logo

レディ・ガガによるTwitterフォローが特典の「SMSクイズ」を悪用した新手のネット商法~G Data

ショートメッセージサービスによるクイズ悪徳商法が横行しています。特に「レディ・ガガにフォローワーになってもらえる」という内容については、ご注意ください。

G Data Software株式会社(本社:東京都千代田区、日本支社長:Jag 山本)は、「レディ・ガガによるTwitterフォロー」を謳い文句にした、EUで発生した新手のSMS(ショートメッセージサービス)のクイズ商法について報告します。


ネット犯罪者たちは、近年、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)ユーザーを、自分たちにとって非常に価値の高いターゲットとみなしています。そのため、SNS関連の悪徳商法もしくは詐欺手法が次々と編み出されており、その勢いは当面衰えることはないと思われます。今回G Dataが発見した新たなアプローチは、SMS(ショートメッセージサービス)によるお金のかかるクイズで釣ってアフィリエイトを稼ぎ、個人情報を奪うだけではなく、内容的にも、レディ・ガガがあなたのTwitterアカウントをフォローするという特典をつけている、という意味で興味深いものです。

入口と仕組み
インターネットのユーザーを誘い込む仕組みとして、最初の入口に、彼らはフェイスブックを用いています。謳い文句は、ポップスターのレディ・ガガからのTwitterにおけるフォロー、です。

このフェイスブックのウォールにリンクが貼られており、クリックすると、レディ・ガガからフォローされるための「秘密情報」を教えるページに導かれます。

そのページには一部「ぼかし」がかかっており、どうやらパスワードを入れると、その秘密情報が読めるようになります。パスワードは、クイズを解くことが、必須です。

クイズを解くには、ページのなかにある「IQチャレンジクイズ」のリンクをたどります。そして、クイズに答え、さらには自分の電話番号を入し、元のページに戻り、得点を入力します。得点は、85点以上なければ、再度チャレンジすることになるようです。


クイズの実態
レディ・ガガにTwitterでフォローしてもらうためには、クイズに参加し、85問以上正解し、電話番号を提示したうえで、獲得した得点を入力しなければなりません。たとえば、適当に「86点」と入力しても、単に、エラーメッセージが出るばかりなのです。

それでは、きちんとクイズに参加するために、リンク先をクリックしてみます。しかし、このクイズサイトからつながるサイトは、少なくとも四種類あります。このうちの三種類はまったくクイズとは無関係のサイト(Babylon 9、ADULT XXX Movies、epic direct)であり、どうやら、そのサイトに訪問者があるだけで、これを仕掛けた人間にアフィリエイト報酬が入ることになります。

では、残りの最後の一つのサイトはどうでしょうか。確かにここでは、クイズが提供されています。

しかしこれは、トルンガルー(tringaloo)のクイズサイトであり、内容も、iPhone5に関するものでした。

日本ではまだ、ほとんど知られていませんが、トリンガルー(tringaloo.com)はSMSクイズの大手で、EU諸国では大変人気があります。スポンサーは「UnaValley B.V.」で、いずれもオランダ企業です。

たとえば、ドイツからこのクイズに参加しようとすると、数々の注意事項が小さな字で書かかれています。SMSクイズを送るために携帯電話の番号を提供すること、18歳以上であること、さらに1回のクイズをSMSメールで送るごとに1.99ユーロを支払うこと、等です。

クイズが20問あれば、単純に1.99×20=39.8ユーロ(日本円で4,000円以上相当)かかります(ちなみに設問数や単価は、各国によって若干異なります)。これではたとえクイズがおもしろいとしても割高です。しかも、ここでクイズに全問正解したとしても、レディ・ガガがあなたのTwitterをフォローすることはないのです。

実際に、米国のウェブトラフィックの調査会社である「alexa.com」によってなされた統計データが示すのは、トリンガルーのウェブサイトへの訪問者数が2011年7月に入って急激に上昇しているという事実です。できることなら、このクイズに参加しないこと、そして、このサイトに近寄らないことが、望ましいでしょう。

また、実はこのクイズは、有料のものだけではなく、無料のものもあります。しかし届いたメールを見ると、設問自体はそれほど難しくはないのですが、どうやら、全問正解しなければ、「秘密情報」を読むためのパスワードがもらえません。


結論
本当にクイズが好きで、クイズのためなら多少の出費はかまわない、と宣言できる人以外は、このような手口には、かかわらない方が安全です。

実際に、たとえば、スイスの消費者フォーラム(kf)やスイスの消費者団体(FRC)など、いくつかの国際的な消費者保護団体は、すでにトリンガルー(Tringaloo)のクイズのやり方に抗議を行っています。

また、日本国内の携帯各社によるショートメッセージサービス(SMS)の相互接続サービスが、2011年7月13日に開始されています。今後、SMSを悪用したネット悪徳商法は、国内でも多く発生する可能性がありますので、くれぐれもご注意いください。



ジーデータソフトウェアとは
G Data Softwareは、1985年に創業し、1987年に世界最初の個人向けウイルス対策ソフトを発売した、ドイツのセキュリティソフトウェア会社です。EUを中心に、個人向け・法人向け製品を展開しています。日本法人は2007年に設立しました。最大の特徴は、ダブルエンジンによる世界最高位のウイルス検出率です。また、新種や未知ウイルスへの防御、フィッシング対策、迷惑メールへの外国語フィルターなど、インターネットやメール環境を安全・快適にする機能を豊富に搭載しています。
*本リリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

【本リリースに関する問合せ先】 
G Data Software株式会社 
101-0042 東京都千代田区神田東松下町48 ヤマダビル6F
窓口: 瀧本往人 
E-mail: gdata_japan_info@gdatasoftware.com  
URL: リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。