logo

「iButterfly Plus」にNTTドコモの「ちょう」を配信 ~夏休みにあわせて世界各地の空港にご当地ちょうが出現~

モバイルを中心としたエンターテインメントコンテンツを手がける株式会社バタフライ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:北村勝利、以下Butterfly)は、世界86カ国・地域で配信中のスマートフォン向けソーシャルゲーム「iButterfly Plus」のコンテンツの一環として、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田隆持、以下ドコモ)の国際サービスに関する情報を運ぶ「ちょう」を2011年7月15日から2011年9月30日まで飛ばします。同時に夏休みの旅行先として人気が高い地域を中心に各地のご当地「ちょう」をそれぞれの空港に順次配信いたします。(※1)

 海外への旅行者が増加する夏休み時期にかけて、国内主要空港(※2)周辺にてドコモのスマートフォン向け「ドコモ海外利用」アプリをご紹介する「ちょう」が「iButterfly Plus」に登場します。「ドコモ海外利用」アプリは、AndroidTM OS搭載のドコモのスマートフォンに対応したアプリで、渡航先でパケット通信料を一定額を上限として利用可能な「海外パケ・ホーダイ」の設定を簡単に行え、また「海外パケ・ホーダイ」の適用状況を容易に確認できる機能を提供するものです。

 また、ドコモプレミアクラブ会員様を対象として韓国、ハワイ、グアムにて実施する国際サービスキャンペーン(※3)をご紹介する「ちょう」を、上記各国・地域の一部(※4)で飛ばします。

 「iButterfly Plus」でも、夏休みシーズンの海外旅行先として人気が高い渡航先を中心に合計24カ国・地域の空港に、国旗や国のシンボルをモチーフにしたご当地「ちょう」が順次飛び始めます。海外ご当地「ちょう」の飛ぶ国と地域は、第一弾として日本、韓国、ハワイ、グアムです。

 Butterflyは今後も各種メーカーやメディアなどと連携し、相互のブランド強化を通じた認知度の向上や満足度の向上につながる取り組みを行ってまいります。

※1 iButterfly Plusの海外ご当地「ちょう」は、9月30日以降も飛び続けます。
※2 対象は、成田国際空港、東京国際空港(羽田)、中部国際空港、関西国際空港です。
※3 詳細は、キャンペーンWEBサイトをご参照ください。
    リンク
※4 対象エリアは、ハワイ(オアフ島)、グアム(グアム島)、韓国(ソウル市内、プサン市内、済州島)です。ドコモ夏トクプレゼントは、ドコモプレミア会員の登録が必要です。

■「iButterfly Plus」とは
「iButterfly Plus」とは、「AR(拡張現実)」、「モーションセンサー」、「位置情報」、「ソーシャルゲーム」といった4つの要素を組み合わせて企画したスマートフォン向けソーシャルゲームです。AR(拡張現実)機能を活かし、位置情報をベースとしてカメラ越しにエアタグとして現れる「ちょう」を、スマートフォンのセンサー機能を利用して、スマートフォンをかざすことで捕まえてコレクションするゲームです。また、ゲーム上で知り合ったユーザーを友達登録したり、「Facebook」や「Twitter」に捕まえた「ちょう」の情報を配信したりする機能も搭載しています。

■概要
・正式名称: iButterfly Plus
・利用料: 基本プレイ無料
(アイテム課金制:レアな「ちょう」を呼ぶための「花」の「タネ」を課金販売。
料金は115円。
・対応機種:
<iPhone版>iPhone3GSまたはiPhone4/iOS4.2推奨
<Android版>Androidバージョン2.2以上対応端末
・入手方法:
<iPhone版>iPhone本体もしくはiTunesからApp Storeに
アクセスして「iButterfly Plus」と検索し、
インストールしてください
<Android版>Android Marketにアクセスして
「iButterfly Plus」と検索し、
インストールしてください
・著作権表記: (C)Dentsu (C)Butterfly
・Facebook: リンク
・Twitter: リンク
ハッシュタグ #iButterfly_Plus


<本件に関するお問い合わせ先>
■株式会社バタフライ
事業戦略グループ TEL: 03-5155-5106

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。