logo

データの「値」を整備して、データの「資産価値」を向上し、業務を変革する「データ・バリュー・マネジメントセミナー」~あなたの会社のデータ整備、本当にできていますか?~開催決定

データの「値」を整備して、データの「資産価値」を向上し、業務を変革する

株式会社データ総研(本社:東京都中央区,代表取締役社長:黒澤基博,以下データ総研)は,データ整備の重要性とその事例を紹介する「データ・バリュー・マネジメント」セミナーの開催を決定しました。
http://www.drinet.co.jp/seminar/solution/so15.html

【開催するセミナー】
データの「値」を整備して、データの「資産価値」を向上し、業務を変革する
「データ・バリュー・マネジメントセミナー」
~あなたの会社のデータ整備、本当にできていますか?~

【主催】
株式会社データ総研

【開催日時・場所】
2011年8月3日(水) 15:00~17:30 データ総研セミナールーム

【参加費用】
無料

【セミナー概要】
M&Aや事業統合のタイミングでは、業務の統合そのものに多大な工数が必要となり、システム統合、なかでもデータ統合・データ整備は場当たり的に実施されている状況を耳にします。
しかし、統合データの品質が悪いために、請求書の内容が間違うなど、業務効率を落としている事例も散見されます。また、システム再開発、あるいは新規パッケージ導入時に、一旦データを統合・整理したものの、現状そのまま移行したため、後日きちんとしたデータの粒度合わせが必要になってしまったというケースもあります。
また、多くの企業で基幹システムのデータに不備・不整合があるために、ユーザーから不評を受けてしまっている、あるいは、運用におけるデータメンテナンス工数が馬鹿にならない状態にある、データの不整合から、DWHの活用が進んでいない、といった課題をお持ちではないでしょうか?
データ設計・標準化のプロ(データ総研)とデータコンテンツ整備のプロ(リアライズ)が共同で、データ整備の重要性と事例をご紹介いたします。

【プログラム】
1.15:00~17:30 講演
 (1)これまでのデータ整備の問題点
  ・「器」重視、「値」軽視による問題
  ・主管部門の不明確による問題
 (2)業務効果と一体化したデータ整備とは
  ・「価値」あるデータ整備対象の決定方法
 (3)データコンテンツ整備の真の効果とアプローチ
  ・あなどれない現状分析の効果
  ・成功するデータコンテンツ整備のアプローチ
 ※事例紹介を交えて解説いたします。
 (4)データ整備によるITサービスレベルの向上に向けて
2.17:30~19:00 全体質疑応答と全体意見交換(飲み物付き)
 ※プログラムは当日変更の可能性があります。

【お申込方法】
弊社ホームページよりお申し込みください。
セミナー名:データ・バリュー・マネジメントセミナー
リンク
※参加は一般ユーザー企業様に限らせて頂きます。
※SI業などのシステム関連企業様はお断りさせていただく場合があります。

このプレスリリースの付帯情報

ITコンサルティングのデータ総研

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。