検索 : 現在地から最も近い高速道路の渋滞状況を検索(9月追加予定)

◆課金額 : 月額367円(税込)
◆アクセス : リンク にアクセス


※渋滞情報提供元:JARTIC/VICSセンター

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。